全国のドクター9,257人の想いを取材
クリニック・病院 158,643件の情報を掲載(2024年4月23日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 東別院駅
  5. しんファミリー歯科
  6. 中野 真 院長

中野 真 院長の独自取材記事

しんファミリー歯科

(名古屋市中区/東別院駅)

最終更新日:2023/01/16

中野真院長 しんファミリー歯科 main

名古屋市中区千代田にあるビル2階に2015年に開業した「しんファミリー歯科」。待合室にある写真つきのスタッフ紹介は、コミュニケーションを大切にしている中野真院長のアイデアでつくられたもの。スタッフに会いに来たくなるような歯科クリニックだ。診療は、一般歯科、小児歯科のほかに、矯正治療や審美歯科にも対応し、幅広いニーズに応えている。診察室内にはキッズスペースを設置。ビル1階のインターホンを押すと、階段の昇降介助にスタッフが駆けつけるという。「家族全員の健康を見守りたい」と語る中野院長に、クリニック名に込めた思いや診療内容、患者と接する際の心がけなどについて聞いた。

(取材日2022年6月22日)

会話を重視した診療で患者の健康を包括的に見守る

ファミリー向けのクリニックにされた理由を教えてください。

中野真院長 しんファミリー歯科1

以前から「家族全員を診たい」という思いが強く、開業する前もファミリー向けのクリニックで勤務医をしていました。ファミリー歯科という名前には、「家族みんなで通ってほしい」「アットホームなクリニックにしたい」という思いが込められています。歯科は怖い場所というイメージをお持ちの方が多いですよね。そのイメージを払拭して、家族団らんのような雰囲気のクリニックにしたかったんです。実際に家族全員で通われているご家庭が多いですよ。仕事と学校が休みの土曜日に、家族4人でいらっしゃることもあります。もともとお母さんが治療で当院に通われていて、「次は子どもと夫を診てもらえませんか?」と言われることもあります。東別院駅や鶴舞駅からアクセスしやすいですが、徒歩や自転車で通われる方が多いですね。お子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層の方が受診されています。

院内にはキッズスペースがありますね。待合室や診察室でこだわられた点はありますか? 

当院では、診察台の横にキッズスペースを設けています。お母さんはお子さんがキッズスペースで遊んでいる様子を見守りながら治療を受けられますし、お子さんはお母さんの近くで待っていることができます。お母さんが治療した後に交代してお子さんが治療することもありますね。お子さんが1人で治療を受けられるようになったら、半個室の子ども向けの診察室で治療します。待合室でこだわったところは、スタッフ紹介のボードですね。私をはじめ、スタッフの顔写真とプロフィールを掲示しています。患者さんとのコミュニケーションの一環として始めました。先日、もともとクリニックの近所に住んでいて引っ越しされた患者さんが、再びこの地域に戻って来られたのですが、「また会いに来たよ」と言って当院に来てくださいました。このように、気軽に会いに来ていただけるとうれしいですね。

患者さんとのコミュニケーションを大切にされているのですね。診療の際に心がけていることは何でしょう? 

中野真院長 しんファミリー歯科2

口の中だけを診るのではなく、患者さんの全体を診るようにしています。例えば、患者さんとコミュニケーションをとる中で「血圧が高そうだな」「糖尿病の疑いがありそうだな」と気づいたら、内科の診療を勧めることがあります。私は歯科医師ですのでほかの疾患について専門的なお話はできませんが、内科の医師をしている父や小児科の医師をしている親戚からアドバイスをもらい、診療に生かしています。ほかの疾患に配慮した治療や、全身のことも気にかけられる歯科医師をめざしたいです。

患者のニーズと地域の特色を考慮した幅広い診療を実施

さまざまな症状に対応できるとお聞きしました。診療内容について教えてください。

中野真院長 しんファミリー歯科3

転勤などでこの地域に引っ越してこられる方が多いので、歯科医院を探されている方やとりあえず診てほしいという方に対応できるように、一般歯科、小児歯科をはじめ、矯正治療、審美歯科にも対応しています。最近では、感染症が心配でしばらく治療を断念されていた方が再開されるケースが増えています。こちらに引っ越してきてから、再び治療を始められる方もいらっしゃいますね。当院では、予防をメインに診療を行っています。治療後も定期的にメンテナンスに通っていただき、これ以上悪くならないようにしていただきたいですね。

矯正治療の無料相談もされているそうですね。

はい。矯正治療を担当する歯科医師が無料相談と治療をしています。普段の診療でも歯並びが悪いお子さんが増えている印象です。小児矯正のニーズが高まっていますので、今まで月1回だった無料相談の回数を月2回に増やしました。また、2022年からマウスピース型装置を用いた矯正を導入しましたので、患者さんへの負担が少ない矯正が可能です。小児矯正の場合、相談後すぐに矯正治療が始まるわけではありません。お子さんがまだ小さいうちから矯正治療のプランや費用についてご家族とお話しし、お子さんが成長してから実際に矯正治療を始めるケースがほとんどです。まずは定期的にメンテナンスに通っていただき、歯科に慣れて治療への恐怖心がなくなってから、矯正治療をスタートさせます。成人矯正にも対応していますので、大人の方もご相談ください。

子どもの頃から矯正治療をしたほうが良いのでしょうか? 

中野真院長 しんファミリー歯科4

子どもの時に始めたほうが矯正しやすいですね。顎の骨が大きくなってから矯正すると、抜歯が必要になることがあります。歯を抜かないためにも、また歯磨きしやすくして虫歯を予防するためにも、できるだけ子どもの時に矯正治療を始めることが大切です。子どもの頃に矯正治療を途中で断念し、大人になってから再び治療を始められるケースもあります。ご家族がお子さんのためを思って矯正治療をさせたいと思っていても、お子さんが嫌だと言えば治療を始められません。小児矯正の難しいところですが、お子さんの意思も尊重しながら治療をしたいですね。

気軽に相談できる家族のようなクリニックをめざす

クリニックのホームページには、歯を失った方や妊娠されている方にも通ってほしいと書かれていますね。

中野真院長 しんファミリー歯科5

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った方は、人に見られたくないという思いから治療から遠ざかってしまうことがあります。そういった方も気軽に当院にお越しいただきたいですね。歯を失ったまま放置していると、噛み合わせのバランスが悪くなり、肩凝りや顎関節症などにつながります。また、妊娠されている方は、ストレスや食生活の変化によって歯肉炎や歯周病になりやすいため、妊娠中にケアすることが大切です。出産後は育児に奮闘して、なかなか歯科を受診できない方も多いですが、ぜひお子さんと一緒に来ていただきたいですね。

お忙しいとは思いますが、お休みの日はどのように過ごされていますか? 

家族でドライブや旅行をしています。今は3人の子どもと一緒に過ごす時間が一番楽しいですね。昔はスポーツをしていました。小学生、中学生の時は剣道、大学生の時は野球です。以前は草野球やスノーボードもしていましたが、結婚して子どもが生まれてからあまり無茶できなくなりましたね(笑)。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

中野真院長 しんファミリー歯科6

今後は予防を重視しながら、より多くの患者さんを診療していきたいです。治療後に必ず定期的なメンテナンスの大切さをお話ししていますが、今後はSNSも活用して予防や歯の健康に関する情報を発信していきたいと考えています。現在はスタッフがSNSを更新し、クリニックのことなどを発信しています。このほか、小児矯正とマウスピース型装置を用いた矯正にも力を入れていきたいですね。「歯医者さんは怖い」というイメージをお持ちの方や、「勇気を振りしぼってクリニックに来ました」とおっしゃる方もいますが、怖がらずに気軽にお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・子どもの矯正(基本)/66万円
・大人の矯正/77万円~
・マウスピース型装置を用いた矯正/66万円~
・セラミックを用いた補綴治療/9万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access