全国のドクター9,372人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月16日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 日吉駅
  5. 日吉の森 内科クリニック
  6. 呼吸器内科での専門性を生かしつつ幅広く相談できるかかりつけ医

呼吸器内科での専門性を生かしつつ
幅広く相談できるかかりつけ医

日吉の森 内科クリニック

(横浜市港北区/日吉駅)

最終更新日:2021/01/12

20210108 main 20210108 main

誰にでも不意に訪れる体調不良。原因は?治療は?今後の見通しは?と不安を感じることも多い。そんな時に頼りになるのが、日常的な診療から健康管理まで任せることができるかかりつけ医の存在。病気の際の診断・治療はもちろん、病気の早期発見や、予防から家族構成や生活背景などを考慮したアドバイスまで、健康を維持するためのサポートを受けられるのが、かかりつけ医のイメージだろう。横浜市港北区で「日吉の森 内科クリニック」を運営する森田あかね院長は、呼吸器内科とアレルギーのエキスパート。それぞれの分野での専門性を生かした診療を軸に、幅広く患者のニーズに応えていく。「身近なかかりつけ医として、何でも気軽に相談してほしい」と語る森田院長に、地域のかかりつけ医としてできることを聞いた。(取材日2020年12月28日)

喘息や肺炎から生活習慣病、花粉症まで、幅広く相談できる存在

Q専門は呼吸器内科だそうですがどんな疾患を診ているのですか?
A
20210108 1

▲呼吸器内科が専門の森田院長

風邪などの感染症によるものからアレルギー性のものまで、咳やたん、喉の違和感など呼吸器の症状に悩む方を多く診ています。大学病院の呼吸器内科や結核病棟での経験に基づき、肺炎、気管支炎といった急性期の疾患から、咽喉頭異常感症や喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺結核、肺がんなどまで幅広く診療しています。 肺炎や結核といった呼吸器疾患で起こりがちな、慢性呼吸不全などの後遺障害にも継続的に対応しています。当院で対応の難しい専門的治療や入院が必要な方に関しては、適切な医療機関へご紹介することも可能です。

Qステロイドや漢方薬など、薬の使い方を教えてください。
A
2

▲納得できる方法を選べるよう、多くの選択肢を用意しているという

炎症を抑える強い働きのあるステロイド薬は、呼吸器疾患の治療においてたいへん有用な治療薬です。特に気管支喘息では、発作時に狭くなった気道を広げるだけでなく、慢性的な炎症に働きかける吸入ステロイドで再発を防いで症状をコントロールしていくことも大切です。副作用を気にかける方も多いようですが、吸入ステロイド薬は気道にダイレクトに働きかけていくため内服薬に比べて用いる量がごく少量で済み、継続使用しても重い副作用が出にくいよう工夫されています。口に残ると粘膜の免疫を抑制してしまうので使用後はうがいをすることを忘れず、適切に服用してください。また、漢方薬での治療を併用することも可能ですのでご相談ください。

Qこちらではレントゲンでの検査を活用しているそうですね。
A
3

▲レントゲンをはじめ機材も充実

「咳」といっても、その原因はさまざま。炎症の起きている部位や原因を特定することは、不要な投薬を避けて適切に治療を行っていくために欠かせないことです。放射線科に所属し数多くの読影を行ってきた経験から、当院ではクリニックの規模で幅広い部位のレントゲン診断に対応しています。胸腹部に加えて、咽頭や副鼻腔などの状態も画像で確認することで、「なぜ咳が起こっているのか?」を見極めていきます。画像診断により心不全や肺炎、結核、がんなどの疾患有無を確認し、炎症部位を特定していくことで、ピンポイントでの治療が可能となるのです。

Q診療上、女性ならではの視点や心がけていることなどありますか?
A
4

▲家庭に合わせ、持続できる環境づくりや対処法のアドバイスを行う

自律神経失調による不眠や胸痛、息苦しさなどに悩む女性は多くいらっしゃいます。また、気管支が細く炎症が起こりやすいお子さまでは、風邪をひくたびに症状が悪化したり、長引いてしまうということも。私自身、小さな頃から病気を繰り返してきた子を育てているので、同じ母親目線を共有できると思いますよ。また、子育てを通して個々の良い面に目を向ける姿勢が身についたように感じています。女性の方やお子さまをお連れのお母さま方についても、生活背景に根差したアドバイスをご提供していきますので、気兼ねなくご相談いただければと思います。

Q他にはどのような症状に対する治療を行っているのですか?
A
20210108 5

▲穏やかな口調でわかりやすく説明してくれるので安心だ

インフルエンザなど発熱を伴う感染症には、隔離室と完全予約制の発熱専門の外来を用意して対応しています。その他にも、急性胃炎・急性胃腸炎、急性虫垂炎(盲腸)などの消化器疾患や、 自律神経失調症、アトピー性皮膚炎、花粉症、片頭痛など幅広い疾患を診療しています。さらに、老年医療に長く携わってきた経験から、高血圧症、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の管理についても対応可能です。

ドクターからのメッセージ

森田 あかね院長

当院がめざすのは、患者さんのかかりつけ医として、お顔を拝見しただけでその日の体調がわかるような関係の構築。長くお付き合いさせていただくからこそ気づける変化や、提案できる治療の選択肢もあるのです。呼吸器内科の医師としての専門性に基づく診療に加えて、ニーズに応える医療を幅広く提供していきたいと考えています。感染症の方の受診も広くお受けする内科の医院として、陰圧換気システムを導入した隔離室を設けるなど、院内の感染対策には注力しています。また、完全予約制での発熱専門の外来も実施しています。お体のことでお困りのことや気がかりがあるようであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Access