全国のドクター9,287人の想いを取材
クリニック・病院 158,646件の情報を掲載(2024年4月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 久我山駅
  5. ファインクリニック西荻南
  6. 内科全般から検査、検診まで幅広く診てもらえるかかりつけ医

内科全般から検査、検診まで
幅広く診てもらえるかかりつけ医

ファインクリニック西荻南

(杉並区/久我山駅)

最終更新日:2021/11/05

ファインクリニック西荻南 内科全般から検査、検診まで 幅広く診てもらえるかかりつけ医 ファインクリニック西荻南 内科全般から検査、検診まで 幅広く診てもらえるかかりつけ医
  • 保険診療

西荻南にある「ファインクリニック西荻南」では、日本内科学会総合内科専門医と日本呼吸器学会呼吸器専門医の資格を有する園田唯院長が、幅広い疾患に対して専門的な診療を行っている。かかりつけ医としてどんな悩みでも相談できる上、専門的な診療を受けられるのは、地域住民にとってとても力強い存在だ。園田院長は「まずはどんな症状でも初診で丁寧に診察、検査して適切な医療の提供をめざします」と話す。検査体制がかなり充実している点も同クリニックの特徴の一つだ。実際、具体的にどんな疾患を診てもらえるのか、診療の特徴について話を聞いた。

(取材日2021年10月13日)

総合内科や呼吸器内科のみならず、心臓・消化器・泌尿器でも専門的な医療を提供

Qこちらではどのような疾患を診てもらえるのでしょうか。
A
ファインクリニック西荻南 一般的な内科疾患から幅広い疾患や症状に対応している

▲一般的な内科疾患から幅広い疾患や症状に対応している

風邪や腹痛などの一般的な内科疾患から高血圧症、糖尿病、脂質異常症、痛風などの生活習慣病、花粉症、脂肪肝、頭痛、慢性疲労といった症状や、咳、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、喘息、肺炎、睡眠時無呼吸症候群、咽喉頭異常感症などの呼吸器疾患、さらに、動悸や息切れ、狭心症、不整脈などの循環器疾患、胃炎、ピロリ菌感染、逆流性食道炎などの消化器疾患、前立腺肥大症、過活動膀胱、膀胱炎、腎臓病などの泌尿器疾患など幅広い疾患、症状を診察しています。当院では私のほかに、消化器内科、循環器内科、泌尿器科を専門とする医師が外来診療を行っていますので、症状によってはそれらの医師に振り分けてより専門的に対応しています。

Qご専門である呼吸器内科を受診するメリットはどんな点ですか。
A
ファインクリニック西荻南 患者の状況に合わせ、きめ細かく対応していく

▲患者の状況に合わせ、きめ細かく対応していく

呼吸器疾患の治療は多くが長期戦で、適切なコントロールが重要になります。例えば喘息発作では、治療の後しばらく落ち着いたとしても、ぶり返してしまうことも少なくありません。ですので、再発しないようその時の体の状態に即して適切なコントロールが必要になります。身体診察や検査によって、その時々の状態を評価して適切な投薬治療を行うためにはやはり専門性が求められます。当院では薬を減らせる状態であれば薬を減らしますし、減らしたほうが患者さんの治療へのモチベーションも上がると思っています。漫然と投薬しないようにガイドラインでも明記されています。専門知識があるからこそ状況に即してきめ細かく対応できるのだと思います。

Q検査体制について具体的に教えてください。
A
ファインクリニック西荻南 充実した検査体制が整っている

▲充実した検査体制が整っている

デジタルエックス線検査や、心臓エコー、頸動脈エコー、腹部エコー、膀胱エコーなどのエコー検査、心電図検査、24時間ホルター心電計検査、呼吸器機能を調べるスパイロメトリー、血圧検査、動脈硬化の進行度を調べる脈波測定検査、呼気一酸化炭素濃度検査などを行っています。またCTやMRI検査については、河北総合病院、メディカルスキャニング、武蔵野赤十字病院、国立国際医療研究センター病院、荻窪病院などと連携をとっていてすぐに検査撮影ができる体制を整えています。必要であればPET検査のご紹介も可能です。

Qこちらでは漢方薬の処方も行っていると伺いました。
A
ファインクリニック西荻南 患者の心身のバランスを診ながら適した検査と処方をしていく

▲患者の心身のバランスを診ながら適した検査と処方をしていく

当院では状況に応じて漢方治療も提案しています。これまでの経験から、患者さんの症状によって適宜、漢方薬も選択肢の一つにしたいと思っています。例えば更年期症状でイライラしている方には加味逍遥散を検討しようか、とか、生理で元気がなくなっている方には温経湯を検討しようかというように、心身のバランスを診ながら各症状に適した漢方を処方しています。漢方はいろいろな使い方がありますので、状況によってはとても有用だと思います。投薬全般に関しては、近隣の薬局と連携をとっていて、薬の組み合わせの禁忌がないかどうかダブルチェックしてもらっています。

Q総合内科もご専門ですが、そのメリットはどんなことですか。
A
ファインクリニック西荻南 いろいろな疾患を診られることが強みと話す園田院長

▲いろいろな疾患を診られることが強みと話す園田院長

どんな症状でも診られることが一番ですね。そしてさまざまな視点から症状の原因を究明していけることもです。例えばおなかが痛いと訴えている場合、まずおなかの疾患が考えられますが、背中も痛いなどほかの症状があれば別の病気かもしれない、直前に運動をしていたらさらに別の病気かもしれない、というように、診察によって全身的にみていくことで適切な診断につなげられるのが総合内科の利点であり特徴です。いろいろな疾患を診られるのが強みですが、中には進行性の神経疾患のように初期段階から専門的な医療機関で治療を受けたほうがいい場合もあります。その際は病気を疑ってからすぐに適切な医療機関に紹介しています。

ドクターからのメッセージ

園田 唯院長

症状が出た時や健康診断で指摘された時に、自分は大丈夫と楽観視しないでください。自覚症状がなくても、気づかずに進行していく病気があります。早めに手を打っておけば、それだけ利点が大きくなるのです。生活習慣病は、早期であればほとんどの場合で薬ではなく食事や運動などで対応することになります。ご自身のためにも早期発見をめざして健診を受けていただきたいですね。また、20年以上喫煙習慣のある人は、一度は肺機能検査を受けることをお勧めします。患者さんとクリニックスタッフが対等に話をして信頼し合える関係を築くことでより良い医療につながると考えていますので、みんなで同じ方向を向いていければと考えています。

Access