追浜吉井内科クリニック

追浜吉井内科クリニック

吉井 大司院長

20190808 bana

横須賀市追浜本町、京急本線の追浜駅から昔ながらの店舗が並ぶアーケード街の中を5分ほど歩くと、左手に木目が温かい印象のクリニックが見えてくる。虹と木をモチーフとしたロゴが目印の「追浜吉井内科クリニック」だ。「誰もが通いやすいアットホームな内科クリニックをつくりたいと考え、開院を決めました」と話す吉井大司院長は糖尿病、内分泌疾患、甲状腺疾患、総合内科の診療それぞれを専門とする。幅広い疾患に対して初期治療を提供しながら、高い専門性を持って糖尿病・高血圧症・脂質異常症などの生活習慣病や甲状腺を含む内分泌疾患の診療にもあたる。「今まで培ってきた自分の医療技術で地域に貢献したい」と語る吉井院長に話を聞いた。
(取材日2019年7月11日)

糖尿病や内分泌、甲状腺など幅広く内科の診療を行う

―開院おめでとうございます。ご経歴と開院に至られた経緯を教えていただけますか?

ありがとうございます。私は横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院、国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院などで医師として研鑽を積んできました。横浜南共済病院時代に科長として赴任し、内分泌代謝疾患の急性期対応・専門外来、糖尿病教育入院、患者会の運営などに従事してまいりました。病院の患者会などで親しみがわいたこの地域で頼れる町のかかりつけの医師をめざしたい、また総合病院時代には難しかった患者さまにもっと寄り添った診療ができる場所をと思いこのクリニックの開院に至りました。クリニックは通院のしやすさを重視し、駅に近いことや車いすやベビーカーの子連れの方でも通いやすい1階フロアに、また院内の廊下なども幅を広くし、バリアフリーにこだわって設計しました。

―クリニックの特徴を教えていただけますか?

特に糖尿病・高血圧・脂質異常症をはじめとする生活習慣病や甲状腺疾患(バセドウ病や橋本病など)などの内分泌疾患に関しては専門の医師ですので、的確な診断や、患者さまにとって最適な治療の提供ができるよう努めています。また、来院していただいた当日に院内で迅速に検査結果を提供したいという思いから、即日検査結果のわかる検査機器をそろえています。血糖、HbA1cはもちろん、甲状腺ホルモン、コレステロール、中性脂肪、貧血、CRP、クレアチニン値も当日結果説明可能です。さらに、私自身、救急医療の経験も持ち、日本内科学会総合内科専門医でもあります。幅広い疾患の初期治療を適切に対応していきたいと考えています。

―どのような患者さんが多くいらしていますか?

開院初日から多くの患者さまにご来院いただき、スタッフ一同驚き、とてもうれしく思っています。患者さまの内訳では糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病の方が6割、甲状腺疾患の方が2割、残りの2割が風邪、喘息、頭痛、胃腸炎などの一般内科での受診といったイメージでしょうか。勤務医の時代の患者さまにも多く来ていただいておりますが、新たに来てくださる患者さまも多く、追浜・六浦エリアを中心に、横浜市金沢区、横須賀、逗子、葉山といったところからもご来院いただいています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細