全国のドクター9,289人の想いを取材
クリニック・病院 158,664件の情報を掲載(2024年4月16日現在)

  1. TOP
  2. 鹿児島県
  3. 鹿児島市
  4. 広木駅
  5. Jin歯科クリニック
  6. 林 将仁 院長

林 将仁 院長の独自取材記事

Jin歯科クリニック

(鹿児島市/広木駅)

最終更新日:2023/12/27

林将仁院長 Jin歯科クリニック main

モダンでしゃれた外観に、明るい雰囲気が印象的な「Jin歯科クリニック」。つらいイメージのある歯科治療だが、気軽に通える居心地の良い診療や雰囲気づくりに努めているという。林将仁院長は、いくつかの歯科医院でさまざまな経験を積み、2020年に鹿児島市山田町に開業。子どもから大人まで幅広い年齢層の患者が通う。「笑顔と活気のあふれる歯科医院」をコンセプトに、一般診療から訪問診療などに対応し、患者が安心できる治療の提供をめざす同院。そんな林院長に、同院のこだわりや今後の取り組みについて、たっぷりと話を聞いた。

(取材日2020年7月20日/記事更新日2023年12月21日)

地域に密着した、明るい歯科医院をめざして

明るく広々としたすてきな歯科医院ですね。

林将仁院長 Jin歯科クリニック1

ありがとうございます。歯科医院は、患者さんにとって少し怖いイメージがありますよね。外から中が見えず、閉じこもって何をしているのかわからないような感じが嫌で、歯科医院っぽくないイメージで造りました。待合室は全面ガラス張りで、外からの明るい太陽の光が差し込むようになっています。開放感のある雰囲気にすることで、患者さんも気楽に足を運んでもらえて親しみやすい空間になっていると思います。また、小さなお子さんから高齢の方まで安全に過ごせるように、段差をなくしたり、玄関前にはスロープも設置しました。当院は小学校が近く小さなお子さんも多いので、お子さんがリラックスして過ごせるように、カラフルなキッズスペースも設けています。

歯科医師をめざしたきっかけは何だったのですか?

私の出身地である喜界島では、祖父と父が歯科医師をしておりました。祖父と父の歯科医院には当時から多くの患者さんに足を運んでいただいており、島の人たちのお口の健康を守る姿に憧れを感じていました。そうして小さい頃から診療風景を見て育ちましたので、歯科医師という仕事はとても身近にある職業で、「いずれは自分も歯科医師になるんだろうな」という考えがぼんやりあったと思います。進学を考えた時、祖父や父のような歯科医師を志し、九州歯科大学を受験しました。口数の少ない父でしたが、私が歯科医師をめざしてからは、勉強会や治療の症例についてなど自然と会話も増えましたね。

開業に至った理由を教えてください。

林将仁院長 Jin歯科クリニック2

中学・高校は、喜界島から離れて鹿児島市内の学校へ通っていました。九州歯科大学で歯科について学んだ後は、神戸と福岡、広島で勤務医としての経験を積み重ねるうちに「独立したい」という気持ちが芽生え始めました。島に戻り実家を継ぐことも選択肢にありましたが、中学・高校と過ごした鹿児島市内の地域住民に貢献したいという思いもあって市内での開業を決意しました。今はさまざまな症例の治療経験を積んで、知識と技術の向上に努めていきたいと考えています。

一般診療や訪問診療など患者のニーズに幅広く応えたい

こちらでは、どんな治療が受けられますか?

林将仁院長 Jin歯科クリニック3

むし歯や歯周病、予防歯科などの一般診療をメインに、お子さんから高齢の方まで安心して通っていただけるよう、「笑顔と活気あふれる歯科医院」をコンセプトに治療を行っています。信頼関係を大切に、患者さんと密にコミュニケーションを図りながら、「この患者さんが自分の家族だったら、どのような治療をするか」ということを常に考えて治療にあたっています。当院は小学校が近隣にあり、お子さんが多く来院することもあって、小児歯科にも力を入れています。お子さんには「歯医者さんは楽しい場所」として安心して歯科医院に通ってほしいと思っているので、勤務医時代の経験を生かしながら、「歯医者さんは怖くない」というイメージを持ってもらえるように工夫もしています。“嫌がるのを押さえつけて”の治療は避けたいので、話をしながら時間をかけてゆっくりと治療を進めます。

小児歯科にも力を入れているのですね。どういったご相談が多いのですか?

親御さんの意識の高まりもあり、むし歯の子どもが少なくなった一方で噛み合わせや歯並びの悩みが増えてきています。噛み合わせや歯並びは、遺伝だけでなく口呼吸や舌の位置などが要因となることも。やわらかい食べ物を好む食習慣で、口周りの筋肉や舌の力が弱っていることも近年問題になっています。当院ではマウスピース型の装置を用いて口を閉じるお手伝いや舌の位置を上顎の正しい位置に戻し、歯並びや噛み合わせの改善をめざします。口腔内の状態によってはその後、矯正を行いますが、矯正器具に頼らなくても改善が見込めることもあり、早期に始めることのメリットは大きいです。もちろん、本人の理解と納得も大切ですので無理に勧めることはなく親御さんとご相談の上で方針を定めていきます。舌の位置や鼻呼吸が正常化すると、顔つきまでキリッと変わってくるお子さんもいらっしゃいますよ。まずは気軽にご相談いただきたいです。

衛生面の取り組みなどについて教えてください。

林将仁院長 Jin歯科クリニック4

院内感染予防対策の一環として、衛生管理も徹底しています。それぞれのユニットには、治療中に飛ぶ飛沫粒子を吸引除去するための口腔外バキュームを導入しています。また、グローブの交換や、治療で使う機材の滅菌はもちろんですが、空気清浄機の設置、ユニットや待合室の定期的な清掃も徹底しています。患者さんに気持ち良く診療を受けていただくために、衛生管理については常に気を配っています。

スタッフで一丸となり、通いたくなる診療を提供

院内の雰囲気づくりにおいて大切にされていることは何ですか?

林将仁院長 Jin歯科クリニック5

当院では、私のほかに歯科衛生士と歯科助手の複数人の体制で診療を行っています。丁寧な治療はもちろんですが、来院から見送りまでの時間も大切にしています。具体的には、患者さんが来院されたら元気なあいさつで出迎え、満足して帰ってもらえるような治療を提供すること。地元に愛されるような活気ある雰囲気づくりをめざしています。また、患者さんは歯科医院に行くことに対して、不安や怖さもあると思います。少しでも安心してもらえるよう、緩やかでリラックスできるようなBGMを流すなど気配りをしています。気軽に足を運び、楽しいひと時を過ごして笑顔で帰っていただけるよう心がけています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

やはり治療後に「ありがとう!」と、患者さんに喜んでいただけた時です。治療が終わり笑顔で帰っていかれる姿を見た時や、おいしく食事を取れている、口の中のトラブルを気にすることなく過ごせていると聞いた時はとてもうれしいです。私たち歯科医師の仕事は、患者さんの口のトラブルをきれいに治し、笑顔を提供することが醍醐味(だいごみ)だと感じています。まずは一人ひとりとしっかり向き合ったカウンセリングを行い、治療後も良好な状態を継続するためのアフターケアまでサポートをしていきたいです。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

林将仁院長 Jin歯科クリニック6

質の高い治療はもちろん、患者さんの期待している以上の診療を提供していきたいと考えています。嫌々通うのではなく、「ここにあって良かった」と安心して治療を受けられるよう、一人ひとりに寄り添った居心地の良い歯科医院をめざしています。当院では、むし歯や歯周病などの一般歯科診療をはじめ、小児歯科にも力を入れていますので、お子さんと一緒にまずは口の中のトラブルをチェックしてみませんか。悩んだり心配していたりすることがあったら、まずは気軽に相談してください。一緒に解決していきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング/1万5000円、インプラント治療/20万円、筋機能訓練に用いるトレーナー型装置(子ども)/3万円〜

Access