あすなろ歯科・矯正歯科

あすなろ歯科・矯正歯科

安光 雄介院長
新規開院

20190305 bana

上牧駅から徒歩5分。ブラウンとグリーンの優しいカラーの外観が目印の「あすなろ歯科・矯正歯科」。大きなあすなろの木に動物たちが集うロゴは、まるで絵本の1ページを切り取ったかのよう。あすなろは「明日こそ檜になろう」という意味を持つといい、「『明日こそ健康になろう』という思いで、気兼ねなく通える場所にしたかった」という安光雄介院長。勤務医としてのキャリアを順調に積んでいたところ、仕事のあり方に疑問を抱く出会いと気づきがあったと語る。開院を決めた経緯と、クリニックで行っている診療についてじっくり話を聞いた。
(取材日2019年2月25日)

歯科らしさをあえて取り去り、ストレス軽減

―かわいいロゴマークですね。

歯科医院のロゴには見えないでしょう? あすなろの木に集まる動物たちをイメージしました。歯科医院といえば、緊張する場所、行きたくない場所という印象が根強いです。そうではなくて、地域に溶け込む、なじみやすい場所にしたかったんです。駐車スペースも1台1台広くとってありますので、運転が得意ではない方でも駐車しやすくなっています。院内もバリアフリーで通路は広々としていますから、車いすやベビーカーもストレスなく通れます。待合室にはコーヒーメーカーと広々としたソファ。患者さんが「リラックスして過ごす」のが最優先。気持ち良く通院できるような空間をつくりたい一心で考えたことです。

―開業までの経緯をお聞かせください。

広島大学の歯学部を卒業したものの、自分にとって「歯科医師」とは何かピンとこなかったんです。そんな矢先、大学の先輩のクリニックに勤務が決まりました。本当にたくさんの患者さんが来院していました。とにかく歯を削っては詰め、抜いてはかぶせてを繰り返し、治療に追われる毎日を送っていました。そんな中、知人に誘われて歯科の勉強会に参加することに。特に勉強会やセミナーに興味を持ったこともなく、実のところ冷やかし半分でした。ところが参加してみると、情熱あふれ、高いプロ意識を持った先生が各地から集まっている。それに刺激を受け、「もっとより良い治療ができるようになりたい」と思ったのが歯科医師としてのターニングポイントでした。そして、開業という新しいチャレンジに、気持ちがどんどん傾いていったんです。

―開業地に高槻を選んだ理由は?

生まれ育った地元に貢献したい気持ちは強くありました。開業を決意後も、勉強会やセミナーに多数参加し、知識を吸収し技術を磨いてきました。そのたびに、私が身につけたものを地元の皆さんにもっと還元していきたいという気持ちを強くしたんです。というのも、セミナーに参加する熱心な先生の多くは、都市部で開業する方がほとんどだったからです。それは、高いレベルの治療を求める層が多いということもあるでしょう。けれど、都市部以外にもクオリティーの高い治療を求めている人はいるはず。自らが世界の先端で学んできた最新の技術や知識を、そういった地域の方々に積極的に提供していきたいと思いました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

小児矯正:5万円~80万円、成人矯正:ワイヤー矯正70万円~、マウスピース型の装置を用いた矯正85万円~、入れ歯:20万円~、かぶせ物:9万円~、インプラント治療(かぶせ物込み):1本あたりの費用目安 39万円~、歯周組織再生療法:10万円~、ホームホワイトニング:上下2万5000円~、片側1万5000円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細