池袋駅前のだ皮膚科

池袋駅前のだ皮膚科

野田真史院長

ほくろ・できものの日帰り手術
ラジオ波メスで負担少なく

池袋駅前のだ皮膚科

保険診療

自由診療

Main

顔や目立つ場所にできる、ほくろやできものは気になるもの。年を取るに従って大きくなったり、いつのまにか増えていたりもする。ただ、取りたいと思っても、傷や赤みがしつこく残ってしまったら逆効果になってしまう。そうした不安に応えるのが、ラジオ波メスによる日帰り手術だ。傷が残りにくく、出血も少なく手術できる器械とされ、形成外科領域では眼瞼下垂など、目の周りの手術でよく使われるものだという。皮膚科ではまだあまり導入の進んでいないこの手術について、多くの患者を治療している「池袋駅前のだ皮膚科」院長の野田真史先生に聞いた。(取材日2018年11月21日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

ラジオ波メスの特徴は? どういうものに向いていますか?

縫わなくてよいため、傷は2週間ほどでふさがり、赤みも3~6ヵ月ほどで引き、痕が気になりにくいのが特徴です。出血もほとんどなく、止血も同時に行えるため、負担が少なくて済みます。適しているのは、皮膚表面や飛び出しているタイプのほくろやイボの除去。イボにはいろいろなタイプがありますが、ラジオ波メスが向いているのは、脂漏性角化症という、いわゆる加齢性のイボや、脂腺増殖症という、白色や黄色のぶつぶつや膨らんだものになります。1センチ大くらいまではほぼ問題なく取れますし、2センチほどあっても大丈夫なものもあり、診断により適用を見極めます。脂肪腫や粉瘤のような、皮膚の中のできものには向いていません。

料金の目安を教えてください。保険は適用ですか?

保険適用になるか否かは、ほくろやできものの状況によるので、ご相談ください。膨らみが大きく、見た目がたいへん気になったり、ひっかかりやすいなど生活に支障のある場合には保険適用の可能性が高いといえます。できものの診断が見た目では判断がつかず確かではない場合には、術後に病理検査に提出して診断をつけ、2週間後には結果がわかります。料金は、自費の場合は、当院では5ミリ1万円~としています。

来院時や手術後に気をつけることは?

特にありません。顔の場合、患部が診やすいようにお化粧などはせずに来院いただくことが望ましいですが、絶対ではありません。ラジオ波を扱うため、手術中はアクセサリーなど身に着けている金属類は外していただきます。表面に出ているものでなければあまり気にしなくてよいので、歯のインプラントなどの体の中に入っている金属は問題ありません。手術後も、ラジオ波メスでは出血がほぼないので、家での洗顔や入浴、シャンプーなども行えます。抗生剤の入った軟膏が処方されるのでそれを塗ったり、患部のテープの張り直しを自分でする必要はありますが、抗生剤は内服薬も出すため、感染症などのトラブルにはなりにくいです。

検診・治療START!ステップで紹介します

まず初診でカウンセリング

問診表の記入内容をもとに、症状や悩み、時期、治療歴などを確認。アスピリンなど血液をさらさらにする性質の薬を服用している場合でも、ラジオ波メスは出血が少ないので問題はないという。妊娠中であれば、万一を考えて時期を改めることが勧められる。診察の結果、オペが適していると判断されれば、その日に施術も可能。あらかじめ当日の手術を希望する場合は、午前・午後とも早めの時間帯に来院すればより確実。

麻酔の注射を行う

患部に注射による麻酔をかける。針が入るときのみチクンとするだけで、手術中は痛みを感じることはほぼないという。麻酔の針も、採血などで用いるものより細く、薬剤の容量も少ないので、痛みは少なくて済む。麻酔の効き目は1時間程度。しびれなどはほとんどないので、口元であっても飲食などに影響はないそうだ。

ラジオ波メスによる手術

患部が小さければ、麻酔も含めて5分程度で終わる。複数個のできものを取る場合も基本的には10~15分で終了。施術中、メスが当たっている部分は熱さはあるが、じりじりする程度で痛みはほぼないという。麻酔をかけてあるので、怖がる必要はない程度のものだそうだ。患部が衣服にかかる場合も脱衣はせず、その部分だけ露出すればよい。血が付かないよう、ガーゼや布をかけた状態で手術に入る。

術後の処置

浅い傷はどうしてもできてはしまうので、手術直後からその日中はテープを貼っておく。ごく浅く、小さい患部の場合は軟膏で塗りこめておくことも可能。患部のサイズにより、1センチ角未満の小さなテープなど最小限のもので済ませることは可能なので、相談を。抗生剤を併用して、自分で随時貼り直しを行う。そのほか、傷がより残りにくいよう、湿潤療法でテープを貼りっぱなしにしておくことも可能なので、そちらも相談を。

後日、患部を確認

可能であれば手術の翌日と、2週間後の2回ほど、来院して患部のチェックを受ける。手術から4~5日すれば、大抵の傷はふさがってきてしみ出しはほぼなくなっているそう。その時点でテープを貼っていたくなければ剥がして、軟膏を塗布するだけでもいいそうだ。傷の大きさと様子によるので、来院時に医師に相談しておく。

料金の目安

できもの(5ミリ)/1万円~

ドクターからのメッセージ

野田 真史院長

ラジオ波メスは皮膚表面の浅いできものにたいへん適しています。ほくろやイボなど、気になる方は一度に10個など複数取っていかれる患者さんもいらっしゃいます。当日や手術後の生活にも影響が少なく、手術自体が短い時間で終われるので、小学生のお子さんから高齢の方まで、負担少なく受けていただいています。また、ほくろやイボは加齢とともに増えていくものですので、高齢の方で顔のイボなどを気にされて取られる方も増えています。ほくろもイボも、体質によってできやすい方はおられますが、ラジオ波メスであれば同時に複数個を取ったり、時期を分けて計画的に取ったりすることにも適しています。ぜひご相談ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細