全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 川口市
  4. 川口駅
  5. 川口歯科
  6. なんでも気軽に相談できる関係に重要な役割を担うカウンセリング

なんでも気軽に相談できる関係に
重要な役割を担うカウンセリング

川口歯科

(川口市/川口駅)

最終更新日:2020/07/30

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

歯科医院を受診すると最初に行われるカウンセリング。「川口歯科」の守尾一起院長は、患者の要望に沿った治療を行い、「ここで治療して良かった」という満足を提供するためにも、カウンセリングを重要な診療行為と位置づけている。「同じ症例であっても患者さんの考え方、感じ方は人それぞれです。お一人お一人にこまやかに応してこそ、『また当院にかかりたい』と思っていただけると考えています」と話す守尾院長に、同院が行うカウンセリングの内容や診療時の工夫についてじっくり話を聞いた。 (取材日2020年7月10日)

治療満足度の向上のため、フランクに語り合える関係性づくりからスタート

Qまずはこちらのクリニックの診療方針について教えてください。
A
1

▲相談しやすい雰囲気づくりを心がける

歯のことで困った時に、「最初に相談したくなる町の歯科医院」でありたいと思っています。普段から患者さんが緊張しないでなんでもフランクに相談できるような雰囲気をつくるようにしていますし、カウンセリングでは患者さんが何を求めて来院されたのかに耳を傾け、どんなことを苦手としているかや、疑問に思っていることはないかなどを、私や他の歯科医師も親身になって聞かせてもらっています。例えば、かかりつけにしてもらっている患者さんの顔を待合室に見つければ「今日はどうされましたか?」とフランクに声をかける。細かいことですが、そんなコミュニケーションの取り方から始めて打ち解けた関係性が築けるよう努めています。

Qカウンセリングを大切にされているのはなぜでしょうか?
A
2

▲患者の満足につなげるため、しっかりとカウンセリングを行う

初診時には必ず、専用のカウンセリングルームにてお話を伺うようにしています。主訴についてはもちろんですが、そのほかに患者さんが望まれることをちゃんと聞き取って診療に生かすことで、最終的な満足につなげるためです。例えば、歯を削る音が苦手、薬品臭が気になるなど、人それぞれ感じていることが異なりますからね。また患者さんの年代層も、お子さんから、学生さん、会社勤めの方、主婦の方、高齢者まで結構幅広いので、「この方にはこの治療だろう」という決めつけをせず、まずは希望内容を話してもらい、その要望に寄り添い柔軟に対応することで「治療もサービスも雰囲気も良かった」と思ってもらえるクリニックをめざしています。

Qカウンセリングは院長が対応されるのですか?
A
3

▲専門の異なる歯科医師が在籍している

抜歯やインプラントなど口腔外科系の歯科医師のほか、矯正やセラミック治療、根管治療、入れ歯など、それぞれ専門の異なる複数の歯科医師が在籍していることが当院の特色の一つなんですが、初診では当日診療している歯科医師がカウンセリングを担当し、次回以降はそれらの専門性を持った歯科医師に引き継ぎます。もちろん予約時に言ってもらえれば最初から専門の先生が診ることも可能ですし、女性の歯科医師も在籍していますので、お子さんの診療などは女性歯科医師が担当することが多いですね。また当院では、定期メンテナンスを行う歯科衛生士も担当制で、気心が合う歯科衛生士を指名していただくこともできます。

Q特に詳しい説明の必要性を感じる治療は何でしょうか?
A
4

▲納得できるような説明を行う

自由診療となるインプラント治療や矯正歯科はもちろんですが、そのほか虫歯治療で使用する修復物を保険適用と自由診療のどちらかを選ぶ際には、しっかり説明しています。例えば保険のコンポジットレジンですと、吸水性が高く着色しやすいこと、「金属は見た目がどうも……」という方には、それに代わるものとして強度のあるジルコニアがあることなど、詳しく説明しています。患者さんは素材の特徴・特性まではわからないことが多いでしょうから、私たちプロがその方の要望に寄り添いながら、単に科学的な説明だけではなく、心から納得できるようわかりやすく患者さん側に歩み寄ってお伝えすることが必要だと考えています。

Qカウンセリングや治療の際に心がけていることは?
A
5

▲マイナスな要因を取り除き治療に進む

自由診療も保険適用も、いくらかかるかは皆さんが気にされるので、料金はすべてカウンセリングの段階でお伝えしています。また診療では、マイナスな要因を取り除くことも重要です。歯科に行かなくなった理由がある場合には、その理由が何なのかも質問しています。例えば麻酔が嫌いな方であれば、その原因は臭いなのか、術後のしびれなのかまで詳しくお聞きして、極力その不快な部分を回避しながら治療するようにしています。歯を削る音が嫌いな方であれば、その間はイヤホンで音楽でも聴いてもらっていても大丈夫です。何が気になるのかは人ぞれぞれ。それをしっかりとお聞きして、気持ち良く治療に臨んでもらえるよう配慮しています。

ドクターからのメッセージ

守尾 一起院長

当院では患者さんの治療を2人以上の歯科医師がダブルチェックする体制をとっています。2人の目で見ることで見逃しをなくし、さまざまな角度からどれがベストな術式かをディスカッションして治療の方向性を決めています。いわば院内でセカンドオピニオンを行っているようなものです。またカウンセリングでは、今だけの視点でなく10年後20年後にどうありたいか、 ということもお聞きしています。「今の痛みを取ってもらえれば十分」という方もいますが、大事なのは健康なお口の状態を保ってもらうことですから、こちらからの押しつけではなく自然なかたちで未来まで考えた健康意識を持ってもらえるよう導いていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/22万円~、矯正歯科/30万円~(部分矯正)、セラミック治療/8万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access