全国のドクター8,761人の想いを取材
クリニック・病院 161,545件の情報を掲載(2019年12月16日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 町田市
  4. 淵野辺駅
  5. こもれび歯科
  6. 小橋 敦彦 院長

小橋 敦彦 院長の独自取材記事

こもれび歯科

(町田市/淵野辺駅)

最終更新日:2019/11/29

Bana

東京都町田市にある大型複合商業施設の2階で、虫歯や歯周病の治療から小児歯科、インプラント治療、入れ歯、矯正治療、審美歯科まで、口の中の病気や悩みに対してオールラウンドな診療をめざして取り組んでいるのが、「こもれび歯科」だ。白を基調とした清潔感のある院内が印象的な同院の院長を務める小橋敦彦先生は、「痛みが少ない、怖くない治療」と「患者との対話」を大切にしながら「総合的な歯科治療」を実践することで、地域の人々が健康で豊かな人生を送るサポートをすることをめざしている。「自分の歯で末永く生活するには、悪くなってから治療するより、悪くなる前に予防することが大切です」と人懐っこい笑顔で話す小橋院長に、クリニックのことや地域の歯科診療にかける思いなどを聞いた。
(取材日2019年11月5日)

口の中の病気や症状、悩みに幅広く対応する

クリニックを紹介していただけますか?

1

虫歯や根っこの治療といった歯科一般から、小児歯科、歯周病治療、矯正治療、インプラント治療や入れ歯、審美歯科、親知らずの抜歯まで、口の中の病気や症状にオールラウンドな対応を心がけることで総合的な歯科診療を提供すると同時に、予防歯科により長期的に歯の健康を守るサポートをすることをめざしています。当院の特徴として挙げられるのは、歯科衛生士が7人とたくさんいますのでメンテナンスがしっかりとできることや、患者さんの要望に対して幅広く対応できること。ショッピングセンターの広い駐車場が使えるため、雨の日でも地下の駐車場から濡れずに来ることができる。休診日なしで平日の夜20時までと土日祝日も診療していますので、平日お仕事で忙しい方でも通院がしやすいことなどです。2016年4月の開業以来、たくさんの患者さんに来ていただいて本当に感謝しています。

どのような患者が、多いのでしょうか?

場所柄、車で来る方や近隣にお住まいの方が歩いてこられることが多いですね。ショッピングモールの中にあるので、買い物ついでの方やファミリーで来られる方も多いのですが、それ以外にも小さなお子さんからお年寄りの方まで、幅広い方々に来ていただいています。患者さんの訴えは、歯が痛いという方に加えて、クリーニングやメンテナンスを希望する方やホワイトニングなど審美的なことが目的の方など、本当にいろいろですね。中には口の中の状態が良くない人も少なくありませんので、治療だけでなくメンテナンスの大切さもしっかりと伝えていくことで、状態を良くしていきたいなと考えています。

力を入れていることは、何ですか?

20191120 2

まずは予防、メンテナンスですね。先ほども言いましたが歯科衛生士の人数もいますし、当院で定期的にクリーニングを受けてもらうことや、歯磨き指導も大人、子ども問わずにしっかりと時間を取って行うなど、力を入れて取り組んでいます。悪くなるよりも、悪くならないようにしていくことが大事ですし、虫歯で痛いのを治療して、痛くなくなるのが歯医者みたいなイメージを持っている方が多いと思いますが、実際に歯が痛い時には、すでに虫歯は結構進んでいて、神経を取らなくてはいけない場合も少なくありません。そして、神経を取れば確かに痛みは感じられなくなりますが、それは、歯が割れやすくなったり、元の状態よりは悪い状態になっているのです。ですから、痛みのない人でも何かあるかもしれないと定期検診に来ていただいて、初期の段階で虫歯を見つけて対処しておくのは、自分の歯と一生付き合っていくためにも、とても大切なことだと考えています。

子どものうちに、歯を大切にする習慣をつけるのが大切

ほかに力を入れている分野は、ありますか?

3

小児歯科も力を入れていおり、実際にたくさんのお子さんに来ていただいています。子どもの場合は特に、できるだけ安心、リラックスしてもらって、治療が受けられない子どもでも、どうすれば受けてもらえるようになるのかを考えています。ですから、いきなり治療に入るのではなく、こんな器具を使って、こんなことをするんだよと説明をしながら治療を受ける練習をしたり、ご褒美のカプセルトイを用意したり、歯科用のVRヘッドセットを用意したり、定期的なイベントをしたりしています。早い時期から歯を大切にするという良い習慣をつけてもらえると、一生、口の中を良い状態で過ごせる可能性も高くなると思うので、子どもの頃って大切な時期だと思うんです。それに、大人になってからでも習慣を変えることはできますが、早い時期から身につけていたほうが、悪くなって治療をしてから習慣づけるのよりも良いのではないかと考えています。

診療の際に心がけていることは何ですか?

患者さんにとって良いことをしていくことですね。そのために、コミュニケーションはとても大切にしています。自分がお店に行ったときもそうですけど、一見さんお断りみたいにされるのは気分が良くないですから、できるだけ気さくな感じで接することができるよう心がけています。また、治療に入る前には要望をしっかりと聞いて、説明やカウンセリングを行って、選択肢をすべて提示して、希望に合った治療を行うようにしていますし、痛みの少ない治療を心がけて、注射をする前に塗布麻酔を行ったり、電動の注射器を使ったりするなどの工夫をしています。そして、やむを得ず歯を削らなければならない場合も、できるだけ削る量を少なくして、歯にダメージを与えないよう気をつけています。残念ながら歯を残せなかった場合には、インプラントと入れ歯、ブリッジなどの選択肢の中から、その患者さんに一番適した治療方法を提供できるよう心がけています。

スタッフの皆さんも仲が良さそうですね。

4

そうですね。仕事も本当に頑張ってくれていると思っていますし、みんな仲が良いですね。そんなに意識的にしているわけではないのですが、雰囲気がギスギスしていると、やはり患者さんにも伝わってしまいます。患者さんに少しでもリラックスしていただくには、こちら側がリラックスしていることも大切だと思っています。私自身、スタッフとも気さくな感じで接するようにしていますし、何かがあっても頭ごなしに怒ったり、患者さんの前で注意をしたりするようなことはせずに、別のところでしっかりと話をするようにしています。当院では常時、スタッフを募集していますが、患者さんの立場に立って考えることができるような人と、一緒に仕事がしたいですね。

地域の人々が健康で豊かな人生を送るサポートをしたい

先生は、なぜ歯科医師を志したのですか?

5

実は、高校生の頃は理系志望だったものの、歯科医師になりたいと思っていたわけではなく、将来の目標もはっきりとは決まっていなかったんです。ただ、親戚に医療関係者が多くいて、「手に職をつけて、資格を取ったほうが良いのではないか」と勧められたこともあって、それで北海道大学の歯学部に進学したんです。歯学部を卒業後は、こちらに戻ってきて一般の歯科医院に勤務して、経験を積んでから当院を開業しました。医師も良いかなと思っていた時期もあったのですが、これまで15年弱、歯科医師として患者さんと接してきて、すごくやりがいを感じていますし、歯科医師を選んで本当に良かったなと思っています。

どのようにリフレッシュしていますか?

今は、2歳の息子がいますので、もっぱら子どもと遊んでいます。自宅の近くの公園に行くことが多いですね。あとは、昔から温泉に行くのが好きで、少し前までは多摩境にあった温泉施設によく行っていたのですが、それが少し前に閉店してしまったのが、ちょっと残念です(笑)。でも、もうすぐ子どもがもう一人生まれますし、しばらくは子どもと遊ぶのがリフレッシュになりそうですね。

最後にメッセージをお願いします。

6

まず、最近は患者さんも増えて、お待たせすることが多くなってしまっているのを、すごく申し訳ないと思っています。そして、自分の歯で食事や会話を楽しめるということは人生を豊かに送る上でとても重要ですから、そのためには、悪いところがあるのならしっかりと治して、健康なお口を維持していただくのが一番良いと思います。当院では、口の中の病気や症状にオールマイティーに対応し、生涯にわたりご自分の歯を使っていただけるような歯科診療の提供をめざしていますし、歯科治療を通じて地域の皆さんが健康で豊かな人生を送れるようサポートをしたいと考えています。お口のことで痛みや悩み、お困りのことがあれば、どなたさまでも気軽に相談に来ていただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円~、矯正/3万円~、審美歯科(セラミックインレーなど)/3万円~、ホワイトニング/4万円~

Access