全国のドクター8,915人の想いを取材
クリニック・病院 160,928件の情報を掲載(2021年10月27日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市早良区
  4. 藤崎駅
  5. Shiro矯正歯科
  6. 秦 省三郎 院長

秦 省三郎 院長の独自取材記事

Shiro矯正歯科

(福岡市早良区/藤崎駅)

最終更新日:2021/10/12

2021 0623 198598 top

藤崎駅から徒歩約4分のところにある「Shiro矯正歯科」は、歯列矯正に特化したクリニックとして2021年4月に開業。院長の秦省三郎先生は、福岡歯科大学大学院を修了後、先進歯科医療の第一線で研鑽を積み、矯正治療の幅広い専門性を深めた歯科医師。豊富な知識と経験を生かした精密な矯正を提供し、複雑な症例にも柔軟に対応するのが秦先生の持ち味だ。「笑顔に自信が持てるように導くのはもちろん、虫歯のリスクの軽減が期待できたり、全身の健康維持にもつながるなど、歯科矯正のメリットは少なくありません。だからこそ、矯正専門の歯科医師として適切な施術を提供できるよう力を尽くしています」と話す秦先生に、クリニックの特徴や矯正のポイントなどについて聞いた。

(取材日2021年6月4日)

専門性を発揮し、科学的根拠に基づく精密な矯正を

まずは開業の経緯からお伺いします。

1

私が学生だった頃、父が西新で歯科医院を営んでいました。父の意志を継いで同じエリアで開業したいという思いは、歯科医師になろうと決めた当初からありました。父は矯正治療を専門としていたので、私も同じ道を志すように。歯科矯正は、歯並びで悩む方を心から笑顔にすることをめざせるのに加えて、口の中だけでなく体の健康面でもたくさんのメリットがあります。人々のより良い人生を支えられる仕事としての意義の高さに惹かれたことも、専門性を深めようと決断する後押しになりました。福岡歯科大学大学院を修了後は、兄がやっているクリニックで副院長を務めながら、複数の開業医の先生のもとで経験を積み、2021年に念願がかなって父の歯科医院があった近くで独立を果たすことができました。

歯科医院としてのコンセプトを教えていただけますか?

まず診療において努めているのは、長年にわたって多くの症例に接してきた経験を生かし、科学的根拠に基づいた歯科医療を徹底すること。矯正専門の歯科医院として、幅広い悩みに寄り添い、適切な矯正を提供します。また、矯正の費用は一部の症例を除いて、ほぼ全額自費。一般歯科と比べると、通院する期間も長くなります。だからこそ、できる限りおもてなしをする気持ちで患者さん接し、クリニックにいる時はリラックスしていただきたいと思っています。そこで環境づくりにはこだわり、天井を高くして開放的で居心地の良い空間にし、見た目も歯科のイメージとはかけ離れた外国の建物を思わせるモダンなデザインに仕上げています。

診療においては、どんな方針をお持ちですか?

2

歯科矯正に、「痛い」「つらい」「長い」「高い」といったマイナスのイメージを抱く方は少なくありません。だからこそ、そんな先入観を払拭できるよう歯はなるべく抜かず、一人ひとりの患者さんに合わせた痛みに配慮した装置を選定したり、できるだけ短い期間で進めたり、負担の少ない矯正に努めています。その実現のために重要なのが、緻密かつ無理のない計画のプランニング。まずはしっかりとご要望をお伺いした上で、先進の医療機器を駆使した精密な検査と専門性を生かした適切な診断を行い、患者さんとめざすべきゴールを共有します。その際は、希望を踏まえたプランを複数ご用意し、より良い選択ができるよう徹底しています。

マウスピース型装置によって体への負担が少ない矯正を

無料カウンセリングを行っているとお聞きしました。

3

矯正において大切なのは、「理解」と「納得」です。患者さんは費用と時間をかけて矯正に臨むわけですから、矯正専門の歯科医師として心から満足していただける結果を提供したいと考えています。そこで当クリニックでは、無料カウンセリングを実施しています。その後の検査、診断も重視し、検査に用いるのは、口腔内光学3Dデジタルスキャナーやセファロつき歯科用3DデジタルCTなど、先進の医療機器。科学的で精密な検査が可能で、これにより診断の精度向上につなげています。この結果を踏まえて、口の中の現状と矯正の方向性や可能性を丁寧にご説明し、改めて患者さんの矯正に対する意志をしっかりと確認するようにしています。費用についても、施術前に総額をご提示。万が一、回数が増えても基本的には追加費用は発生しない料金体系であることを伝え、十分に理解していただいています。

こちらではどのような矯正が受けられますか?

当クリニックで推奨しているのは、マウスピース型装置を使った矯正です。昨今は、歯科医療技術がますます進歩し、以前よりも成果を期待しやすくなりました。マウスピース型装置は透明なので目立ちにくく、着け心地もワイヤーと比べると痛みは少ないでしょう。自分で取り外しができるので、歯磨きがしやすく、食事の制限がないほか、金属アレルギーの心配がないのもメリットです。実際、当クリニックでは約8~9割の患者さんが、この方法を選択されています。歯科矯正の専門性を生かして、初めにワイヤーで歯を動かしていき、その後にマウスピース型装置を用いた矯正に移行するといった方法にも対応可能です。また、矯正においては、自宅での歯のお手入れが重要となるので、メンテナンスやクリーニングのコースを設定し、選択していただけるようにしています。

子ども用のマウスピース型装置もあるそうですね。

4

以前までは、大人用のものしかありませんでしたが、1~2年前に子ども用が開発されました。そこで当クリニックでは、幅広いニーズに応えられるようすぐに導入しました。対象となるのは、前歯と奥歯の永久歯が生え始める6~7歳以上のお子さんたち。金属ワイヤーでの矯正治療は、身体的な負担が大きい上、管理が難しいという課題がありました。その点、マウスピース型装置は痛みがほとんどなく手軽に外せるので、子どもたちには非常にお勧めの方法です。矯正前は、先進の医療機器を使ったデジタルシミュレーションを実施。目標となる口元や顔のバランスをモニターで確認していただきながらご説明し、お子さんも親御さんも安心して矯正に臨めるよう取り組んでいます。

審美面や機能面、幅広いニーズにワンストップで対応

ホワイトニングについては、どんな特徴がありますか?

5

矯正を終えた患者さんは、笑顔に自信が持て、自然と性格も明るくなるなど、ポジティブに変わられる方も少なくないと思います。さらに、見た目の美しさへのモチベーションも、ますます高まる傾向にあると感じます。そんな多くのご要望に応えるために、当院ではホワイトニングにも力を入れています。これは幅広い症例に対応できる専門的な方法で、白さの度合いなど患者さんのご希望に合わせて施術していくことができます。保証制度も設けているので安心して受けていただきたいですね。ホワイトニングも歯科矯正と同様に、施術後のメンテナンスが欠かせません。それが不十分であれば白さの定着が期待できない可能性があるので、定期的に受診していただき、適切に管理するよう努めています。

歯科医師を志したきっかけや仕事のやりがいを教えてください。

私が高校3年生の時に、歯科医師をしていた父が病気で他界。それまでは歯科の仕事を意識していませんでしたが、葬儀などで父の人望の厚さを知り、同じ道を歩もうと決断しました。矯正を専門とする歯科医師となり、やりがいとなるのは、歯並びの変化とともに前向きに変わっていく患者さんの姿を見ること。スタッフにも言っていますが、私たちが従事しているのは人々の人生を変える仕事。だからこそ、患者さん一人ひとりに寄り添い、真摯な診療に努めなければと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

2021 0623 6

厚生労働省や日本歯科医師会が推進している「8020運動」では、80歳まで20本の歯を残すことが目標となっています。まさに、健康な歯があると生涯にわたって食事を楽しめ、全身の健康維持にもつながることは言うまでもありません。その実現のためにも、矯正の役割は大きいと考えています。矯正に、「早い」「遅い」はありません。子どもたちから60歳以上の方まで、適用があればどなたでも矯正を受けられます。歯並びや噛み合わせに関してお悩みがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置装置を用いた矯正(成人)/88万円~、マウスピース型装置装置を用いた矯正(小児)/55万円~、ワイヤー矯正/93万5000円~、ホワイトニング/1万6500円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access