求人情報ON
いとう脳神経クリニック ネット予約する 明日予約可

いとう脳神経クリニック

伊藤 元一院長

190657 %e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%86%e8%84%b3%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

名古屋市営地下鉄桜通線「徳重駅」から徒歩5分の「いとう脳神経クリニック」は、2019年に開業したばかりの新しいクリニックだ。院長を務める伊藤元一(もとかず)先生は、日本脳神経外科学会脳神経外科専門医で、豊富な臨床経験と国内外で脳腫瘍の研究に携わった経験を持つ脳疾患を専門とする医師。脳神経外科のほかに、リハビリテーション科、内科・外科、整形外科を標榜し、地域のニーズに合った幅広い診療を提供している。穏やかで優しいまなざしが魅力の伊藤院長に、開業までの経緯から地域医療に対する思いまでをたっぷり語ってもらった。
(取材日2019年3月20日)

開業医として社会貢献をめざす

―先生が医師を志したのはなぜですか?

振り返ってみると、小学生の頃にはすでに医師になりたいと思っていました。当時はただ単に格好良い職業だから憧れていたという感じだったと思うのですが、それが大きくなるにつれて具体的に人の役に立つ仕事がしたいという思いが強くなり医学部に進学しました。脳神経外科を選んだのは、脳の神秘性というものにとても魅力を感じていたからです。実は、私は自分の父親をくも膜下出血という脳神経外科領域の疾患で亡くしているものですから、脳に対する興味というものが強かったのだと思います。実際に脳神経外科の医師になってみると、とてもやりがいのある一方で、緊急疾患が多いこともあって大変な分野だとも感じました。脳疾患というのは命に直結しますし、後遺症が残ってしまうこともあるので、その責任の大きさというものを痛感しました。それでも頑張ってこられたのは、社会に貢献できるという部分に強くやりがいを感じていたからだと思います。

―開業までの経緯についてお聞かせください。

大学卒業後は脳神経外科の医師として診察にあたっていましたが、その後しばらくは臨床から離れて名古屋大学の大学院をはじめ、米国カルフォルニア大学や東京大学医科学研究所などで脳腫瘍の研究に没頭していた時期がありました。その際に臨床と研究はフィールドがかなり違うと感じました。臨床というのは目の前の患者さんを助けるのが目的であるのに対し、研究というのは将来の医療のためという目的が大きいと思います。臨床から研究にスライドしてきた人と、研究だけをしてきた人とが競い合う世界でもあるわけです。私自身、そこに魅力を感じて研究の世界に飛び込みましたが、いざ研究に携わってみると、試験管や細胞を前に全身全霊をささげて研究テーマに向き合っている人を相手にした時、正直なところかなわないなと感じました。その後、再び臨床に戻ったところ、臨床に携わる者として、目の前の患者さんを助けたいという思いが強くなり、開業を決めました。

―この場所でクリニックを開業した理由を教えてください。

開業するにあたりいくつか候補地を探しているときにこの場所を知りました。この辺りは、駅ができて急激に開発が進んではいますが、まだまだ開発が始まったばかりの地域です。去年の3月までは区画整理がされたばかりのような場所でした。それでも私は、一目惚れのような感じでこの場所を気に入りました。駅から徒歩圏内という好立地にあり、それでいて少し行ったところには竹林など自然もたくさんあります。私はもともと三重県育ちということもあって、自然の多いところがとても気に入りました。何よりも、交通の便が良いというのが大きなポイントでした。もちろん、地域のかかりつけ医をめざしているので近隣の方が第一ではあるのですが、仕事や外出などの帰りに立ち寄りやすいアクセスの良さは大切だと思いました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細