求人情報ON
ひろし歯科本通クリニック

ひろし歯科本通クリニック

藤田 寛院長

187215 %e3%81%b2%e3%82%8d%e3%81%97%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%9c%ac%e9%80%9a%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

高槻駅から徒歩約2分、駅前郵便局の目と鼻の先にある「ひろし歯科本通クリニック」。飲食店も多いにぎやかな通り沿いに2018年4月に開業した。父親の経営する歯科医院も高槻市内にあり、親子2代約40年にわたって地域歯科医療に貢献している。院長の藤田寛先生は、大学病院で非常勤講師も務める口腔外科のエキスパート。同院はアットホームなクリニックでありながら、親知らずやインプラントをはじめとする外科治療にも対応できる設備を兼ね備える。虫歯治療から口腔外科、小児歯科、審美歯科まで幅広く手がける同院は、家族全員のかかりつけ歯科医院にできそうだ。趣味は「ラーメン店巡り」で、「家族や友人とワイワイ過ごすのが好き」とも話してくれた気さくな藤田院長に、たっぷり話を聞いた。
(取材日2018年9月6日)

徹底した衛生管理で安心・安全な治療をめざす

―明るくて清潔感のある印象の院内ですね。こだわった点を教えてください。

内装は高級感よりも温かみのある空間を意識しました。歯科医院には「痛い」「怖い」というイメージがある患者さんにも、ドアを開けた時にホッとしていただけるよう天井を高くして開放感を出しました。観葉植物や明るい色のインテリアを置いたのもそのためです。もう一つこだわったのは徹底した衛生管理です。こだわりの洗浄機を導入し、治療で使う機材の滅菌をしています。機材だけでなく手袋なども患者さんごとに取り換え、使い回しはしません。大学病院並みの厳しい基準で衛生管理ができるように環境を整えています。また気持ち良く過ごしていただきたいので、衛生面で嫌だなと感じられる方も多い院内スリッパは導入せず、土足のまま診察室までお入りいただけるようにしています。

―そこまで厳しい衛生管理にこだわった背景は。

長年、大阪医科大学附属病院で口腔外科の診療に携わり、衛生管理が徹底された現場で働いてきたことが大きいですね。一般的なクリニックだとそこまでの環境が整っていないことも多いのですが、感染予防や治療の安全性のために衛生管理は非常に大切なことなのです。患者さんにとってはもちろんのこと、ここで働くスタッフの職場環境の向上にもつながります。そこはどうしても妥協したくなくて、大学病院をはじめさまざまな歯科医院の優れたところを取り入れて、自分の理想とする環境を整えてきました。

―今年4月にこの地に開院されて5ヵ月がたちましたが、いかがですか。

高槻は私にとって生まれ育った場所ですから、この場所で地域の医療に貢献できるのはうれしいですね。毎日忙しく充実しています。当院は駅から徒歩2分という恵まれた立地の反面、ビルの2階にありますので当初少し心配していましたが、予想以上にお子さま連れやお年寄りの患者さんにも多く通っていただいています。地元の方の他、通勤・通学で高槻に来られている患者さんも多いですね。虫歯治療以外も、当院のホームページをご覧になってホワイトニング治療を希望される方も増えています。また外科手術に必要な設備を整えていますから、親知らずの抜歯も多く、他院からのご紹介もいただいています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細