全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 三軒茶屋駅
  5. 西太子堂たすくデンタル
  6. 奥歯のセラミック治療で後悔しないよう精密な治療と継続通院が鍵

奥歯のセラミック治療で後悔しないよう
精密な治療と継続通院が鍵

西太子堂たすくデンタル

(世田谷区/三軒茶屋駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

虫歯(う蝕)などで欠けてしまった歯を修復する材料として、天然歯に近い質感や色が特徴のセラミックがある。その審美性の高さから近年人気が高まっており、過去に入れた金属の修復物をセラミックに交換したいというニーズも多い。しかし中には、「セラミックの修復物が外れてしまった」「歯がしみる」「虫歯になってしまった」など、治療後に後悔している人もいるのが現状だ。「セラミック治療はそれなりに費用がかかるので、後悔したくないですよね。そのためには精密な治療と継続通院が鍵です」と話すのは、東京医科歯科大学病院で長年にわたりセラミック治療の診療と研究に携わってきた「西太子堂たすくデンタル」の稲垣祐久院長。稲垣院長に、セラミック治療で後悔しないためのアドバイスをもらった。

(取材日2021年6月21日)

適切な材料選び、ずれのない精密な治療、そして継続通院による適切なメンテナンスが長持ちさせる条件

Qセラミック治療のメリットは何ですか?
A
20210701 1

▲長年にわたりセラミック治療の診療と研究に携わってきた稲垣院長

大きなメリットは審美性が高いということです。天然歯に近い色味なので、金属の修復物のように目立ちにくいです。あとは表面がツルツルしているので、汚れやプラークが付着しにくいというメリットもあります。金属アレルギーに悩んでいる方も、セラミックならその心配はありませんよね。白い修復物を希望するのであれば、セラミック以外にも保険適用のプラスチックがありますが、セラミックと比べると少しプラークが付着しやすく、温度変化や化学変化で変形もしやすいのです。歯とプラスチックの修復物の境目に、プラークがつくことで虫歯になったり、歯茎が下がって修復物と歯の間に段差ができてしまったりするリスクもあります。

Qセラミック治療にデメリットはあるのでしょうか?
A
20210803 2

▲治療法ごとにメリットデメリットの説明を丁寧に行う

金属に比べてセラミックの修復物はある程度、厚みが必要です。力が加わったときに、金属よりも割れる可能性が少し高いからです。ですから金属の修復物を入れるときよりも、0.数mmですが、歯を多く削らなければならないことがあります。「たかが0.数mm」と思うかもしれませんが、口の中の感覚は非常に繊細で、髪の毛一本が挟まっただけでも高いと感じます。仮にセラミックが割れないようにするために、噛み合わせを高くしてしまうと、それによってセラミックに余計な負荷がかかって劣化したり、歯がしみたりすることもあります。また、噛み合わせがずれた状態が続くことで顎が痛くなってしまうこともあります。

Qセラミック治療で後悔してしまう人もいますか?
A
20210701 3

▲要望にあった選択肢を提示し、納得して治療に進んでほしいという

セラミックの修復物が割れて後悔する方はいると思います。また、治療時に噛み合わせの調整がうまくいかないと歯がしみることもあるので、当院では寝た状態だけでなく起きた状態でも必ず噛み合わせを確認します。あとは修復物が外れないように、接着力を高めることも大切。当院ではセラミックの表面に特殊な粉を打ちつけ、微細な凹凸をつけることで接着力を高めるサンドブラスト処理を行っています。この処理は圧力・距離・処理時間のすべてが適切でないと、かえってセラミックを割れやすくしてしまう場合もあるので、それぞれの素材に合った圧力調整が重要です。圧力を変更できるサンドブラスト装置を導入している歯科医院は多くないと思います。

Q治療を受ける際に、注意することはありますか?
A
20210701 4

▲数多くの症例に携わった経験を生かして治療法を提案する

セラミック治療は金属を使った治療に比べて少し歯を厚く削ることがあるので、歯が小さい人や食いしばりで歯がすり減っている人には適さない可能性もあります。歯の大きさが足りているか、必ず歯科医師に確認しましょう。もちろんプラスチックや金属を使うという選択肢もありますので、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で決めましょう。また、セラミックは汚れが付着しにくいので虫歯にならないというのは誤解です。確かにセラミック自体に汚れはつきにくいですが、セラミックとそれを支える自分の歯の境界に汚れがつき、虫歯になることはあります。虫歯になると接着力が弱まり、修復物が取れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

Qセラミック治療後は、どのようにケアすればよいのでしょうか。
A
20210701 5

▲患者とコミュニケーションを取りながらメンテナンスを行う

まずは、毎日丁寧にブラッシングすることが大切です。歯茎と歯の間を入念に磨くとか、歯と歯の間をフロスで磨くとか、どんなふうに修復物が入っているかでケアの方法も違ってくるので、歯科医師や歯科衛生士に確認しましょう。そしてセラミック治療後は継続的に通院して、メンテナンスするのが理想です。特にプラークがつきやすい人、毎日甘い炭酸水を飲む人など、虫歯になりやすい人は気をつけてください。当院の場合は修復物とそれを支えている歯の状態、プラークの付着具合などを確認し、適切にお手入れができてないようであれば指導したり、他の歯が虫歯になっていた場合は治療したりして、極力セラミックが長持ちするようサポートします。

ドクターからのメッセージ

稲垣 祐久院長

セラミックを長持ちさせるには、継続的なケアが大切です。せっかく費用をかけて治療したのに、駄目になって後悔するのはもったいないですよね。また、セラミックは審美性も高く優れた材料だとは思いますが、金属やプラスチックを使った治療が悪いというわけでありません。当院ではセラミック治療だけをお勧めするようなことはせず、メリット・デメリットをお伝えした上で複数の選択肢を提示し、患者さんの希望を尊重しながら一緒に相談できればと思っています。東京医科歯科大学での診療と並行して、セラミック治療に使う材料の特性などを研究した経験を生かし、精密な治療と適切なご提案をさせていただきますので、ぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックを用いた修復/4万4000円~、 セラミックを用いた補綴/6万6000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access