全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,990件の情報を掲載(2020年11月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 恵比寿駅
  5. 医療法人社団尽歯会 前田歯科医院
  6. 前田 敬 院長

前田 敬 院長の独自取材記事

前田歯科医院

(渋谷区/恵比寿駅)

最終更新日:2020/11/10

18175 top

恵比寿駅西口から徒歩3分と通いやすい地の利を持つ「前田歯科医院」は、高級スーパーやドラッグストアの立ち並ぶ、にぎわいある通りのビル2階にある。幼い頃から、不動前で歯科医院を開業していた母の姿を見て育ったという院長の前田敬(まえだ・たかし)先生は、持ち前の明るさと正直さで、患者からもスタッフからもとても慕われている様子がうかがえる。その診療への独特なこだわりや、患者に対する思いなどたっぷりと話を聞いた。
(取材日2020年6月19日)

子どもから高齢者まで安心して頼れる歯科医院に

先生は歯科医師の家系だそうですね。

20200706 1

母は私が生まれる前から、目黒の不動前で歯科医院を営んでおりました。物腰やわらかに患者さんに接していたのが印象に残っています。診療自体も、私が歯学部を卒業してからの10年余り、一緒に行いましたので、昔ながらの歯科治療の良い点などをじかに学ばせてもらいました。母は入れ歯の治療・管理を得意としており、老人ホームにご入居の方々の入れ歯の調整に伺ったりもしていました。そこに同行して学んだことは、私自身、今も診療に役立っています。恵比寿のこの辺りは、基本的にはお勤めの若い患者さんが多く、歯科診療もそうした若い方向けでやられている先生が多いのですが、古くからの住人で高齢の方も実は多いのです。その方たちには、入れ歯の調整などの対応をし、とても喜んでいただいていますね。

そうすると、患者さんはどのような方が多いのですか?

たいへん幅広いです。高齢の方もいれば、小さなお子さんもいらっしゃいます。妊婦さんのための歯科検診をきっかけに通院を始められるのですが、当院はお子さん連れも歓迎しているので通いやすいようですね。スタッフがお子さんと接するのに慣れていますし、私も遊ぶのが大好き。シリンジを水鉄砲のように使って見せると小さな子もリラックスしてくれます。そんなふうにしながら、歯科医院は怖いところじゃないし、楽しい場所だとわかってもらえればうれしいです。また、恵比寿駅でいえば、埼京線の開通以来、埼玉方面や、さらに湘南方面ともアクセスが良くなったので、例えばこの辺りで仕事を終えられてから当院を受診して、帰宅の途に着くという患者さんも増えました。そのほか、転勤で引っ越されてからも、当院の治療を懐かしんで飛行機や新幹線で来院され、ある程度まとめて治療をお受けになる方もいらっしゃいます。

歯科医院が多く競争の激しい恵比寿で、長年診療してこられたのですね。

2

当院は1996年8月8日に開業いたしました。恵比寿は歯科の激戦区で、新しいビルができるとたいてい歯科クリニックがあるような具合です。それでも、長年当院に通ってくださる方は多く、紹介もしていただいて、今に至っています。定期的なメンテナンスも含め、通い続けることが歯科では大事だと思いますので、このようにいろんな方が通ってくださるのは本当にありがたいです。特にメンテナンスは、予防の観点から患者さんにも重視していただきたいので、3人の歯科衛生士が担当制で、自身の受け持つ患者さんのお口の健康をしっかりお守りしています。頻度としては、その方のお口の状態や管理のされ方などにより、3ヵ月か6ヵ月に一度とお願いしています。当院の患者さんは皆さんよく通い続けてくださるので、それもありがたいことですね。

「歯科は怖くない」と思ってもらえるよう隅々まで配慮

患者に愛される歯科医院となる秘訣は何でしょうか?

20200701 3

痛い、つらい治療のイメージを持たれたくなくて、開業からずっと「歯医者さんは怖いですか?」とホームページなどで問いかけています。その心は、「私自身がされて嫌なことは患者さんにもしない。」ということ。実は私自身がとても怖がりなんです。注射が苦手で、献血して気を失ったことがあるほど(笑)。そんな私でも、恐怖心や不安を抱かずに済むような治療を、というのが当院の基準です。ですから、麻酔の注射も痛みを感じにくいように工夫して行いますし、削らないレーザー治療も開業当時から導入しています。そうした気遣いや思いやりといったものが、喜んでいただけているのではないでしょうか。

患者さんとのコミュニケーションで、心がけていることはありますか?

治療に入る前に、しっかり丁寧に説明をすることですね。これから行う治療がどういうものか、何のためにやるものかをご理解いただき、患者さんが納得されていることがとても大事だと考えています。その心の準備ができる前に器具を持つことはありません。そうしたことも、基本にあるのは「つらくない、怖くないように治療を行うため」なのです。同様に、治療前には緊張されないよう、4台あるユニットの前にはどれも、大画面のモニターを置いてあり、海などの環境ビデオを流しています。時には私自身が撮影した映像も流したりと、とにかく患者さんにはリラックスしていただきたいんですね。ですから治療器具も、使う時まではあまり患者さんの視野に入らないよう、配慮しています。

スタッフの方たちも、先生と同じく優しそうな雰囲気ですね。

20200701 4

長年一緒にやっていて、まるでファミリーみたいなスタッフたちです。10年、15年、20年勤続の人までいるのは、ちょっと誇らしいですね(笑)。気心が知れているので、あうんの呼吸というか、私が診療で次に何をするかなど、いちいち言葉にしなくても皆、察してスタンバイしてくれます。そのおかげもあってスムーズに診療を進められるので、それも患者さんから喜ばれているポイントなのかもしれません。

趣味を生かした「手作り」の院内で、患者に安心を

歯科医師になられた経緯を教えていただけますか?

5

お話ししたとおり、母が歯科医院を営んでいましたが、実は母方の曽祖父も歯科医師でした。白金で開業し、戦後から畑の野菜と交換で入れ歯を作ったものだと聞いています。そうした、患者さんを大事に思う診療姿勢というのはとても良いなと思っていたのですが、私自身は学生時代には音楽に夢中でバンド活動などに熱くなっていたんです。しかし、楽譜を読まずに天性の感覚でやっていたため、これを仕事にするのは難しいと思うようになりました。また進路指導で理系に移ったこともあり、家族の勧めもあって歯学部に進学したのです。ただ、やってみると歯科の学びは面白く、治療を終えた患者さんが笑顔になるのも非常にうれしく感じたんですね。結局、性分に合っていたということでしょう。

恵比寿で開業されたのは、なぜですか?

母の歯科医院は兄が引き継いでおり、自然と私は他の場所で開業する感じになりました。ちょうど恵比寿に良いビルが建つと聞き、飲食店などが並ぶ雰囲気の良いところで気に入り、ここでの開業を決めました。また、私は楽器の関係でビンテージのシンセサイザーの修理など行っていたからか、ちょっとした配線やDIYが大好きなんです。ですから、この歯科医院も壁紙貼りから床下の配線まで自分でやりました。楽しかったですね! ユニット間のパーティションも手作りで、透明プラスチックのケース内に、直径5センチほどの穴が並ぶマットを仕込んでいますが、その穴のところに1センチくらいの、ジオラマに使う人形を入れてあるんです。パッと見では気づきにくいけれど、それに気づくと患者さんは大喜びしてくれますね(笑)。そんな遊び心が喜ばれるのも、恵比寿という街の醸す雰囲気でしょうか。

多趣味のようですが、休日はどう過ごされていますか?

20200701 6

千葉の九十九里海岸に休みの日には楽器を持ってよく行っています。海岸を歩くのが好きで、貝殻を拾ってDIYに生かしたりすることも。また、旅をすれば、きれいな海の映像を撮ってきて自分で編集し、ユニット前で流すのに使ったりもしています。楽器のほうも続けていて、仲良くなった患者さんから、半ば仕事のようにライブ演奏を頼まれることもあります。われながら本当に多趣味ですが、そのどれかをきっかけに患者さんと話が弾むこともありますので、まあ良しとしましょう(笑)。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

とにかく患者さんには、治療に不安を感じずに、笑顔で帰っていただくことが一番だと思っています。あと、当院では、従来から感染症対策には力を入れており、患者さんへのお願い事などもスタッフがわかりやすく掲示をするなどしていますので、その点も安心して来院いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/60万円~、インプラント/28万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/60万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access