全国のドクター8,840人の想いを取材
クリニック・病院 160,944件の情報を掲載(2022年1月17日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 堺市南区
  4. 光明池駅
  5. DONデンタルクリニック
  6. 韓 東勲 院長

韓 東勲 院長の独自取材記事

DONデンタルクリニック

(堺市南区/光明池駅)

最終更新日:2021/11/01

20210826 198959 top

2021年5月に堺市南部の住宅街に開業したばかりの「DONデンタルクリニック」。韓東勲(はん・どんふん)院長は徳島大学歯学部卒業後、勤務医として15年以上研鑽を積んできた。標榜科目は、歯科、小児歯科。虫歯、歯周病、入れ歯、予防歯科を中心に、地域住民の歯と口腔の健康を支える。院内は歯科医院らしくないカジュアルな雰囲気。これは「どの年代の方も気軽に足を運んでいただきたい」という韓院長のこだわりで、患者と接するときも話しやすい環境づくりに努めているという。これまで培ってきた技術や知識を生かして、日々誠実に診療に取り組んでいる韓院長に、診療方針、開業までの経緯、治療に対する思いなどについて聞いた。

(取材日2021年8月18日)

子どもから高齢者まで通いやすい歯科医院をめざして

黒色を基調とした外観が目を引く建物ですね。こだわりはどんなところですか。

20210826 1

どなたでも気軽に来ていただけるよう、歯医者さんっぽくしたくないという思いがまずありました。雑誌で見た歯医者さんの海の家風の床が印象に残っていて、まず床をナチュラルな木目調に決めました。壁は白いしっくい風に。温かみとやわらかさを感じる質感が気に入っています。診察室には診療チェアを3台。座面は緑、黒、オレンジと色を変えました。感染症予防対策として、チェアごとに口腔外バキュームを設置しています。治療中に発生する飛沫や粉じんをしっかり吸収しますので、僕自身、飛散の少なさを実感していますね。

この場所を開業地として選んだ理由を教えてください。

開業場所を探していたときに歯科機械メーカーの開業担当の方からご紹介いただいたのがこちらの物件でした。この辺りはプライベートでもよく来ていましたし、近隣のスーパーなどと共用の広い駐車場があり、聞けばスタッフも含めてどこに止めてもOKというお話。僕は運転があまり得意ではなく、行きやすい場所はリピートするけれども1回行きにくいと感じたら行かなくなってしまうんです。そんな方でもここなら通いやすいのではないかと思ったのが大きな理由です。町の雰囲気が、大学時代を過ごした徳島に似ているのも良いなと思いましたね。

どのような患者さんが来られるのですか。

2

午前中から午後にかけてはお年寄り、18時以降は30代から40代の働き盛り世代の方という感じです。小さなお子さんにも来ていただけるように、車が止めやすい広い駐車場や、ベビーカーでも入りやすい、バリアフリーの入り口にしています。平日の診療時間は20時までですので、お仕事帰りの方もいらっしゃいます。主訴としては、お年寄りの方だと「入れ歯が合わない」「歯が取れた」などが多いです。「近くにできたから来てみた」「新型コロナウイルス流行の影響でしばらく間隔が空いていたので診てもらいたい」という方もおられます。地域に根差した歯科医院をめざしていますので、お子さんからお年寄りまで、幅広い世代の方たちが通いやすい歯科医院にできるように今後も努力していきたいですね。

なるべく歯を残し、削らず、ダメージの少ない治療を

診療方針についてお聞かせいただけますか。

20210826 3

天然歯に勝るものはないと考えていますので、なるべく歯を残して、削らないようにして、ダメージを抑えることを心がけています。また、治療はできるだけ同時並行で進めていきます。例えば治療すべき歯の隣も虫歯になっているという場合、1本目の治療が終わってから隣の歯を治すのではなくまとめて治療していくようにしています。もちろんそれぞれの症状や食べるときに支障がないかなど考慮しながらですが、スムーズに無駄のない治療というんでしょうか、患者さんに負担をかけないように努めています。それから、将来的なことを考えずとりあえず治療を始めることは、僕はしません。一度治療を始めたら生涯にわたって責任を持って診ていきたい、そんな思いで取り組んでいます。

患者さんと接するときに心がけているのはどのようなことでしょうか。

意識しているのは、丁寧な説明とコミュニケーションでしょうか。来院されたら、まず当院の方針をご説明し、患者さんのご希望をお聞きしします。説明については、口腔内カメラで撮った写真などを用いながら、言葉だけでなくビジュアル的にも理解していただけるよう心がけていますね。治療方法は複数のプランをご提案し、患者さんと相談しながら決めていくようにしています。ご自分の体のことですから、こうしてほしい、こうしたくないなど、思っていることはどんどんお話しいただけるとうれしいです。僕はそんなに堅苦しいタイプではありませんので、気兼ねなくお話しいただければと思います。

スタッフの皆さんについて教えてください。

4

歯科衛生士と受付は全員経験者の方です。丁寧な対応など、患者さんから褒めていただくことが多いですね。僕はスタッフに対しては細かく指示するというよりも一人ひとりの自主性で当院を豊かにしていってもらえたらと思っているんです。その点、彼女たちはアンケートを作ったり院内のレイアウトを工夫したり自ら進んで取り組んで貢献してくれていますね。また、何か気づいたことがあれば、その都度お互い伝えるようにしています。僕が至らない点もありますから、スタッフから注意されることも少なくありません(笑)。でも、風通しを良くすることは大事だと思っていますので、これからもそれぞれに声かけをしてブラッシュアップしていきたいですね。

出会いとともに成長。これからも縁を大切にし続けたい

歯科医師を志したきっかけを教えてください。

5

予備校の先生から「細かいことが好きなら歯科医師をめざしてみては?」と徳島大学歯学部を勧められたのがきっかけです。確かに小さい頃から細かいことが得意でしたし、授業中に1センチ角の折り紙で鶴なんかを折って隣の子に渡していたのを見られていたみたいなんですよね(笑)。家族も「良いご縁じゃない?」と言ってくれて、無事合格し、徳島へ。入学してみると、実技はそれほど練習しなくてもうまくできて、向いているんだと実感しました。自分の得意を生かせて、多くの方々と関わらせていただけるので、この道に進んで良かったと思っています。

開業までの経緯についてお聞かせいただけますか。

大学卒業後、大阪府下の歯科医院などで経験を積ませていただきました。中でも影響を受けたのが、開業前に勤務していた歯科医院の院長先生とお世話になっていた10歳年上の先輩です。診療に真摯に取り組まれている姿を目の当たりにして、僕も頑張らなければとがむしゃらに仕事に打ち込みました。当時30代後半で、この年齢で開業してもいいのかなという迷いがあったのですが、「開業したら絶対いける。君がやらなくてどうする!」と後押ししてくださったことで、開業を決意しました。その先生は患者さんに対してもとても誠実で、僕が研修医の頃から信じてきた歯科医師のあるべき姿と一致し、僕はこれでいいんだと自信を持たせてもらったところもありますね。

読者へのメッセージと今後の展望をお願いします。

20210826 6

基本的な歯科治療が中心になりますが、それ以外でもアドバイスや提案をいたします。相談だけでも構いませんので、まずは足を運んでいただけたらうれしいです。縁あって歯科医師になり、出会った方が開業に導いてくれて、開業したことで多くの方に出会い、その出会いによって自分自身も成長させてもらってきました。これからも出会う方々とのご縁を大切に、信頼して通ってくださる患者さんを増やして、地域の皆さんに頼りにしていただける歯科医院をつくっていきたいと思っています。

Access