全国のドクター9,367人の想いを取材
クリニック・病院 160,592件の情報を掲載(2022年8月09日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市名東区
  4. 本郷駅
  5. みやちファミリー歯科
  6. 宮地 秀彰 院長

宮地 秀彰 院長の独自取材記事

みやちファミリー歯科

(名古屋市名東区/本郷駅)

最終更新日:2022/05/16

199456 top

本郷駅・藤が丘駅より車で約4分の場所にある「みやちファミリー歯科」は2021年に開院した新しい歯科医院。明るい笑顔が印象的な宮地秀彰院長は誠実な人柄で患者から厚い信頼を得ている。「治療する必要のない口腔環境をつくることが、歯科医師にとっても患者にとってもベスト」と語り、単に治療するだけでなく、患者の歯科知識を高めることでの本質的な地域貢献をめざしている。それには日常生活での口腔ケアがポイントとなるため、患者目線のわかりやすい歯科情報を提供。身近な歯磨き粉や歯ブラシの選び方をアドバイスするなど、こまやかな気配りに喜ぶ患者も多い。「治療が終わった後、メンテナンスで来てくれた時が一番うれしい」と語る宮地院長に、同院の特徴や今後の展望などについて聞いた。

(取材日2022年4月20日)

理想とするのは治療の必要がない口腔環境づくり

歯科医師をめざしたきっかけやご経歴をお聞かせいただけますか?

1

高校時代、「良いイメージのある職業は?」という進路指導の先生からの質問がきっかけです。私は子どもの頃から1人で歯科医院に通っていましたが、歯科医院に対してネガティブなイメージはなかったんです。歯科治療に興味を持ち、朝日大学歯学部へ進みました。卒業後も1年間大学で勉強をしながら、中津川市の歯科医院に在籍、そのまま勤務医となりました。勤務後は、四日市市から春日井市への移転や、引き続き中津川での勤務を経験させていただきました。春日井市の歯科医院はファミリー層が多く、小児歯科も学ばせていただきました。反対に中津川市はご高齢の方が多く、入れ歯などの治療も多かったですね。どちらも忙しい歯科医院でしたので、幅広くたくさんの治療を経験させていただいたことに感謝しています。

この地で開業した理由は何ですか?

開業への想いはずいぶん前から持っていました。勤務医の頃は慌ただしい日々でしたので、多くの経験をさせていただく一方で、「もっと時間をかけて治療をしたい」という気持ちが芽生えていったのです。単に虫歯を治すだけではなく、一人ひとりの患者さんに、じっくりと説明し、理解してもらってから治療を進めていきたいという想いが強くありました。私は子どもが好きなのでファミリー層も診たいし、さらに得意な補綴技術を生かせる高齢層も診たかったので、幅広い世代が住んでいる当地を選びました。すぐ近くに幼稚園があるのもポイントでしたね。私は守山区出身で両親が高齢ですので、実家からあまり遠くない場所であったことも当地で開院した理由の一つです。

こちらの歯科医院のコンセプトを教えてください。

2

「治療の必要のないお口をつくる」がコンセプトです。子どものように早期の段階に良好な口腔環境をつくっておけば、一生口腔のトラブルに悩まされない人が増えることにもなるでしょう。かかりつけ医として、単に痛くなってからの治療をするだけでなく、患者さんの歯科知識であるデンタルIQを高めていきたいと思っています。良好な口腔環境をつくるには、患者さんご自身の日常生活のケアが大切。デンタルIQを上げておかないと、治療をしても虫歯や歯周病などが再発したり、最適な治療が選択できなくなったりするなど、患者さんにとっても歯科医師にとってもデメリットが増えるのです。そのため当院では「見て」「わかる」診療を提供しています。患者さんにはご自身のお口の中が見えないので、先進的な機器によるアニメーションや画像で視覚化することで、まずはお口の中がどのような状況なのか理解してもらっています。

一人ひとりの患者に時間をかけた丁寧な診療

ファミリールームなど建物にもこだわっていますね。

3

幼少期に歯科医院でちょっとでも怖いことがあると、それがトラウマとなります。大人になっても「歯医者は怖い」というイメージを持ち続けてしまいますので、当院にはファミリールームやキッズスペースのほかに、子どもが歯科医院に慣れるためのステップアップルームも設置しました。「すぐに治療してほしい」という親御さんもいらっしゃいますが、長期的に見てお子さんのためになるように、慣れるまで親御さんには待ってもらっています。また、初診時は治療前にカウンセリング室でスタッフがお話しさせていただきます。「歯科医師」というだけで身構える方もいらっしゃいますので、私と会う前にワンクッションあったほうが患者さんもリラックスできるのではないかと。それから、世界的に厳しいとされるヨーロッパ基準をクリアした滅菌器や口腔外バキューム、医療用空気清浄機などを導入し、衛生管理ももちろん徹底しています。

診療時に心がけていることは?

治療について患者さんに理解してもらうことです。詳しく説明し、納得いただいた上で治療に入ります。中には、他院でセラミックを用いた治療など保険外の治療を勧められたと来院する方もおられます。歯科医師がセラミックを勧めるのには見た目がきれいなだけでなく「汚れがつきにくい」「食いしばる癖のある人も歯に負担がかかりにくい」などの理由がありますが、こうしたメリットを患者さん自身が理解していないと、適切な治療を選択できなくなってしまうこともあるのです。ですから当院では情報提供を大切にしています。一方で、治療に関しては体への負担を少なくするよう心がけています。例えばレーザー治療は、歯周病や口内炎の治療に使用できる、副作用もほとんどない体への負担が少ない治療です。またできるだけ薬に頼らない治療を心がけ、使う際も耐性菌の問題を考慮して薬剤を選びます。

小児歯科にも注力されていますね。

4

お子さんのお口の健康は日常生活でのケアがポイントになります。まずは保護者の方のデンタルIQを高めてもらえるように歯科知識の提供を心がけています。「寝る前のミルクは磨けないと虫歯になりやすくなる」「お口をポカンと開けたままだと、お口の中が乾燥するので、唾液の免疫力が低下して風邪を引きやすくなる」など、お口の健康は全身の健康にもつながっていることをご理解いただきたいですね。また、今後は矯正歯科にも力を入れていきたいです。歯並びは早期に治療すればするほど効果が見込めると考えています。しかしきちんと行わないとデメリットも少なくない治療ですので、矯正を専門とする先生に担当してもらっています。

ストレスフリーの通いやすい歯科医院をめざす

どのようなスタッフ教育をしていますか?

5

実は、特にしていないんですよ。みんな手際良く動いてくれますし、歯科知識についてもすんなり理解してくれるので、とても助かっています。院内は手作りの貼り紙で彩られていますが、これも私が指示したわけではなく、自発的に作ってくれているんです。温かみがあり、子どもから高齢の方まで通いやすい歯科医院づくりに一役買っていると思いますね。例えばキッズスペースの横に「土足で上がらないで」という貼り紙があるのですが、些細なことに気づけるのも彼女たちならではだと思います。患者さんに対しても、きめ細かな対応をしてくれているので感謝しかありません。

今後の展望についてお聞かせください。

お子さんや高齢の方を連れて、ご家族で来ていただける歯科医院にしたかったので、駐車場を広くとっています。今の車は大きいものも多いですし、ベビーカーや車いすなどの積み下ろしにはある程度のスペースが必要ですからね。何より私自身、駐車が苦手ですので広い駐車場だと安心できるんです。このようなストレスフリーを一つずつ推し進めて、少しでも通っていただきやすい環境をつくっていきたいですね。診療は予防歯科に注力していますが、現状はまだまだ虫歯の治療がメインです。美容院に行くような感覚で「そろそろ歯医者さんに行こう」と思っていただけるように、メンテナンスの重要性など啓発活動にも力を入れていきたいです。また、歯科のかかりつけ医として、患者さんのお口の健康を一生守り続けたいと思っていますので、訪問診療も視野に入れています。

読者にメッセージをお願いします。

6

できるだけ削らない・抜かない・痛みの少ない治療を基本として、再発を防止する治療を提供しています。私自身、「治療しない歯科医師」になることで地域に貢献していくことを理想としています。ある年代以上の方は「歯医者は怖い」というイメージをお持ちかと思いますが、歯科医療は時代とともに変わりました。怖がらずに安心して来院いただきたいです。当院はお口に関するどのようなお悩みにも対応できる体制を整えていますし、費用面を考慮した最適な提案に努めます。少しでも気になることがありましたら気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/77万円~、月1回の調整料5500円、
セラミックを用いた補綴治療/セラミッククラウン8万8000円~、セラミックインレー5万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access