全国のドクター9,337人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 高槻市
  4. 富田駅
  5. 医療法人桜寿会 整形外科リハビリテーション科 たかだクリニック 
  6. 高田 潤 院長

高田 潤 院長の独自取材記事

整形外科リハビリテーション科 たかだクリニック 

(高槻市/富田駅)

最終更新日:2020/04/01

184905

JR京都線の摂津富田駅より徒歩約3分にある「医療法人桜寿会 たかだクリニック」は、診療時間にはずらりと行列ができるクリニック。オールバリアフリーの院内は、美しい木目が印象的な明るく開放的な雰囲気。広いリハビリテーション室では、リハビリを担当するセラピストが明るく声をかけながら患者とリハビリに勤しんでいる。「僕は、整形外科だからこうしなくてはという考えは持っていません。人が得意なことが自分にもできるとは限らないし、その逆もそう。だからこそ柔軟に医療にも人にも向き合っていきたい」柔らかな笑顔でそう話す高田潤院長に、同院のこだわりや診療で心がけていることを語ってもらった。
(取材日2019年2月15日)

リハビリの専門家とともに「通いたくなるリハビリ」を

広く、とてもきれいで明るいクリニックですね。こだわった部分はありますか?

1

ありがとうございます。でも、僕がこだわったのはリハビリ室を広く取ることだけです。開院するにあたって「とにかくリハビリを充実させるんだ」という思いが大きかったので、十分なスペースで、隣の人にぶつかったり気を遣ったりすることなくリハビリが行えるように、まず広々としたスペースを確保しました。また、車いすで通う人もいるので、リハビリ室への動線をしっかり確保してもらいました。それ以外の細かい部分は、実は僕の意見はあまり入っていないんです。先に開院していた先輩方や友人などの意見を取り入れて、最後は友人の内装業者さんやデザイナーさんにお任せした感じです。僕は医師で、工事やデザインのプロフェッショナルではないですし、そこはプロに任せたほうがいい、とそうしたのですが、大正解だったと思います(笑)。

リハビリテーションにこだわろうと思ったのはなぜですか?

医師になり、さまざまな病院の整形外科で勤務経験を重ねていくうちに、手術をするほどではないが痛みに悩む外来の患者さんに、リハビリを受ける環境を提供したい、と考えることが多くなりました。また手術を受けた患者さんでも、リハビリを十分に行うことができなければ、十分な動作を取り戻すことはできないでしょう。しかし、大きい病院ではなかなかそれらの患者さんのフォローまでを行うことは難しいのが現状です。体が思うように動かないとか、体のどこかに痛みがある状態というのは、想像以上に苦痛を感じることなのです。それを何とか解消できないものかと考え、整形外科・リハビリ専門の医師である自分ももちろんのこと、リハビリに関する国家資格を有するスタッフを多数集めました。

現在のリハビリテーション科ではどのようなリハビリを行っているのですか?

2

リハビリは続けることが何よりも大切だと考えています。ですから、まずは通院したくなるようなリハビリをめざしていますね。当院では人の手によって行うリハビリと機械で行うリハビリの2種類をどちらもできるよう、リハビリを専門的に学んできたスタッフが多数在勤しています。患者さんに最大の効果を感じていただくことを心がけ、それぞれがプロとして意見を交換し、その患者さんに適した方法は何かを考え、さらに医学的な裏づけも根拠にしながらリハビリを行います。平日は19時30分まで診療を行っていますので、ぜひ気軽に足を運んでほしいです。

さまざまな方法で痛みにアプローチを

クリニックに併設されている設備でリハビリをするメリットはどんなことでしょうか?

3

一番は医療機関でリハビリを行うことができる安心感じゃないでしょうか。例えば、関節の手術をして人工関節を入れたとします。そのリハビリを行うときに、どの位置にどんな素材のものを入れたのか、現在どんな治療をしていてどんな薬を服用しているのかまで、はっきりと把握することができます。自分が患者の立場で考えると、身体に何かを入れた状態で動かしていくのは、慣れるまでは不安だし怖いのではないかと思います。そういった患者さんの不安を、和らげられるかもしれないのはメリットだと思いますね。また、実は痛みの原因が内臓疾患から来ている場合もあります。その場合、いくらリハビリをしていても意味がありません。痛みのみでなく、全身の状態を含めて診ることができるのは医療機関ならではだと思います。

東洋医学や漢方治療も取り入れられているそうですね。

西洋医学的なアプローチだけではなくならない違和感や痛みに悩む人は、決して少なくありません。エックス線やCT、MRIに何も映らないからといって、それだけで病気ではないとしてしまうのはおかしい。そんな時に東洋医学的な側面から不快な症状にアプローチすることも行っています。西洋医学の素晴らしさはもちろん学び知っていますが、それだけにこだわることなく柔軟に良いものを取り入れて、患者さんの健康に反映していけたらと考えています。例えばこむら返りには、東洋医学的なアプローチを行うことができますし、ストレッチやマッサージで症状の緩和をめざすこともできます。そんなふうに複合的に、患者さんの悩みや痛みにアプローチしていきたいです。

スポーツによるけがや不調に関してはいかがですか?

4

実は僕自身もマラソンやトライアスロンに取り組んでおり、スポーツ障害についての治療やリハビリにも力を注いでいます。スポーツに取り組む方にとってけがは大きな問題ですし、休みを余儀なくされるのは精神的にもきついことです。僕自身も、休めと言われてもじっとしていられず、焦る気持ちも経験していますのでよくわかります。しかし、だからといって無理をして競技を続けると選手生命が短くなってしまう可能性があるだけでなく、日常生活に支障をきたしてしまうような事態にもなりかねません。休める部分を休めながら動かせる部分のトレーニングをして、再発やけがをしにくい体づくりに取り組む手助けができればと思います。けがはもちろん、慢性のスポーツ疾患に悩んでいる方もぜひ相談してください。

「行って良かった」と思ってもらえる診療をめざして

いつもたくさんの患者さんがいらっしゃっていますよね。

5

ありがたいことに、小さいお子さんから100歳以上という高齢の方まで、本当に多くの方が来院してくださっています。時には長い時間患者さんをお待たせすることもあり、心苦しく思っており、改善に向け日々努力しています。せめて少しでも快適に過ごしていただければと、待合室には漫画や書籍を充実させているところなのですが、やはり一番は納得のいく診療や、リハビリの効果を感じていただくことをめざしたいですね。開院してからまだ2年弱ですが、一つ一つ丁寧に取り組み、「たかだクリニックに行って良かった」と言ってもらえるように頑張っていきたいです。

他に先生ならではのクリニックの特徴などはありますか?

大学病院にいる頃には、骨軟部腫瘍の診療・研究に従事していました。その頃の経験から、良性の腫瘍はもちろん悪性腫瘍についての経験は豊富だと思います。骨のがんというと他臓器からの転移が多いので、がんに関する知識は常にアップデートするようにしています。他の専門科がどのような検査・治療・考え方をしているのか、その過程で知識を増やしています。リウマチ性疾患に関しても専門的に学んできたため、診断・投薬治療などにも力を入れています。あとは英語での診療全般に対応ができます。日本に住んでいる外国の方で、英語対応できるクリニックが近くにないかと探していらっしゃるのであれば、ぜひ来てください。ちなみにTOEICのスコアは990です。また、特に重視しているのは、近隣の病院・先生方との連携です。適切なタイミングでの紹介、またご紹介いただいた患者さんに対するベストの対応を心がけている自信があります。

最後に、今後の展望を聞かせてください。

6

整形外科の仕事は身体の痛みを取るだけでなく、心もバランスよく癒やしていくことが大切ではないかと思います。医学的なアプローチはもちろんですが、人の手による治療も大切にして、地域の皆さんが元気に動けるように尽力していきたいですね。そのためにも、もっとリハビリの充実や、そのための仕組みづくりや介護サービス、在宅医療にも、もっともっと力を入れていきたい。人は皆それぞれのライフスタイルや価値観を持って生きています。そのスタイルに合わせた医療を提供して「相談して良かった」と、一時でもほっとしてもらえるようなクリニックに成長していきたいです。まだまだ夢は膨らむばかり。その夢をかなえるためにも、一つ一つ大切に取り組んでいきたいと思っています。

Access