林歯科医院

林 努院長

181254

大阪の中心部である梅田駅から徒歩約10分、幹線道路沿いに建つビルの2階に入っている「林歯科医院」。歯科医師になった当初から梅田など都心部での開業をめざしていたという林努院長は、一般の歯科治療や小児歯科の治療が安心して受けられることを診療のモットーにしている。さらにインプラント治療や矯正も手がけ、幅広く診療を行ってくれる。また、総合病院のERで医師とともに救急搬送された患者の治療にあたった経験から、歯や口腔内のことだけでなく体全体の状態を考えた治療にもこだわりがあり、歯科のジェネラリストでありたいと考えているそうだ。治療に訪れる患者はもちろん、相談だけで来院する人も歓迎しているという林努院長に話を聞いた。
(取材日2017年5月29日)

一般の歯科から矯正、小児歯科など幅広く診療

―歯科医師をめざされたきっかけは何だったのでしょうか。

進路を考える高校生の時、農学部でバイオテクノロジーについて学んだり、芸大で工業デザインの勉強をしたりすることにも関心はあったのですが、最終的に歯学部に進学しました。そして、最終学年の6年生になった時、いよいよ歯科医師になるのだということが現実味を帯びてきました。「なんとなく学生生活を送ってきたが、本当にこれでいいのか、すごい責任を持たなければならない」と思いました。人の体を直接触る仕事なので、修練が必要です。国家試験を通ったからと言って、すぐにできる仕事ではありません。そこで、いよいよ本気になって、先のことについて考えたのです。その後は、一般の歯科から矯正などマルチに活躍できる歯科医師になりたいと思い、小児歯科を皮切りに計画的に実践を積んでいきました。

―小児歯科のほかには、どのような経験を積まれたのでしょうか。

大学を卒業後、小児歯科講座に在籍し、小児歯科について約4年間みっちり勉強しました。成人歯科を学ぶ前に、小児歯科で経験を積んだほうがいいと知り合いに言われたからです。小児歯科と成人の歯の治療は重なる部分もあるのですが、小児の場合、成長の段階のことも考えて治療しないといけません。成人の歯科治療の延長のような感じで虫歯を取り除いて、詰め物をして終われるわけではないのです。小児歯科の経験を積んだのち、矯正歯科やオッセオインテグレーション・インプラント・センターにてインプラント治療も経験しました。さらに、京都の総合病院である音羽病院の口腔外科でも勤務したのですが、こちらでは、外来患者だけではなく、ERに担ぎ込まれた方や入院している方の歯の治療をすることもありました。ERの中では医師だけが治療をするのではなく、時には歯科医師も治療に関わることがあります。

―こちらのクリニックには、連携病院があると伺いました。

京都の音羽病院で救急や入院等の患者を治療した経験から、当院で治療ができる場合と、医師の管理のもとで治療しなければいけない場合とを判断し適切な状態で患者の歯科治療を進める力がつきました。そのため、当院では患者の状態を適切に判断し、ご紹介が必要な患者は、連携病院の大阪府済生会中津病院や大学病院、その他の医療機関に速やかにご紹介しております。大阪府済生会中津病院は総合病院ですが、歯科口腔外科があるので、ご紹介がスムーズに行えます。たとえば、何か持病をお持ちの患者でも、体のケアをしながら歯を抜いてもらうことができます。体の管理をするために点滴をしながら歯科治療をしないといけないケースや、歯科には常備していない医療機器が必要なケースなど、特殊な治療が必要な方も、安心して治療を受けていただけます。時には私自身が紹介病院に出向き一緒に治療をする形もとっています。

記事更新日:2017/09/06


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細