全国のドクター9,619人の想いを取材
クリニック・病院 160,681件の情報を掲載(2022年12月06日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 大森駅
  5. きらり大森歯科
  6. 佐々木 真保 院長

佐々木 真保 院長の独自取材記事

きらり大森歯科

(大田区/大森駅)

最終更新日:2022/02/08

201101 top

2022年1月に開院した「きらり大森歯科」の佐々木真保院長。岩手県出身で、子どもの頃の経験から歯に興味を持ち、歯科医師の道へ進んだという。新しい歯科クリニックの院長として、地域に寄り添った歯科診療を行いたいと目を輝かせる。診療面では、一般歯科からインプラント治療や矯正まで幅広く対応する。「意外と外科治療が好きで、親知らずの抜歯なども積極的に手がけたいと思っています」という。また、小児歯科にも力を入れており、予防や虫歯治療だけでなく、歯並びや噛み合わせ、口腔機能が健やかに発育するように、子どもと保護者に働きかけたいと意欲的だ。そんな佐々木院長にクリニックの特徴やめざすところを聞いた。

(取材日2022年1月27日)

大森駅近くに誕生。家族で通いやすい歯科クリニック

とても明るくリラックスできる雰囲気のクリニックですね。

1

ありがとうございます。この近辺にお住まいの方やお勤めの方、小さいお子さん連れから高齢の方まで、どなたにも気軽に安心していただけるようなクリニックをめざしています。院内はバリアフリーで、ベビーカーや車いすのままで楽に移動していただけますし、2階にもエレベーターで移動できます。診療室は個室で感染やプライバシーにも配慮しています。ご家族で入っていただける個室もあり、動物園をイメージしたキッズスペースもありますので、お子さんにも楽しく通っていただけると思います。

診療面や医療設備には、どのような特徴がありますか。

診療面では、一般歯科から小児歯科、矯正歯科、親知らず治療など口腔外科まで幅広く診療します。設備としては、精度や安全性にこだわった治療ができるように、マイクロスコープや歯科用CT、お口の中の汚れや細菌を検査するための位相差顕微鏡を備えています。また、各診療ユニットには口腔内カメラが備えてあり、治療の前後や途中など、さまざまな場面でお口の中の状態を確認していただきながら、治療を進めています。また、治療器具の滅菌や使い捨ての歯科用品を使うことなど感染対策も徹底していますので、安心して治療を受けていただけると思います。

では、先生のプロフィールについて教えてください。

2

私は、岩手県盛岡市出身です。歯科医師を志したのは、小さい頃から細かいものを作るのが好きだったことと、祖父母との暮らしの中で歯に興味を持つようになったからです。というのも、祖母は歯が丈夫でなんでも食べられたのですが、入れ歯の祖父は食事がしにくそうで、歯は大切だなあと思ったのですね。地元の岩手医科大学卒業後、附属病院での経験を経て、さらに研鑽を積むために上京しました。そして、別の歯科医院での勤務を経て、こちらの院長に就任しました。

先生の診療方針や、得意な分野について聞かせてください。

診療方針としては、個々の患者さんの悩みやご希望をしっかりキャッチして、それに適した提案をしたいと思っています。また特に痛みに配慮した治療を心がけており、よくご説明して患者さんの不安を解消できるよう努めています。診療分野については、一通り、どの分野も経験してきたのですが、一般歯科と、親知らずの抜歯やインプラント治療などの口腔外科分野が好きです。患者さんが、親知らずの抜歯やインプラント治療で、わざわざ大学病院などに行かなくても済むように、当院でできるだけ完結するように幅広い診療に対応していきたいと考えています。

小児歯科や小児矯正、親知らずの抜歯など幅広く対応

実際に開院して、いかがですか。

3

まだ開院から日が浅いのですが、大森という土地柄もあるのでしょうか、若い方から高齢の方まで幅広い年代の方が来てくださって、予想以上にお子さんにも来ていただいてうれしく思っています。改めて、多くの方が「通い続けたい」と思ってくださるようなクリニックをめざしたいという想いを強くしました。院長としては、スタッフが気持ち良く働ける環境をつくることにも力を入れていかなければと考えています。診療面では、位相差顕微鏡を使った唾液検査で、実際に細菌が動いているところを患者さんにも見ていただくと、汚れを実感されて、ご自分やお子さんの予防にきちんと取り組もうと思っていただきやすいと感じています。こうした検査も生かして、患者さんにお口の中の状態や将来的なリスクを理解していただいて、歯の大切さや、治療の大切さをもっと実感していただけるようにしていきたいですね。

こちらは、小児歯科に力を入れているとのことですね。

そうです。小さいお子さん連れのご家族にも、通いやすいクリニックでありたいと思っています。実は、子どもに歯が生えてきた場合、いつ頃から歯科クリニックに行けばいいのかを知らない親御さんも意外と多いのです。6歳ぐらいまで一度も歯科を受診してないケースもあります。ですから、できれば妊娠中から、歯科予防について正しい知識をお伝えしていきたいと思っています。また、お子さん方には、嫌な印象や怖い印象をできるだけ与えないように配慮して、よくおしゃべりして、歯科クリニックを身近なところに感じてもらえるように心がけています。お子さんにも「楽しいからまた行きたい」と思ってもらえるクリニックにしたいですね。

子どもの歯を守るために、大切なのはどのようなことでしょうか。

4

やはり歯が生えてきたら、定期的にフッ素を塗布するなど歯科クリニックで予防を受けることが大切です。また、小さいうちの舌の癖や口呼吸、唇の周りの筋肉の機能の発達などが、噛み合わせや歯並びにも影響しやすいです。一般の親御さんでは気づけないこともあるので、歯が生えそろってからではなく、小さいうちから歯科を受診して、問題がある場合には、早くから対応していくことが大切ですね。最近は、虫歯は少ないですが、歯並びや噛み合わせにトラブルのある子どもが増えています。舌の癖や口呼吸、食生活を改善することで、顎や口腔機能の正しい成長を促すことにもつながりますから、意外と知られていない生活習慣や食生活のアドバイスなど、歯科衛生士とも連携してお伝えできたらと思います。

歯科へのマイナスイメージを変えるきっかけとなりたい

専門の立場から気になることがありますか。

5

感染症の流行で、今まで定期的に検査やメンテナンスに来られていた方が受診を控えていることもあるようです。ご不安な気持ちもわかるのですが、お口は、実は一番の感染源ですから、清潔にしておくことが大切です。そんなお話もお伝えして、こういう状況でも通院していただけるように働きかけていきたいですね。また最近、親知らずが骨に埋まっていたり、横向きに生えたりしている方が増えていますので、問題がある場合はできるだけ早く抜歯することが勧められます。高校生や大学生ぐらいの若いうちのほうが、まだ根っこもできあがっておらず、顎の骨も柔軟ですので、抜歯も比較的容易です。放置すると歯並びに影響することもあり、また40代、50代になると骨も固くなり、抜歯後の腫れや痛みもひどくなりますので、早めにご相談いただきたいですね。

今後の展望について聞かせてください。

クリニックとしては、小さいお子さんから高齢の方まで、近隣の皆さんの健康にお役に立てるようになっていきたいと思っています。当院で治療をできるだけ完結できるようにしていきたいですね。私自身としては、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるのですが、特にインプラント治療と矯正治療、小児歯科については積極的に勉強を続けたいと思っています。当院でも、小児からの矯正治療、歯並びだけでなく、健やかな顎の成長をサポートする治療に取り組みたいと考えています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

大人の方も、子どもの頃のトラウマや固定概念で、「歯科治療は痛い、怖い」と思い込んでいる方は意外と多いようです。しかし今は、麻酔の針もごく細くなり、痛みに配慮した治療方法や器具もそろっています。当院で治療を受けたことをきっかけに、歯科への嫌なイメージ、マイナスのイメージを取り払うことができるような、そんな歯科クリニックになりたいと考えています。また、お子さんの場合、生後6ヵ月ぐらいで歯が生えてきたら、お母さんの歯科検診やメンテナンスを兼ねて、一度受診していただけたらと思います。虫歯の予防はもちろん、歯並びや噛み合わせ、あるいはお口の健康に関わる食生活などのお話もできると思いますので、気軽に受診してください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント1本あたり/44万円程度、矯正(大人)/55万円〜、矯正(小児)/45万円~、セラミック/4万4000円〜 

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access