全国のドクター9,523人の想いを取材
クリニック・病院 160,463件の情報を掲載(2022年10月08日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市東灘区
  4. 住吉駅
  5. なさ歯科医院
  6. 口腔の健康を維持する予防歯科セラミックの詰め物も活用

口腔の健康を維持する予防歯科
セラミックの詰め物も活用

なさ歯科医院

(神戸市東灘区/住吉駅)

最終更新日:2022/09/20

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

虫歯や歯周病の発症や再発を防ぐために、予防歯科の必要性や重要性が指摘されるようになって久しい。ただ、わが国では「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」であった時代が長く、特に成人では、予防を目的とした定期的な受診が十分には普及していないだろう。「なさ歯科医院」の奈佐浩史院長は、「歯は消耗品であり、また1回虫歯になると再発しやすいので、予防歯科で虫歯や歯周病がない状態をなるべく長く維持してほしい」と語る。そこで今回は、歯科医院へ通って歯や口腔のメンテナンスを受ける意味、さらに、見た目でのメリットが語られることの多い自由診療が予防の面でも有用な場合があることを、具体的に解説してもらった。

(取材日2021年11月10日)

消耗品である歯を長く快適に使い続け、全身の健康を維持するために、定期的なメンテナンスが必要

Qまず、歯や口腔の健康がなぜ重要であるのか教えてください。
A
1

▲「噛める」「食べられる」ということは重要である

「噛める」「食べられる」ということは、人間にとって非常に重要です。歯や歯茎に何らかの不調があり、十分に噛み砕けていない食べ物を飲み込むと、胃への負担から全身的な病気を招くこともあります。また、寝たきりで介護を受けている高齢患者さんを診ていると、入れ歯を使ってでも噛んで食事をしている人のほうが、歯がない人より意思疎通ができるように感じます。最近では「オーラルフレイル」も注目されています。口腔が衰えて食べこぼしたり、飲み込む力が弱まりむせることが増えると、人前で食事がしづらくなって外出が減り、社会的にも身体的にも弱ってしまうのですね。口腔や嚥下の衰えは全身の衰えにもつながるのです。

Q長期的なメンテナンスにはどのようなメリットがありますか?
A
2

▲虫歯や歯周病の早期発見と早期治療が大事

虫歯や歯周病の早期発見と早期治療が、主なメリットです。実は、1回治療した虫歯は再発しやすい。これまでは削った部分に金属の詰め物を入れることが多かったのですが、金属は熱による伸び縮みが大きく、飲食を繰り返すうちに歯との隙間が広がって接着剤が溶け、細菌が入りやすくなります。虫歯は、厳密には「治療」ではなく「修復」しているだけなのです。このため、再治療を繰り返したり神経を取ったりすると、歯は割れやすくなりますし根っこの病気にもなりやすい。だから、メンテナンスで虫歯や歯周病がない状態を維持し、磨き残しなどのリスクが見つかれば、その都度修正していくことが大事になります。

Qこちらでの、予防歯科の内容について教えてください。
A
3

▲歯のケアの専門家である、歯科衛生士によってクリーニングを実施

虫歯や歯周病で治療を受けた方には、3ヵ月ごとに歯石を取りにきてもらうようお勧めしています。受診時にはお口の中をチェックし、歯石や磨き残しなどの有無を確認した上で、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)、歯科衛生士によるクリーニングを実施します。磨き残しがあれば、その部分を写真なども使いながらお知らせして、歯ブラシの使い方やフロスや歯間ブラシなど他の道具の使用も含め、ご自宅でのケアの方法をレクチャーします。なお、メンテナンスは主に歯科衛生士が担当しますが、歯科衛生士は歯のケアの専門家ですので、安心して施術を受けていただくことができると思います。

Q子どもへの予防歯科は、どのような方針で行っていますか?
A
4

▲子どもは歯医者に慣れさせておくことが大事である

お子さんは、歯が生え始めたら定期的な受診を始めることをお勧めしています。これは、予防ということもありますが、将来、歯科医院が苦手にならないようにするためでもあります。ですから、お子さんの予防歯科では無理は絶対にしません。診察室で歯磨きができなければ、ご自宅で磨いてきてもらって、チェックだけすることもあります。保護者の方には、歯磨き自体が嫌いにならないようなケアをお願いしています。また、虫歯になりやすい食事の取り方、つまり寝る前に食べないとかだらだら食べないといったようなことをお願いしています。虫歯の予防では、何を食べるかよりも、時間を決めて食べることが、より重要だと考えています。

Q予防効果を高めることにつながるような自由診療はありますか。
A
5

▲セラミックやホワイトニングの相談にも応じている

伸び縮みに関しては、セラミックが歯に近いといわれており、接着部分に負荷がかかりにくいですね。また、以前は石膏から型を採って詰め物を作りましたが、今はブロックのセラミックから直接詰め物を削り出せますので、サイズの誤差が少なく、適合性が高いので虫歯になりにくいと考えています。自由診療では他にもさまざまな素材が使えますので、費用、性質、見た目、強度などさまざまなメリットデメリットを説明して、患者さんのご希望をお伺いしています。それから例えば前歯を1本だけ白いかぶせ物で治療したような場合には、周囲の歯と色に差が出ることがあり、気にされる方はホワイトニングのご相談をいただければと思います。

ドクターからのメッセージ

奈佐 浩史院長

虫歯は「修復」だとお話ししましたが、当院では削り方などに工夫をこらし、保険診療内でも再発の少ない質の高い虫歯治療をめざしています。ただ、新たな虫歯や歯周病を防ぐ上でも、定期的なメンテナンスは必要です。当院では、どのような目的でどんなケアをしているのか、画像なども使って具体的に説明します。3ヵ月に1回の通院は面倒かもしれませんが、虫歯や歯周病が気づかないうちに進行して大がかりな治療が必要になれば、痛みを伴いますし、時間や費用も相当にかかります。虫歯や歯周病は「痛みがない=健康」ではありません。消耗品である歯の健康を守るために、異常が起こる前から定期的なメンテナンスを気軽に受けてほしいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オールセラミックスインレー/5万5000円程度

Access