全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 湘南台駅
  5. サニーサイド歯科クリニック 湘南台
  6. 榎本 剛 院長

榎本 剛 院長の独自取材記事

サニーサイド歯科クリニック 湘南台

(藤沢市/湘南台駅)

最終更新日:2019/08/28

186597 %e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af %e6%b9%98%e5%8d%97%e5%8f%b0

自分が歯科治療で苦労したことから、患者につらい思いをさせない治療を提供したいと歯科医師を志したという「サニーサイド歯科クリニック湘南台」の榎本剛院長。院内も、従来の歯科医院のイメージではなく、温かくリラックスできる雰囲気を心がけた。「自分が受けたい治療、家族や友達にも安心して提供できる治療」がモットー。そのため、感染対策にも妥協せず、患者とのコミュニケーションを重視して、患者目線の歯科診療を実践するのが特徴だ。小さな子どもにも根気よく話をして本人が理解してから治療を進める。抜歯適応でも歯を残したいという人でも、本人が納得するまでとことん付き合うという。精悍な風貌と、親しみやすい笑顔が印象的な榎本院長に、クリニックや歯科診療に対する熱い思いを語ってもらった。
(取材日2018年3月15日)

子どもから高齢者まで真摯に対応する歯科医院

まず、開業までの経緯を教えてください。

1

子どもの頃、自分自身歯のことで苦労してきたので、患者さんにはそんな思いをさせたくないと歯科医師を志し、大学卒業後は、東京や神奈川の歯科医院に勤務して経験を積んできました。また出身は東京ですが、大学時代からサーフィンが好きでよく千葉や湘南に出かけていたので、海の近くが良いと10年前から藤沢に住むようになったのです。実際に住んでみると、暮らしやすくて住んでいる方々の雰囲気もとても良いので、この藤沢エリアで、自分が受けたい治療を実現したいと思うようになり開業しました。

開業の際にこだわられたことは?

まず、「サニーサイド」という名前は「日の当たるところ」という意味で、人が多く集まる、明るく温かいところになりたいという思いを込めました。立地的にも日がよく当たるんです(笑)。院内は、いわゆる"歯医者さんっぽい”イメージではなく、あまり高級過ぎず、しかし軽くなり過ぎず、ほどよくくつろげる雰囲気にしたいと考えました。診療室は個室で、1つにはキッズスペースも設け、お母さんやお父さん、ごきょうだいと同じ部屋で治療を受けられるようにしてあります。衛生管理を徹底するため、高いレベルの滅菌システムを導入し、治療器具もすべて患者さんごとに取り替えています。

開業しての感想などをお聞かせください。

2

今までとは違って、事務的なことも全部やらなくてはいけないので大変ですが、自分のこだわりを実現できるのが良いですね。滅菌システムや診療器具も、必要だと判断するものはすべて導入しています。湘南台という地域はとても過ごしやすいですが、正直まだわからないことも多いので、患者さんにぜひ教えていただきたいです。患者さんは、近くの方が多く、小さいお子さんからお年寄りまで来てくださっています。また、中には勤務医時代の患者さんが、わざわざ探して当院まで来てくださることもあり、うれしいなと思っています。

自分が受けたい治療を提供することをモットーに

こちらの診療面の特徴を教えてください。

3

一般歯科や小児歯科、口腔外科、インプラント、入れ歯など幅広く対応します。得意分野は補綴です。補綴は治療の仕方によって、5年保つのか、20年保つのか大きく差がつくんです。もちろん歯科医師の技術も大切ですが、適切な治療ができるように視野をうまく確保してくれるアシスタントの存在が大切。幸い、当院はスタッフに恵まれており大変助かっています。入れ歯に関してもとても信頼できる歯科技工士さんに恵まれ、よくフィットして修正もほぼないような入れ歯をご提供できるので、多くの患者さんに喜ばれています。また天然の歯を絶対的に守りたいと思っているので、予防にも力を入れています。それと親知らずなどの抜歯を、他院から依頼されることが多いのも特徴かもしれないですね。

診療される上で大切にされているのはどのようなところですか。

自分が受けたい治療、自分の家族や友達にも自信をもって提供できる治療を行うことです。その意味でも衛生管理、感染対策は重要だと考えているので、ハンドピースもすべて患者さんごとに滅菌しますし、使い捨てにできるものは全部使い捨てにしています。その分コストがかかるので、業者さんも心配してくれるのですが(笑)、自分も受けたい治療をと考えると手は抜けません。また最近虫歯の患者さんは減っているといわれているのですが、虫歯がごく少ない方と、放置してたくさんある方と、両極端に分かれているように思います。お口の状態が悪いと、歯科に行くのが嫌だったり、治療へのモチベーションが下がっていたりすると思いますので、とにかくよくお話をして、患者さんの治療へのモチベーションを高めていきたいと思っています。

子どもの患者さんには、どのような診療を心がけられていますか。

嫌がる子どもをうまく押さえて無理に治療すると、その場ではうまくできたとしても、その後その子が来てくれなくなるんです。そんなとき、小児科のドクターに「今の子どもはかしこいから、よく話をして理解させるのがこつ」と教えてもらいました。「虫歯があるから削るよ」というだけでは駄目で、鏡で実際に本人に虫歯を見せて、放っておくとどうなるかを具体的に話す。それを本人が理解して納得すると、治療もちゃんと受けてくれるんです。この方法でやってからは以前よりずっとうまくいっておりますね。お子さんにも安心して来ていただける歯科医院でありたいです。

患者の要望に応える歯科診療で、地域貢献を

先生のプライベートについても少しお聞かせください。

5

開業したばかりなので、今はあまり休めませんね。実はサーフィンもここ1、2年していないんです。働いている方や子育てされている方はやはり土日のほうが来やすいですから、土日も診療していますし、開業後も何かと足りないものがあり、休みの日は買い出しをしたり、勉強会に参加したりしていますね。健康面では、トレーニングして筋肉をつけていきたいと思っています。歯科医師は、けっこう無理な体勢で治療したりするので、鍛えることで体を痛める前にカバーしたいと思っています。今はなかなかできていませんが(笑)。

今後の展望についてお聞かせください。

患者さんのご要望に応える治療をめざしたいです。見た目を重視するか、おいしく食べる機能を重視するかなど、患者さんのご要望によってお勧めする治療は変わってきます。たとえ歯にひびが入っていても、ご本人がどうしても抜きたくないと言われるのならば、なんとか保たせる方法を考えたい。患者さんが納得できるまで、できる限りの対応していきたいと考えています。また補綴に関しては噛み合わせも重視しています。例えば、自費診療で良いものを入れても、噛み合わせがしっかり考えられていないと、反対側の天然歯に悪影響を及ぼすこともあるんです。ですから、素材の硬さ、噛み合わせを考えてそれぞれの良さが発揮できるように治療し、10年、20年後に後悔しない治療をめざしたい。そして「歯のことならサニーサイドに行けばなんとかなる」と思っていただけるような存在になりたいと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

とにかく皆さんの歯を大切にしたいと考えています。そんな僕の思いと「熱量」の差がない方、絶対に虫歯になりたくないという方には特に、ぜひ来ていただきたいですね。もちろん、どんな方にも誠意をもって接したいと思いますので、「ちょっと痛い」「気になる」という方にも気軽に相談していただきたいです。診療室は個室でプライバシーも守れますので、治療費や治療期間のことも、こうしたいと希望を聞かせていただければ、それに近い提案をさせていただきます。たとえ患者さんのご要望に無理がある場合も、よく話し合い、将来的に考えられることなどをよくご説明して、納得できるところで治療を受けていただきたいと考えています。歯科診療を通してこの地域のお役に立ちたい、「あの先生のところでよかった」と言われるような存在になりたいと思っていますので、何でもご相談ください。

Access