全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 蒲郡市
  4. 蒲郡駅
  5. 杉本歯科クリニック
  6. 杉本 渉 院長

杉本 渉 院長の独自取材記事

杉本歯科クリニック

(蒲郡市/蒲郡駅)

最終更新日:2020/04/01

183481

JR東海道本線・蒲郡駅を出るとすぐ目の前に見える「杉本歯科クリニック」は、2017年6月に開業したばかり。訪れる患者の年齢層は、40代から50代を中心に、最近増えてきたマンションに住む子どもとその母親、そして高齢者までと幅広い。「完全予約制なのですが、初診の方の約半分は飛び込みですね」と笑う、院長の杉本渉先生。口では困っていると言いながらも、どこかうれしそうだ。生まれ育った街で弟と一緒に開業するという夢をかなえた今、地域住民の役に立てているという実感があるからだろう。笑顔を絶やさず、言葉を選びながらひたむきに語る姿勢から、患者やスタッフが大きな信頼を寄せているだろうことが想像できる。そんな杉本院長に、たっぷりと話を聞いた。
(取材日2017年8月24日)

生まれ育った街の人々に貢献したい

先生はこの地域のご出身だそうですね。

1

はい、生まれも育ちも蒲郡市です。開業するなら地元で弟と一緒にやる、と決めていました。地域密着で、地域の人々に貢献できるようなクリニックにしたいという気持ちは、大学に入学する当初から持っていましたね。街の雰囲気は、私が子どもの頃とは少しずつ変わってきています。私は駅の南側、つまり海側で育ったのですが、昔は人がそれほど住んでいなかったんです。今もそう大勢は住んでいませんが、最近は海沿いに新しい家が建ちはじめ、大きなマンションやお店も増えて、住みやすくなってきているのかなと思います。

開院したばかりとのことですが、コンセプトは?

この地域の雰囲気になじむような建物で、無機質な冷たい感じにはしたくなかったので、壁に丸みを持たせるなど優しいイメージにしました。とはいえ、まったく歯科医院らしい雰囲気を感じさせないのも嫌だったんですね。ガチガチな医療機関ではなく、カフェや美容室のような雰囲気にするのも違うと思っていたので、その中間ぐらいのところに着地したという感じです。特にこだわったのは、特別室を設けたことでしょうか。現在は初診の方のために利用していますが、今後はインプラントなどの口腔外科的な治療をする時にも使用する予定です。外からの視線を遮断できるので患者さんのプライバシーを守ることができますし、私自身も治療に集中できますからね。

特徴的な設備について教えてください。

2

麻酔の際に感じる痛みを軽減できるように、電動の注射器を使っています。針が細いうえに、押し込んでいくときの圧力をコンピューターで計りながら調整できる機器です。また、一時期、歯を削る機器であるタービンを使い回している歯科医院があるとメディアで話題になりましたが、当クリニックは、患者さん一人ひとりに、消毒・滅菌済みの新しい機器を使える環境を整えています。タービンを多数ストックしてありますし、タービンをはじめとする、使用頻度の高い小さな器具を短時間で迅速に滅菌できる機械を入れています。高血圧などの持病がある方に対して体に負荷のかかる処置をする前には、必ず血圧や酸素量を量りますので、そういった機器もありますね。また、発作を起こした方に酸素を吸入できるように、人工呼吸器も備えています。

矯正なしでも噛み合わせを調整できる

先生は噛み合わせを専門としていらっしゃいますね。噛み合わせが悪いことのデメリットは何でしょう?

3

例えば、歯がしみるという自覚症状がある方の場合、虫歯が原因の方もいらっしゃいますが、虫歯はないのに歯がしみるなら、噛み合わせの影響が出ていることが多いですね。知覚過敏用の歯磨き粉が市販されているので、そういったものを使っていただいてもいいのですが、これは表面的な対処法でしかないんです。また、噛み合わせがずれていると、体に良くないですね。体がそれに順応してしまっていて、食事をする分には違和感を覚える人が少ないのですが、姿勢が崩れたり、肩がこる、という可能性がありますね。最近では、噛み合わせが認知症にもつながると言われていて、脳の働きにも影響することがわかっています。

矯正をしなくても噛み合わせを直せるものでしょうか?

噛み合わせが大きくずれる原因には、生まれつき歯の位置がずれているというケースと、虫歯の治療でかぶせ物をしているうちに噛み合わせがずれてしまった、という人為的なケースがあるんですね。噛み合わせの調整には歯を動かす方法ももちろんありますが、もともとの歯の位置を動かすことができないならば、かぶせ物をして、歯を元どおりに近い形に直す方法をとります。当クリニックでは矯正を扱っていない代わりに、治療したけれど調子が悪いという方の再治療に関して、適正な噛み合わせと歯の形をつくるという治療方針を立てています。患者さんには、このタイミングでできる治療として選択肢がいくつかある中でどれが最善か、ということをお話をさせていただいています。

本人は自覚がないのに噛み合わせがずれていることもありますか?

4

人間って、最初は違和感を覚えていても、だんだんと慣れてしまうんですよね。慣れるというのは体が無理して合わせてしまっているということですから、ご自身で判断するのは難しいでしょう。症状として自覚できるのはもっと先のことでしょうが、そうなってからは遅いんです。症状として表れる前に予防の意味で噛み合わせを意識すれば、将来、体に問題が起こりにくいのではないかと思います。患者さんの中で、肩がこるとか、体調が悪いと感じていらっしゃる方には、もしかしたら噛み合わせが原因かもしれないとお話しすることもあります。体調不良の原因が必ずしも歯からきているとは言えませんが、その可能性は考えられますので、気になっていることがある方は一度、ご相談していただけたらと思います。

健康への意識を口の中にも向けてほしい

審美についてはどのようにお考えですか?

5

もともとの歯の色をより白く見せるホワイトニングが患者さんにとっての審美だとしたら、それをやれる環境は整えていますが、どちらかというとかぶせ物などをメインでやっていきたいと考えています。もともと治療を施してある方の場合、義歯やかぶせ物自体が壊れかけていたり、色が変わっていたりすることが多いので、きれいな歯をつくってあげたいですね。審美だけを追求するのではなく、「機能を兼ね備えた審美」をめざしています。私は、機能と審美は一致する、機能を良くすれば自然ときれいになる、と考えているんです。言ってみれば、きれいなのは当たり前ですよね。治療をしている中で、機能を高めれば結果的に審美につながることを実感しています。

スタッフの皆さんと仲が良さそうですね。

いつも言いたいことを言える環境づくりを心がけていますね。仕事についてスタッフから提案してもらうことも多いですし、時にはみんなで一緒に飲みに行きます。ランチはいつも一緒にとって、ごはんを食べながらいろいろなことを話しています。そして時には、歯科技工士である弟が私たちの緩衝剤になってくれているんです。技工士が常駐してくれていることで、技工物に関する要望を直接伝えられ、技工物に患者さんや私の思いをしっかり生かすことができます。それだけでも十分ありがたいのですが、スタッフと私との橋渡しもしてくれて。どれだけフレンドリーな関係とはいえ、言いにくいこともあると思います。そんな時はスタッフがまず弟に話して、彼が私に伝えてきます。身内なのではっきりと言ってくれることが、ありがたいですね。そのような環境を整えることで、意思疎通が良くなり、患者さんの情報共有も円滑に進み、より良い治療へと結びつくと思います。

読者へのメッセージをお願いします。

6

太く長く生きていく、健康寿命を延ばしていくうえで、歯科の果たす役割は大きいと考えています。口の中にも自覚症状を伴わない病気がありますので、診せていただかないことには発見できません。また、今は問題がなくても将来的には歯の状態が悪くなっていきそうだという場合も、診せていただかないとわからないんですね。皆さん、口の中に関しては、命に関わる部位ではないからと後回しにしてしまいがちですが、必ずしもそうではありません。健康への意識を、口の中にも少しだけ向けていただけたらうれしいです。悪くなる前の予防の意味で、検査のためだけにでも来院していただけたらと思います。その際には、ぜひ当クリニックを利用いただけるとうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング/2万5000円、オフィスホワイトニング/2万円、インプラント治療/35〜40万円

Access