全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 北九州市小倉南区
  4. 下曽根駅
  5. 小倉オリーブ歯科・矯正歯科
  6. 西尾 和彦 院長

西尾 和彦 院長の独自取材記事

小倉オリーブ歯科・矯正歯科

(北九州市小倉南区/下曽根駅)

最終更新日:2021/10/12

184637 top

JR日豊本線・下曽根駅から徒歩1分。ショッピングモールの一角にある「小倉オリーブ歯科・矯正歯科」は、歯ブラシにとまったフクロウとオリーブの葉が描かれた看板が目印のクリニックだ。院長の西尾和彦先生は、大学を卒業後、東京のクリニックで10年近く治療の研鑽を積み、生まれ故郷の福岡に戻って開業した。患者の口の健康を守るため、一般歯科から歯周病治療、インプラント治療、矯正、親知らず抜歯と幅広い診療に対応している。西尾院長の明るく優しい人柄もあって、クリニック内には穏やかな空気が漂う。「いつまでもおいしく食べることの幸せを味わってほしい」と語る西尾院長に、診療で大切にしていることや患者への思いなどについて話を聞いた。

(取材日2021年8月24日)

歯科医療を通して、患者の健康と幸せに貢献したい

フクロウとオリーブのイラストが印象的ですね。

1

フクロウとオリーブは、どちらも幸福を呼ぶといわれています。歯科治療を通して、ここに来てくださった皆さんの口の中の健康と幸せづくりにお役に立ちたい。そんな願いを込めて、フクロウとオリーブをクリニックのシンボルマークにし、「オリーブ歯科」という名前をつけました。お子さんだけでなく、大人の方でも歯の治療が苦手な人は少なくありません。当院ではそのような気持ちを少しでも和らげて、リラックスして治療を受けていただけるように、カフェのようなくつろぎ感のある内装にしました。院内にはキッズスペースもありますので、小さいお子さんをお連れの方でも気兼ねなくお越しいただけます。美容院やエステに行くような感覚で気軽にお口のケアに来ていただきたいですね。

開業までの経緯とこの場所を選んだ理由を教えてください。

私はもともと筑豊の出身です。埼玉県にある明海大学を卒業後、東京で勤務医として経験を積んできました。向こうに残ることも考えましたが、最終的には福岡に戻ってきたいという思いがあって、2017年に小倉の地で開業するに至りました。駅からのアクセスが良く、患者さんが通いやすい場所を探していたところ、行き着いたのがこの場所です。駅前のショッピングモール内にあり、駐車場も広いので、公共交通機関でもお車でも足を運びやすいかと思います。こちらに戻ってきて実感するのは、地元の方々の優しさ、温かさです。東京にいた時と比べて、患者さんと歯科医師との距離がより近くなったように感じます。お一人お一人のお悩みや不安に真摯に向き合い、より良い治療を提供できるよう努めています。

どのような患者さんが来られていますか?

2

おかげさまで開業以来、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方に来ていただいています。ショッピングモールの1階という立地もあってか、若い世代や30〜50代の働き盛りの方が多いですね。平日は20時まで、土日も診療しているので、仕事帰りや学校帰り、お休みの日にも来院していただけます。主訴としては、虫歯や歯周病治療から、矯正、ホワイトニング、インプラント治療までさまざまです。保険診療・自由診療問わず、幅広い治療に対応できる体制を整えています。また、矯正歯科を専門とする歯科医師も在籍しており、お子さんから成人までその方に合わせた矯正を行っています。口の中に関するお悩みがあれば、どんな小さなことでもご相談いただきたいです。

十分な説明を心がけ、患者が納得できる治療を提供

診療の際に大切にしていることはありますか?

3

関東からこちらに戻ってきて一番驚いたのが、今までどんな治療を受けてきたのかわからないという患者さんが多かったことです。知らない間に神経を取られた、銀歯をかぶせられたという方も少なくありません。もちろん説明があったのかもしれませんが、ご本人が覚えていないのが問題です。まずは、患者さんにご納得いただけるまでしっかり説明することを心がけています。その際、百聞は一見にしかずというように、言葉だけでは伝わりにくい情報もあるので、視覚的にもわかりやすくお話しすることが大切です。当院ではすべてのユニットに口腔内カメラを設置し、小さな虫歯1本削るにしても、治療前から、治療中、治療後までの写真を何枚も撮影し、どんな治療をしたのかを実際に目で見て確かめていただいています。

先生が特に力を入れている分野は何でしょうか。

歯周病治療とインプラント治療です。特に歯周病に関しては、学生時代から興味があり、卒業後も積極的に専門的なセミナーや講習会に参加してきました。そこで得た知見を生かしながら治療にあたっています。歯周病は罹患者がかなり多く、歯を失う大きな要因の一つです。力を入れる・入れないというより、常に考えなくてはならない分野だと考えています。重度の歯周病であっても、歯周組織再生療法のような高度な治療も含め、お一人お一人に合わせた治療を提供し、できるだけ歯を残すことをめざしています。不幸にして歯を残すことが難しい場合は、インプラント治療を行うことが可能です。ただ、あくまでも選択肢の一つであり、必ずしもインプラントがベストというわけではありません。いくつかの治療法を提示し、メリット・デメリットの両方を説明した上で、患者さんにご判断いただくようにしています。

歯を失わないためには予防も重要ですよね。

4

口の中の健康を維持するには、定期的なメンテナンスが欠かせません。患者さんには治療がすべて終わった時点で、これがゴールではなく、ケアのスタートラインであることをお話ししています。予防歯科においては、毎日のセルフケアと、クリニックでのプロフェッショナルケアの2つの取り組みが必要です。患者さんご自身に頑張ってもらわなければならないことも多々ありますが、ブラッシングなど正しいホームケアのやり方を丁寧にお伝えし、できる限りのサポートをしています。当院に来られたことがきっかけで、歯医者は治療するところではなく予防するところという考えが少しずつ広まってくれたらと思っています。

従来のイメージを覆す歯科クリニックをめざして

そもそも先生はなぜ歯科医師をめざされたのでしょう。

5

恥ずかしながら、自分も小さい頃から虫歯が多く、ずっと歯科医院に通っていたんですよ。よく患者さんから「先生は虫歯なんてないでしょう」と言われますが、あちこちに詰め物をしているし、神経を取った歯もある。おまけにインプラントも1本入っているんです。だから虫歯の痛さや治療のつらさは身をもって体験しました。歯がすごく痛くなった時、それを鎮めるための治療ができる歯医者さんってすごいなと思ったのがこの仕事をめざすようになった最初のきっかけです。それと、もともと手先が器用だったものですから、こういう技術職が向いているのかなと考えまして。自分のように虫歯でつらい思いをしてほしくないので、悪くなる前に来院していただきたいですね。

お子さんが「歯科医院嫌い」にならないためにどんな工夫をされていますか?

子どもさんの場合は、一度嫌になってしまうと次の診療がかなり難しくなってきます。大人でも、小さい頃に押さえつけられて治療され、トラウマになっているという方も少なくありません。それが歯科医院から足が遠のく原因になってしまいます。当院ではよほどの緊急性がない限り、いきなり治療に入るのではなく、ここの雰囲気に慣れてもらうことから始めます。治療機器を見せたり、触らせたりして、怖くないところだと少しずつわかってもらう方針です。治療ができたら大げさなくらい褒めて、本人の自立心を育むようにしています。時間はかかるかもしれませんが、お子さんの気持ちを尊重にして、無理せず一歩ずつ進んでいくことを大切にしています。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

近年、歯科医療の進歩には目覚ましいものがあります。時代に取り残されないよう、常に新しい技術や知識を学び続ける姿勢を忘れたくないですね。ただ、新しいからといって何でも飛びつくのではなく、良いものだけを吟味して取り入れ、患者さんに還元していきたいと考えています。一般的に歯の治療は「痛い」「怖い」という印象を持たれがちです。当院ではそういったイメージを少しでも払拭するべく、痛みを最小限に抑えた治療に努め、歯科医院が苦手な方でも安心して通える環境を整えています。虫歯の治療からインプラント治療までオールマイティーな歯科医療を高い水準で提供することをめざしているので、何かあればお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/16万5000円~、矯正/小児:33万円~、大人:66万円~、ホワイトニング/7700円~、歯周組織再生療法/5万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access