みずの歯科クリニック

みずの歯科クリニック

水野 正喜院長

184668

地下鉄鶴舞線・浅間町駅より徒歩10分。「みずの歯科クリニック」は2017年5月に開院した新しい歯科医院だ。診察室には大きな窓が設けられ、ユニットに座ると庭の木々が見えてリラックスできそうだ。やわらかな語り口の水野正喜先生は歯科医師歴25年。個人開業の歯科医院に長く勤務し、子どもから高齢者まで幅広い治療経験を重ねてきた。聞けば、子どもの頃はよく歯科医院に通ったという水野先生。歯科医師を志したときの「子どもたちをはじめ歯のトラブルに悩む患者さんが喜ぶ顔を見たい」という思いを教えてくれた。治療では、健康な歯を失うことのないよう予防歯科に力を入れる。治療に対する考えから子どもの歯のケアまでじっくり聞いた。
(取材日2017年9月26日)

虫歯・歯周病を予防して、自分の歯で生活してほしい

―予防歯科に力を入れていると伺いました。

はい、これまでも幅広い世代を診てきましたが、年齢を重ねてもなるべく自分の歯で生活してほしいと思っています。もちろん虫歯になってしまった歯は治療するのですが、その後は新たな虫歯を作らないように患者さんにメンテナンスをお勧めしています。僕自身、治療していてなるべく歯を抜きたくないなと思っていて。最近は削ることにも罪悪感があるくらいで、なるべく削らない治療を心がけています。もうひとつ心がけていることがあって、それは患者さんのニーズに合った治療です。患者さんがどうしてほしいのかをよく聞いて話し合いをするようにしています。

―歯を悪くしないためのメンテナンスとしては、どれくらいの頻度で受診するのが良いですか?

半年に1度は定期検診と口腔内のクリーニングを受けていただきたいと思います。歯周病は痛みもあまりないし自覚症状が少ないのですが、それでも歯と歯茎の間に隙間ができてしまっていることはよくあります。日頃のホームケアだけで汚れを取るにはどうしても限界があって、放っておけば歯石が付き、顎の骨を吸収していってしまうのです。結果として、最終的に歯がぐらぐらになって抜けてしまいます。ですからご自身での日頃のケアに加えて歯科医院でのクリーニングを取り入れてほしいと思います。診察では、お口の中の写真を撮って見ていただいたりもしますよ。

―歯が痛いなどの自覚症状がなくても受診していいのですね。

もちろんです。まず状態をチェックしに気軽にいらしてください。どのような治療やケアが適しているかご提案しますので、ご希望をお聞かせいただければと思います。あと、ご自宅でできるケアとしてミネラルパックというものをご紹介しています。歯磨き粉のようなクリームで、歯を構成する成分でできています。歯は本来、唾液の中からカルシウムなどを吸収しているのですが、成分を歯に直接塗ることで虫歯になりにくい歯を作ることができます。わりと女性の方が興味を持たれる印象です。関心があればこういうのも取り入れていただいて、一生自分の歯で食べていってもらいたいですね。

記事更新日:2017/10/13


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細