全国のドクター12,702人の想いを取材
クリニック・病院 158,425件の情報を掲載(2024年7月25日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 平塚市
  4. 平塚駅
  5. りきまるデンタルクリニック
  6. 自由診療と保険診療の違いを知り自分に合う治療を受ける事が大切

自由診療と保険診療の違いを知り
自分に合う治療を受ける事が大切

りきまるデンタルクリニック

(平塚市/平塚駅)

最終更新日:2023/06/16

りきまるデンタルクリニック 自由診療と保険診療の違いを知り 自分に合う治療を受ける事が大切 りきまるデンタルクリニック 自由診療と保険診療の違いを知り 自分に合う治療を受ける事が大切
  • 保険診療
  • 自由診療

日本人の歯の健康意識は高まってきたといわれるが、現実には、定期検診やメンテナンスを受ける習慣がある人は、まだそれほど多くないようだ。その結果、虫歯(う蝕)の再発を何度も繰り返す人や、歯を失って入れ歯となり「違和感がある」「よく噛めない」などの理由で何度も入れ歯を作り直す人も少なくない。そこで、患部だけでなく口腔全体の状態や噛み合わせにも配慮したトータルケアの提供をめざす「りきまるデンタルクリニック」増田力丸院長に、保険診療と自由診療の違いや、長く歯や口腔の健康を守るための治療について聞いた。新型コロナウイルス感染症が流行する中で歯科の定期検診の習慣が途切れている人や、気になることがあっても放置している人は、ぜひ参考にしてほしい。

(取材日2022年11月25日)

痛くなくても、チェックするために歯科を受診。理解し納得して、自分の口腔に合った治療やケアを受けよう

Q入れ歯治療のご相談が多いそうですね。
A
りきまるデンタルクリニック 丁寧でわかりやすい治療説明を心がける

▲丁寧でわかりやすい治療説明を心がける

入れ歯が合わない、うまく噛めないと相談に来られる方は多いですね。お口への健康意識は高まっているといわれますが、入れ歯が必要となる方は少なくありません。平塚市郊外であるこのエリアは、日本の平均的な地域だと思うのですが、歯を失って総義歯や部分入れ歯になった中高年の方がかなりいらっしゃいます。そして、入れ歯で悩まれている方は、歯を失った際の治療選択において、それぞれの治療法の検討や、歯科医師とのコミュニケーションが足りなかったのではないかなと感じます。単に保険診療の入れ歯より自由診療の入れ歯が良いということではなく、高価な入れ歯でも、お口に合わない患者さんはいらっしゃるので注意が必要ですね。

Q自由診療と保険診療の違いを教えてください。
A
りきまるデンタルクリニック 納得して治療に進んでほしいという

▲納得して治療に進んでほしいという

入れ歯やかぶせ物など、歯科での治療には、保険診療と自由診療があり、治療に使える材料や方法が異なり、その結果として、見た目の美しさや、口腔への適合性、再発の予防、治療が長持ちするかどうかなどが異なってきます。海外で有用とされている材料が使えないことも少なくありません。自由診療は治療費がかかるというイメージがありますが、保険診療の場合は、皆さまの健康保険料で補填しているわけですから、治療費全体を考えるとそれほど安くはありません。また、入れ歯の場合は、保険診療、自由診療に関わらず、まず入れ歯というものに慣れていただくことが必要なので、当院では当初は保険診療の入れ歯で慣れることをお勧めしています。

Q口腔全体を考えたトータルケアを行っているそうですね。
A
りきまるデンタルクリニック 総合的な歯科診療で根本的原因の解消をめざす同院

▲総合的な歯科診療で根本的原因の解消をめざす同院

虫歯や歯周病、歯の欠損、噛み合わせの不具合など、歯や口腔のトラブルには必ず原因があります。そこで、当院では悪くなった部分だけでなく、口腔全体や全身状態、姿勢や生活習慣までを含めて総合的な検査・診断を行い、根本的な原因の解決をめざしています。その上で、考えられる治療の選択肢をすべてご説明し、その方のお口にとって適したものを選んでいただけるようにしたいと考えています。例えば、歯を失った場合ならば、保険診療の入れ歯、自由診療の入れ歯、ブリッジ、インプラントなど、それぞれの特徴やメリット、デメリットを説明して、患者さんに納得して選んでいただいてから、治療を始めることを心がけています。

Q患者さんの意識を高めるために、どのような工夫をしていますか。
A
りきまるデンタルクリニック 治療前と治療後の口内の様子を可視化している

▲治療前と治療後の口内の様子を可視化している

口腔内撮影用の一眼レフカメラで、初診時、治療後、3ヵ月後、半年後に撮影を行い、お口の中の状況や治療経過を患者さんにも見ていただいています。アプリも活用して、院外でもご都合の良い時にいつでも確認していただける仕組みも導入しています。私や歯科衛生士とお口の中の情報を共有できますし、患者さん自身が現状や治療による変化を見て実感されることで、意識の向上につながり、予防にもつながると思います。また「歯のメンテナンスは、美容院で髪を整えるようなものなんですよ」とか、「車にも車検があるのだから、毎日使う歯や口にも定期検診が必要なんです」というように、例え話でわかりやすく説明することを心がけています。

Q先生の歯科治療に対するお考えを教えてください。
A
りきまるデンタルクリニック 治療後も定期的な受診を勧める院長

▲治療後も定期的な受診を勧める院長

お口は全身への入口ですから、歯や口腔の状態を良くしておくことは、全身の健康にも関わります。痛いから歯科に行く、何か起きてから受診するというのでは、手遅れになりがちです。痛くならないために、悪くならないために歯科を利用していただきたいですね。また、人には相性というものがありますから、どんなに評判の良い歯科医師や歯科クリニックでも、すべての患者さんに合うとは限りません。合う、合わないはあると思います。大切なことは、合わないからと治療を中断せずに、最後まで治療を続けること。治療の途中でどうしても合わないと思ったら、他の歯科でセカンオピニオンを受けてもよいので、治療は続けていただきたいですね。

ドクターからのメッセージ

増田 力丸院長

当院では、どんな治療の際も患者さんとよく話し、必ず理解し納得してから治療を選択していただいています。ご家族に相談してから決めていただくこともあります。そして治療後は定期的な受診をお勧めしています。そうすれば虫歯や歯周病の予防につながり、悪くなっても簡単な治療で済みやすいため、長期的に考えれば治療費や時間の節約が期待でき、健康に安心して毎日を過ごすことにもつながるでしょう。歯科が苦手な方や、コロナ禍で受診を控えている方も多いと思いますが、お口の健康は全身の健康にも影響します。特に長年受診されていない方は、痛みがなくても現状をチェックするために、ぜひお近くの歯科クリニックを受診してください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

部分入れ歯/8万8000円~、インプラント治療/27万5000円~ ※本数や設計により費用が異なります。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

Access