全国のドクター9,653人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市南区
  4. 高宮駅
  5. 秋岡デンタルクリニック
  6. 秋岡 栄一郎 院長

秋岡 栄一郎 院長の独自取材記事

秋岡デンタルクリニック

(福岡市南区/高宮駅)

最終更新日:2021/10/12

199328 top

高宮駅から徒歩8分のところにある「秋岡デンタルクリニック」は、「自分や自分の家族に受けさせたい歯科医療」の提供をモットーに2021年6月に開業。子どもたちから高齢者まで、幅広い世代が気軽に通える地域のかかりつけクリニックをめざして、日々親身な診療に努めている。院長の秋岡栄一郎先生が特に注力するのが予防歯科。歯科医院の通い方として、「口の中の環境を整えるために、来るようにしてもらいたい。だからこそ、悪い箇所の治療が終えた後のメンテナンスを重視しています」と優しく話す秋岡先生に、クリニックの特徴や診療のスタンスなどについて聞いた。

(取材日2021年7月6日)

予防を中心とした、良質な歯科医療を届けていく

まずは開業の経緯からお聞きします。

1

勤務医時代は、臨床の現場でさまざまな研鑽を積みながら先進の技術を習得してきました。大勢の患者さんたちの多様な主訴に応え、福岡県内の規模の大きな歯科医院では分院長も経験しました。そうやって歯科医師としてキャリアを積んでいくうち、だんだんと独立を意識するようになったんです。そんな矢先、大分県で歯科医院を営んでいる父が病気で休養することになり、父が復帰するまで代わりに実家のクリニックで診療にあたることに。予想外の出来事でしたが、一人で歯科医院を運営するというこの時の経験が自信となり、あらためて開業を決意しました。開業場所は、幅広い世代の患者さんを診ていきたいという思いから、なるべく都会的な場所を探しました。日赤通りに面したこの場所を選んだのは、そんな理由からです。

どのようなクリニックをめざして開業されたのでしょう。

予防をメインとした歯科医療の提供、それが当クリニックの大きな目的です。歯科医院は痛くなってから受診するのではなく、痛くならないよう口の中を守るために行く場所であるべきというのが私の考えです。スタッフが活躍できる歯科にしたい思いもあり、メンテナンスに注力するクリニックをめざしています。一人ひとりのスタッフが仕事で輝くことで活気が生まれれば、患者さんにとってもきっとプラスに働くはずです。歯科医院に「怖い」「つらい」といったネガティブな印象を持つ方は少なくありません。特に子どもたちはそうでしょうから、なるべく受診しやすいよう明るい雰囲気でお迎えしたいと思っています。

診療方針についてお聞きします。

2

自分や自分の家族に受けさせたい良質な医療サービスを届けていくこと。それぞれの患者さんに合った治療計画を提案し、最良の治療を提供すること。その際は十分な説明を行い、理解と納得を得ること。これが当クリニックの掲げる理念の大きな柱です。常に先進の歯科医療を提供するためには、日々の研鑽が欠かせません。患者さんが通いやすいよう、居心地の良い空間づくりや笑顔での応対も大切にしていますし、費用の負担を抑えられるように保険診療に力を入れています。もちろん、希望に応じて自費治療にも親身に対応し、すべての患者さんが満足する診療に全力で取り組んでいます。

地域に根差し、幅広い主訴にワンストップで対応

患者と接する上で大切にしていることは何ですか?

3

歯科を受診する患者さんの中には、不安を抱えている方もいらっしゃいます。どんな方法で、どんな治療をされるのかがわからなければ、その不安はますます大きくなってしまいます。そこでなるべく専門用語を使わず、理解しやすい丁寧な説明を徹底するよう心がけています。あと、初診の際にはすべての患者さんの口腔内の全体写真を撮影します。普段は見えづらい自分の口の中の状態を確認することで、少しでも安心して治療を受けていただければと考えています。さらに、治療前には各患部をより細かく撮影し、その画像をお見せしながら、治療計画や今後の流れを詳細にお伝えしています。

特に力を入れている治療について教えてください。

地域のかかりつけ医として、幅広い世代の患者さんのさまざまな主訴にワンストップで応えるため、一般歯科や小児歯科、入れ歯治療、口腔外科、審美歯科、ホワイトニングといった診療内容を設定しています。その中でも特に力を注いでいるのが、コンポジットレジン(CR)を使った修復治療です。コンポジットレジンとは白いプラスチック素材で、当クリニックでは色と質感のタイプを3種類ずつ用意し、天然歯との色の調和や疾患の状態に合わせて組み合わせを見極めながら治療を行っています。あと、あらゆる治療の際には、噛み合わせを重視しています。不正咬合があると、顎関節症や頭痛、肩凝りの原因にもなるので見逃せません。噛み合わせの不具合を発見した場合、歯の高さなどを調整していきますが、重度の場合はマウスガード型器具が必要となります。

マウスピース型装置を使った矯正にも対応されていますね。

4

当クリニックで導入しているマウスピース型装置を使った矯正は、3Dの口腔内スキャナーを使用するため、時間のかかる一般的な型採りの必要がありません。透明な装置なので、金属のワイヤーと比べて見た目も目立ちにくく、装着時の違和感も少ないです。最大のメリットは必要に応じて取り外しができるため、歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病を予防にもつながります。さらに、食事制限もなく普段どおりの食生活を楽しめます。当クリニックでは成人用はもちろん、上の前歯が生える混合歯列前期にあたる7~10歳のお子さんであれば可能です。金属アレルギーの心配がない点も、安心してお勧めできる理由といえるでしょう。

プロの技術と先進の機器で、より精密な治療を提供

クリニック内の設備についてお尋ねします。

5

当クリニックでは、先進の歯科用CTを導入しています。高精細で立体的な口腔内画像を撮影できるため、歯の根の状態、神経や血管の位置、顎骨の厚みなども確認でき、精密な診査・診断を行う上でも役立っています。そのほか被ばく量の少ないデジタルエックス線撮影装置や口の中の奥や歯の裏側まで撮影できる口腔内カメラも備えています。さらに、院内にはオゾン水発生装置を設置。治療中のうがい用の水はもちろん、器具の滅菌やスタッフの手洗いの際も除菌作用のあるオゾン水を使用しています。また、治療ユニットに据えつけられた口腔外バキュームで、詰め物やかぶせ物を削った際の粉じんや唾液の飛び散りを防ぐなど、感染症対策にもしっかりと取り組んでいます。

歯科医師を志したきっかけや、仕事のやりがいを教えてください。

父が歯科医師で、親類にも医師や薬剤師などの医療関係者が多く、子どもの時から医療を身近に感じながら育ちました。そこで自然と歯科医師になる将来を描くようになり、明確な目標となったのは高校生の頃です。歯科医師として特に達成感を覚えるのは、自分の治療で患者さんが満足されている様子がうかがえた時ですね。「先生に出会えて良かった」といった感謝の言葉をいただくこともあり、そんな一つ一つの喜びが歯科医師としてのモチベーションになっています。

最後に今後の展望と、読者へのメッセージをお願いします。

6

「あなたの描いた笑顔がすぐそこに」。これは当クリニックのキャッチフレーズです。まさにその言葉どおり、ここが自分本来の笑顔を手に入れる場所としてすべての患者さんに信頼してもらえるよう私たちは取り組んでいます。予防やメンテナンスにさらに力を入れるため、歯科衛生士を増員し、診療体制を充実させる予定です。今後も地域のかかりつけとして、お子さんからご高齢の方まで、いろんな世代の患者さんが気軽に受診できるクリニックづくりに励んでまいりますので、口の中のお悩みやコンプレックスがあれば、いつでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を使った矯正/38万5000円~
審美歯科(セラミックインレー)/4万4000円~
ホワイトニング/2万2000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access