杉田ファミリークリニック

杉田ファミリークリニック

遠藤雅直院長

頼れるドクター

先進のMRIを用いて行う
早期発見に向けた認知症検査

杉田ファミリークリニック

保険診療

Main 3

時間や場所を正しく認識できなくなるなど、日常生活に支障を来しかねない認知症。高齢者はもちろんだが、若い世代にも無関係ではないため、気になる場合は専門機関できちんと検査を受けることが大切といえる。とはいえ、「どんなクリニックに行けばいいのかわからない」「どんな検査をするのか不安」という人も多いはず。「杉田ファミリークリニック」では、先進のMRI機器を完備し、丁寧な問診や診察を通じて、認知症の早期発見に努めているという。「中には自覚症状のない方や、周りから見ると至って普通の方もいます。だからこそ、定期的に検査を受けて、予防や早期発見に努めてほしい」と語る遠藤雅直院長に、検査の流れやクリニック選びのポイントなどについて話を聞いた。(取材日2017年12月6日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

認知症とはどんな病気ですか? 物忘れとは違うのですか?

認知症は認知機能の障害により生活に困難が生じる症状や状態の総称で、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症の4種類があります。現れる症状はそれぞれ異なり、時間や場所などを正確に把握できなくなる見当識障害、過去の出来事を忘れる記憶障害、そこにないものが見える幻視などさまざまです。また、物忘れも認知症の症状の一つです。中には加齢が原因の場合もありますが、体験自体の記憶がないなど日常生活に支障を来すような場合は、認知症が原因の可能性が高いといえるでしょう。

どんな症状や年齢の人が検査を受けるべきですか?

見当識障害や記憶障害、幻視、物忘れ、手足のしびれ、道によく迷うなどの症状があれば検査を受けましょう。本人に自覚がないことも多いため、ご家族が注意して様子を見るようにしましょう。認知症というと高齢者のイメージがあると思いますが、40歳以上の方は、自覚症状がなくても一度検査を受けることをお勧めします。また、脳卒中などの脳血管疾患が原因になることも。脳血管疾患は遺伝によって引き起こされる場合もあるので、ご家族に認知症を発症した方がいたら、20~30代でも検査を受けると良いでしょう。

検査を受けるクリニック選びのポイントを教えてください。

脳の状態をより鮮明に映し出せる先進のMRIがあること、そして、検査結果を適切に診断できる経験豊富な医師がいることが、大きなポイントだと思います。加えて、スタッフも認知症とその検査についての知識が深いと、検査時や前後のフォローアップがしっかりとなされると思いますから、患者さんとご家族の安心につながるのではないでしょうか。また、より高度な検査が必要な場合に備えて基幹病院との連携体制が整っていることも重要ですね。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診で現在の症状をチェック

物忘れなど、患者が気になっている症状について、医師による細かなヒアリングが行われる。本人が自覚していない症状が隠れていそうな場合は家族が同席し、普段の様子について気になるところはないかなど、確認がなされる場合もある。

脳機能が正常かをテストする

医師が認知症の有無や種類を見極める上で必要な情報をそろえるため、空間把握能力や言語能力、記憶力などを確認する専用のテストを解く。この結果は、例えばアルツハイマー型認知症の患者は、記憶力に関する問題の正答率が低い傾向にあるなど、診断時の参考となる。

MRIで脳の状態を調べる

脳の形や血管の状態を確かめるため、診療放射線技師の指示のもと、MRIによる画像診断検査を受ける。MRIは検査中にさまざまな音がするのが特徴で、検査には20分程度かかる。そのため、騒音や閉所に抵抗がある場合は、同院では患者の同意を得た上で抗不安剤を使用している。

医師の診察を受ける

問診や脳機能テストの結果と、MRI検査による画像所見をもとに、医師が認知症の有無や種類、程度などを鑑別する。その上で診察が行われ、最終的な診断がなされる。より高度な検査が必要な場合は、専門の医療機関が紹介される。

診断結果と治療内容の説明

診断結果と、治療が必要な場合はその内容も併せて説明を受ける。治療には薬物療法のほか、リハビリテーションなどの非薬物療法もあり、症状や患者の希望に合わせて治療法を選択する。その際、医師からは薬の副作用や効果的な運動などについても、丁寧に説明がなされる。

ドクターからのメッセージ

遠藤 雅直院長

認知症の検査というと、「どんなことをするの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、当院では大学病院レベルの精度を追求しつつ、患者さんの不安や負担への配慮を徹底して検査を行っています。中でもMRIは苦手意識がある方でも受けやすいよう、ご本人の希望に合わせて検査室の照明の色を変えたり、好きな音楽を流したりできる機器を導入しています。「思ったより楽に受けられた」という声もいただけているので、物忘れが気になる方はぜひ一度いらしてください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細