全国のドクター8,967人の想いを取材
クリニック・病院 160,920件の情報を掲載(2021年10月19日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 海部郡大治町
  4. 中村公園駅
  5. 医療法人オリエンタル あまファースト歯科
  6. 竜 康弘 院長

竜 康弘 院長の独自取材記事

あまファースト歯科

(海部郡大治町/中村公園駅)

最終更新日:2021/10/12

190390 top

所在地は愛知県海部郡大治町ながら、あま市や蟹江町も通院圏内であり、名古屋市の中村公園駅からでも車で10分ほど。「あまファースト歯科」は郊外型の広々とした歯科医院だ。虫歯や歯周病治療はもちろん、歯列矯正、インプラント治療など幅広い診療メニューをそろえ、患者の要望に全力で対応している。また、予約者を待たせず、急患にも対応するために8台のユニットを備え、子連れの患者には保育士による無料託児サービスも提供している。「人材と設備を盤石にして、どんな患者さんにも応えたい」と語る竜康弘院長に、その熱い思いを聞いた。

(取材日2021年2月16日)

幅広い患者層に対応できる設備と人材

明るく広々としたクリニックですね。どんな想いで開業しましたか?

1

さまざまな処置・治療を満遍なくできるようにしたいと考えて2年前に開業しました。保険診療はもちろん、患者さんの要望に応じて自由診療も対応したいですし、歯周病の治療や歯のクリーニング、矯正、インプラント治療も選べるようにしておきたかったんです。さらに親知らずの抜歯や口腔内手術もできる範囲で行えるようにしました。現在3人の歯科医師と7人の歯科衛生士がいるので、比較的予約が取りやすく急患にも応えられる体制がつくれていると思います。医療は人材が命なので、スタッフが気持ち良く働き、それが患者さんへの治療やサービスに直結するような良い循環をつくりたいですね。また、患者さんのニーズにとことん応えるためには、自分自身もスタッフも勉強を怠らず技術を磨き続けることが必要だと肝に命じています。

この場所にゆかりがあったのですか?

僕は仙台の東北大学に進学し、卒業後の勤務先も宮城県内だったので、いずれは地元の名古屋で開業したいという思いがありました。ただ、開業の場所は決めるのに時間がかかりました。数え切れないぐらい物件を見る中、大治町には紹介されて初めて来たので縁もゆかりもないのに「ビビビ」とくるものがあったんです。だから来た瞬間、「ここにします」と決めました。この地に来てみたら第六感に訴えかけてくるというのか、自分がここで働いている姿が想像できたんです。そしてここで患者さんが一生涯通えるような歯科医院づくりをしたいと思い、開業に至りました。

開業に際してこだわった部分はありますか?

20210331 2

「歯が痛い」と来られる急患の患者さんにも対応できるよう、ユニットの数をしっかり確保し、現在では8台を置いています。半個室と個室を分けて、状況に応じて使い分けています。さらに2021年3月には、大学病院並みの衛生環境を整備した、インプラント専用のオペ室も開設する予定です。一方で治療以外の部分でも快適に過ごしてほしいと考え、保育士による無料の託児サービスも行っています。いずれはこのサービスを発展させて、患者さんもスタッフの子どもも利用できる保育所にしたいと構想中です。患者さんの利便性や安心と、スタッフの働きやすさが両立できたらベストですね。

マウスピース型装置で気軽に矯正を

こちらでは、歯列矯正に力を入れているとお聞きしました。

3

年齢、性別、目的を問わず、歯並びを整えたいという方を広く受け入れています。歯列矯正は見た目を良くするのはもちろん、自分の歯を一生長く使い続けるためにも有用な方法です。歯並びが悪いと歯磨きがしづらく、どうしても磨き残してしまうので、歯周病などのリスクが高まってしまうのです。また、噛み合わせの悪さが体のさまざまな部分に悪影響を与える可能性もあります。そうした健康へのリスクを少しでも減らし、自分の歯を健康に保ち続ける方法として、矯正を検討してほしいですね。実際、当院では大人になって歯列矯正を受ける方も多いです。初回の相談は無料なので、どんなステップでどのくらいの費用がかかるのか聞いてから判断していただいて構いません。まずはざっくばらんにご相談いただければと思います。

つけやすく目立ちにくい器具を使って、矯正ができるというのは本当ですか?

矯正をためらう人は、かかる期間や費用もさることながら、矯正に伴う痛みや器具をつけた見た目が気になるとおっしゃいます。しかし現在の矯正では、痛みも少なく見た目にも目立ちにくい透明のマウスピース型装置があり、当院でもこの装置を使った矯正に対応しています。個人差はありますが、局所的な矯正であれば最短で3ヵ月、長くても2年半ほどで終了することが可能です。また、通院も2ヵ月に1回程度でよいので、かなり手軽だと思います。この10年でマウスピース型装置による矯正は大きく進歩し、一人ひとりに合わせた器具を提供できるシステムも確立されています。多くの人にぜひこの技術の進歩の恩恵を受けてほしいです。

子どもに対しては、どのように矯正を進めますか?

4

マウスピース型装置の矯正は子どもにも使えますが、当院では子どもには別の方法で矯正を進めていきます。子どもは大人と違って成長・発達の途中なので、それを生かして矯正していきます。乳歯と永久歯が混在している1期と、永久歯が生えそろう頃から始める2期があり、いつから始めても遅すぎるということはありません。お子さん一人ひとりの成長段階に合わせて、矯正を進めていきます。

前向きな治療方針で、地域の核となる歯科医院をめざす

患者さんの症状・要望に合わせて、インプラント治療も選択できるそうですね。

5

インプラントは歯を失った際の治療の一つの選択肢であって、常にベストチョイスというわけではありません。しかしインプラントには、残った歯に負担をかけることなく「歯」の機能を取り戻すことをめざせるという特徴があり、この点は両隣の歯を削るブリッジよりも優れたポイントと言えるでしょう。また、入れ歯に比べてしっかり噛みしめやすいのも、インプラントの大きな利点です。なので、入れ歯を使っていたけれどうまくフィットせずしっかりと噛めないとお悩みの患者さんには、選択肢としてインプラント治療をご案内することもあります。ただ、自由診療になるので、経済的な負担とメリットを比較した上でお選びください。患者さんが納得しより良い治療を選択できるよう、しっかりと説明しています。

インプラント治療はどんな人でも受けられるのでしょうか。

インプラントは口腔内の手術なので、全身疾患などの持病があり、状態が悪い方はお断りする場合があります。また、歯周病が悪化すると顎の骨が溶けてしまうことがあり、一般的には骨が足りないとインプラント治療を進めることはできないため、当院では骨を継ぎ足す骨造成の処置をしてインプラントを埋め込むこともしています。ほかのクリニックの治療では満足できなかったり、インプラントなどを断られたりした場合にも、諦めずにぜひご相談ください。より良い口内環境を作る方法を一緒に探っていきましょう。

今後クリニックをどんな場所にしていきたいですか?

6

歯列矯正もインプラント治療も、患者さんの満足のためにあります。一方で経験の浅いスタッフにとっては、さまざまな治療メニューがあることで、幅広い治療を学ぶ機会にもつながり、スタッフが成長すれば、さらに患者さんの満足度を高めることができるはずです。この相乗効果が最大になるように、組織を整備し、教育やシステムを充実させたいです。こうした人材面を発展させる一方で、設備の拡充、規模の拡張を図り、患者さんのリクエストに最大限応えられる体制を築いていきたいです。そして、性別や年齢を問わず、症状や要望に応じて、どんな治療にも対応できる歯科医院を実現したいと思います。前向きな治療方針で地域の患者さんから信頼がいただけたら、こんなに幸せなことはないですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/74万8000円~ 
小児矯正1期/38万5000円~、小児矯正2期/30万8000円~
マウスピース型装置を用いた矯正(全顎)/82万5000円~
審美歯科(インレー)/4万9500円~
審美歯科(クラウン)8万8000円~
インプラント治療/41万8000円~
インプラント治療の際の骨造成/一歯につき5万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access