全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月18日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 長久手市
  4. 長久手古戦場駅
  5. おちデンタルクリニック長久手
  6. 越知 正貴 院長、瀧田 紘嗣 副院長

越知 正貴 院長、瀧田 紘嗣 副院長の独自取材記事

おちデンタルクリニック長久手

(長久手市/長久手古戦場駅)

最終更新日:2019/08/28

179873

長久手古戦場駅と直結するショッピングモールの1階にある「おちデンタルクリニック長久手」。開院して半年と新しく、診察室は白を基調にした高い天井で開放感がある。越知正貴院長と瀧田紘嗣副院長は大学時代からの友人同士。患者が口にしない悩みをくみ取る越知院長と、コミュニケーションをとって悩みを引き出す瀧田副院長、真逆のスタイルの2人がタッグを組んで日々診療を行っている。総勢4人の歯科医師が在籍してチーム医療を構築していることから、標榜科目が多いのもクリニックの特徴だ。「できないことをなくしたい。そうすることで患者さんの負担も少なくなる」と越知院長は話す。互いに刺激し、成長し合える関係だと言う2人に、さまざまな話を聞いた。
(取材日2017年6月16日)

お互いに刺激し合い、成長し合える関係

開業の理由、そして地域の方の印象について教えてください。

1

【越知院長】ショッピングモールがオープンすることになり、それに伴って開院のお話をいただきました。この辺りはファミリーが多いですし、患者さんが見込める場所だと思ったので、開院することを決めました。
【瀧田副院長】院長とは大学時代からの付き合いで、開業にあたって「一緒にやろう」と声をかけてもらいました。勤務医ではなく、副院長としてオープンから携われるのは貴重な経験ですし、何より院長と一緒にやれることがうれしかったですね。
【越知院長】ショッピングモール内なので、少し離れた地域から来られている患者さんもいますが、以前勤めていた場所と比べ、口の中がきれいな状態の方が多い印象があります。実際健康の意識が高い方が多く、こちら側で丁寧に説明すると、しっかり理解してくれますね。

お二人が歯科医師になられたきっかけは何ですか?

【越知院長】歯科医師ではないのですが、父親が医療関係の仕事をしており、話をよく聞いていたこともあって、自然と医療の道に進んでいましたね。その当時から、どのような分野でもいいので、世の人たちの健康に携われるような仕事に就きたいと思っていました。
【瀧田副院長】私の場合は父親が歯科医師で、中学校を卒業した頃から、家族の雰囲気で歯科医師にならざるを得ないと感じていました。今はこの仕事を選んで良かったと思いますが、当時はモチベーションが低かったです(笑)。昔から話すことが大好きだったので、患者さんともよく話はしますね。
【越知院長】副院長は本当にコミュニケーション能力が高く、患者さんがつい本音をこぼしているのをよく聞きますね。私にはないものを持っているので、お互いに刺激をし合って成長していければと思っています。

歯科医師ならではの口の中の健康法はありますか?

4

【越知院長】歯科医師になってからは、当たり前ですけど食事をしたらしっかりと歯を磨くことですね。実は徹底できている人は意外に少ないんですよ。
【瀧田副院長】私も歯磨きが大好きで、今は二刀流でやっていますね。側面を磨く歯ブラシと噛む面を磨く歯ブラシの2本を使っています。この2本の違いは形状で、側面を磨くほうがやわらかいものです。2本使うことが本当に効果的なのかは、実証実験を行ったわけではないので何とも言えませんが、心地よいのは確かです。歯ブラシ以外もデンタルフロスを併用して使うのも良いと思いますよ。

患者が潜在的に気にする部分に気付くことが大事

診療の際に心がけていることはありますか?

3

【越知院長】基本的に歯科はあまり行きたい場所ではないので、極力通院に対してのストレス軽減を心がけています。私自身も痛いのは嫌ですし、待つのもストレスを感じますから、気持ちもよくわかります。「今日はこういう治療をします」としっかり伝えてから治療を行い、患者さんに把握してもらうことも大事だと思っています。
【瀧田副院長】コミュニケーションをとるのが好きなので、たくさんの情報を伝えたい一心で治療を行っています。そうすることで、患者さんの知識も増えると思うんです。細かいですけど、「ここの歯が汚れています」と逐一指摘し、だんだん汚れがなくなると私もうれしいですし、継続して行うときれいになるものなんですよ。歯科に来ないとそういうこともわからないので、1つでも多く貴重な情報を言えたら、大げさではなくてその人の人生を変えられるんじゃないかと思っています。

開業されて半年。印象的な患者さんはいましたか?

【越知院長】審美的な悩みを抱えている患者さんがいまして、一度私のほうから「気になりませんか?」と聞いたことがあるんです。すると、「見た目的に気になっているけど、前の歯科医院では何もしてくれなかった」と言われたんです。その後、きれいに治療したのですが、「会話の中で笑えるようになった」とすごく喜んでもらえました。そのときに信頼関係をしっかり築けたので、現在も患者さんには積極的に提案するようにしています。患者さんが口にしていなくても潜在的に気になっているところはあるので、それに気づいてあげるのも歯科医師の役目だと思うんです。患者さんの立場に立って、「こういうことが気になるのではないか?」ということをくみ取ってあげたいとは常に思っていますね。

予防についてはどうお考えですか?

2

【越知院長】予防は、患者さんにどれだけ意識を持ってもらうかが大事だと思います。そのためには、歯に興味を持ってもらい、自分でもケアできるようになるかを伝えていかなければいけません。痛みがあるときはしっかり通ってくれるのですが、痛みがないとだんだん意識が薄れていくので、定期的に通ってくれる患者さんを増やすことはクリニックの課題です。個人差はありますが、自分でしっかりケアできる人でも、半年に一度くらいは検診に来てほしいですね。そして、その人に合った期間をこちらで設定してあげることも必要だと思います。開業して半年ですが、定期的に通ってくれる患者さんもいますし、私たちが言ったことが伝わっていると感じられるのはうれしいですね。

多様な疾患に対応するためのチーム医療を実現

歯科衛生士の存在はどのようにとらえていますか?

5

【瀧田副院長】最初は、「この患者さんはこのように対処してください」とお願いはしますが、徐々に衛生士に任せることになります。特に検診や予防歯科は衛生士メインなので、すごく大事なポジションだと思いますね。
【越知院長】衛生士は、立場的に患者さんにより近い立場というか、やはり歯科医師には話しづらい悩みを持つ患者さんもいるじゃないですか。そういうことをくみ取り、患者さんとしっかりコミュニケーションをとってくれています。そこでぽろっと出た本音を私たちに伝えてくれて良い方向に進むこともあります。予防になると患者さんは定期的に通うことになるので、衛生士の存在が本当に大きくなりますね。

そんな歯科衛生士も含め、チーム医療に取り組んでいると聞きました。

【越知院長】健康の意識が高まってきてはいますが、お口の中がまったく問題ないという方はそんなにいないと思うんです。なので、どんな疾患があっても、基本的に当院ではできないことをなくしたいというのが大前提であります。そうなると、私たちだけでは手に負えないことも出てくるので、専門的な知識を持った歯科医師の力が必要になります。いろいろな歯科医師と連携してチーム医療を行うことで、患者さんの負担も少なくなると思います。紹介状を書いて他で治療をお願いすることもなくなりますからね。そして、治療が完了したら患者さんの意識も変わって、予防を始めてもらう形が理想です。そのためにも私が総合的に診断し、診療方針をしっかり決めることが、安心していただけるクリニックにつながると思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

【越知院長】ショッピングモールにありますし、きっかけとして入りやすい場所だと思うので、周囲の地域の方たちに認知をしてもらい、治療と予防をしていければと思います。
【瀧田副院長】患者さんに「買い物のついでに来た」とよく言われます。それだけのメリットだと思いますし、土日もやっていますから、ご家族で買い物に来て「ここに歯科医院なんてあったんだ」というような感じで、気軽に来てほしいですね。待ち時間に買い物をしたり、時間を有効活用することもできると思います。
【越知院長】後は、私たちが期待に応えられるように頑張るだけですね。

Access