全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)

サニーサイド歯科クリニック 湘南台

サニーサイド歯科クリニック 湘南台

榎本 剛 院長
新規開院

186597 %e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af %e6%b9%98%e5%8d%97%e5%8f%b0

自分が歯科治療で苦労したことから、患者につらい思いをさせない治療を提供したいと歯科医師を志したという「サニーサイド歯科クリニック湘南台」の榎本剛院長。院内も、従来の歯科医院のイメージではなく、温かくリラックスできる雰囲気を心がけた。「自分が受けたい治療、家族や友達にも安心して提供できる治療」がモットー。そのため、感染対策にも妥協せず、患者とのコミュニケーションを重視して、患者目線の歯科診療を実践するのが特徴だ。小さな子どもにも根気よく話をして本人が理解してから治療を進める。抜歯適応でも歯を残したいという人でも、本人が納得するまでとことん付き合うという。精悍な風貌と、親しみやすい笑顔が印象的な榎本院長に、クリニックや歯科診療に対する熱い思いを語ってもらった。
(取材日2018年3月15日)

子どもから高齢者まで真摯に対応する歯科医院

―まず、開業までの経緯を教えてください。

子どもの頃、自分自身歯のことで苦労してきたので、患者さんにはそんな思いをさせたくないと歯科医師を志し、大学卒業後は、東京や神奈川の歯科医院に勤務して経験を積んできました。また出身は東京ですが、大学時代からサーフィンが好きでよく千葉や湘南に出かけていたので、海の近くが良いと10年前から藤沢に住むようになったのです。実際に住んでみると、暮らしやすくて住んでいる方々の雰囲気もとても良いので、この藤沢エリアで、自分が受けたい治療を実現したいと思うようになり開業しました。

―開業の際にこだわられたことは?

まず、「サニーサイド」という名前は「日の当たるところ」という意味で、人が多く集まる、明るく温かいところになりたいという思いを込めました。立地的にも日がよく当たるんです(笑)。院内は、いわゆる"歯医者さんっぽい”イメージではなく、あまり高級過ぎず、しかし軽くなり過ぎず、ほどよくくつろげる雰囲気にしたいと考えました。診療室は個室で、1つにはキッズスペースも設け、お母さんやお父さん、ごきょうだいと同じ部屋で治療を受けられるようにしてあります。衛生管理を徹底するため、高いレベルの滅菌システムを導入し、治療器具もすべて患者さんごとに取り替えています。

―開業しての感想などをお聞かせください。

今までとは違って、事務的なことも全部やらなくてはいけないので大変ですが、自分のこだわりを実現できるのが良いですね。滅菌システムや診療器具も、必要だと判断するものはすべて導入しています。湘南台という地域はとても過ごしやすいですが、正直まだわからないことも多いので、患者さんにぜひ教えていただきたいです。患者さんは、近くの方が多く、小さいお子さんからお年寄りまで来てくださっています。また、中には勤務医時代の患者さんが、わざわざ探して当院まで来てくださることもあり、うれしいなと思っています。



Access