求人情報ON
ひらた内科・在宅クリニック

ひらた内科・在宅クリニック

平田 嘉幸院長

189643 %e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%9f%e5%86%85%e7%a7%91 %e5%9c%a8%e5%ae%85%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

2018年10月に開院した川口市芝下の住宅地にある「ひらた内科・在宅クリニック」は、「地域の人々を最期まで診る」ことを使命とするクリニックだ。院長は、済生会川口総合病院で消化器内科専門に診療を行い、他クリニックで訪問診療や内科診療の経験も積んだ平田嘉幸先生。自身が生まれ育った地で地域医療を提供するために、外来と訪問の両体制を取っている。外来では風邪や発熱などの急性疾患や、糖尿病や高血圧、高脂血症などの慢性疾患の治療から胃・大腸内視鏡検査まで行い、訪問診療ではケアマネジャーや介護側と密に連携して一人ひとりの状況に合わせたきめ細かなサポートを実施。自身も難病を患っていた経験から「同じように苦しんでいる人を治してあげたい」という思いを持つ平田院長に、話を聞いた。
(取材日2018年11月12日)

使命は「地域の人を最期まで診る」こと

―まずは、開業のきっかけから教えてください。

もともと専門が消化器内科だったことから、がん患者さんを診療することも多く、それに伴い終末期といわれるターミナルケア期の方も多く診ていました。しかし病院では、患者さんが緩和ケアが必要な状態になり通院できなくなると、施設や療養病院に入ることになっています。そのため、僕が最期まで診ることができなくなってしまっていたんです。地域で訪問診療という形なら、最期まで患者さんを診て差し上げることができると思ったこと、また地域医療をしたいと思ったことが、こちらで開業したきっかけです。ここは僕が生まれ育った場所で、この土地以外で開業するという考えはなかったです。周りもよく知っている方ばかりで、母や父、子ども時代の僕を知っているという方も多く来てくださっているんですよ。

―開業にあたり特にこだわった点はありますか?

外来と訪問診療の両方を行えるようにしたことです。やりたかったのは「地域の方を最期まで診ること」なので、通っていただける方はこちらで診て、来られなくなったら今度は僕が訪問し、最期は看取りまで行う、というスタイルです。そして在宅で必要になった際に、他の医療機関に行くことなくこちらで検査や治療が行えるというのも、強みだと考えています。このクリニックで、できる限り何でも診ていけるように体制を整えたいと思っています。僕の専門である消化器疾患や内視鏡検査はもちろん、風邪や腹痛といった急性疾患や糖尿病、高血圧などの慢性疾患に、花粉症、アレルギー症、めまい、貧血など、基本的にどんなご相談でも対応しています。

―内視鏡検査も受けられるのですね。

胃と大腸のどちらでも可能です。胃の検査では経鼻内視鏡を使用しますので、管の直径は6mmほどです。だいたいうどんと同じぐらいのサイズ感ですから、苦しさはかなり少ないと思います。喉の奥に当たり苦しくならないよう鼻から行う場合が多いですが、鼻が詰まっていたり、痛みがある方もいますので、経鼻か経口かは患者さんの希望に合わせて変えています。大腸の検査は、大腸がんのほかポリープや潰瘍性大腸炎の発見、その他大腸に異常がないことを確認する際に役立ちますね。当院でポリープが見つかった場合、組織の一部を取って良性か悪性かを調べる病理検査まで行うことができます。内視鏡検査以外の検査としては、レントゲンや腹部、頚動脈、甲状腺などを診るエコー検査が可能です。訪問診療用のポータブルエコーも設置型と差がない性能のものを導入しているので、腹水や腫瘍のチェック、残尿量のチェックなど、訪問診療でも幅広い検査ができますよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細