全国のドクター8,983人の想いを取材
クリニック・病院 160,874件の情報を掲載(2021年8月02日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市阿倍野区
  4. 天王寺駅
  5. 医療法人明星会 松川デンタルオフィス
  6. 自分の歯を守るために精密な治療でめざす再発を防ぐ根管治療

自分の歯を守るために
精密な治療でめざす再発を防ぐ根管治療

松川デンタルオフィス

(大阪市阿倍野区/天王寺駅)

最終更新日:2021/03/22

3 main 3 main
  • 自由診療

歯科医院で治療中「もう抜くしかありません」と言われた時、「そうですか」と抜歯を即決できる人はそう多くはないだろう。それが、何度も治療に通い、再発を繰り返している歯であればなおさらだ。「再発をしないためには、より精密な治療を行うことが必須です。逆に言えば、精密な治療を行うことが再発を防ぎ、自分の歯を守ることにつながります。だから僕は、歯科治療の基本的なことに本気で取り組んでいます」と話すのは、「松川デンタルオフィス」の松川裕樹理事長。マイクロスコープや歯科用CTをはじめとした設備のもと、歯科治療に並々ならぬ情熱を注ぐ松川理事長に、精密な治療の重要性や治療の実際について聞いた。(取材日2018年10月11日)

治療を可視化して、基本に忠実な治療を突き詰める。精密な治療によって、再発しない口腔環境をめざす

Qマイクロスコープを使用するメリットを教えてください。
A
1

▲治療を可視化し精密な治療を心がけている松川院長

マイクロスコープの最大のメリットは、治療を可視化できるということです。そのため、肉眼に比べてより精密な治療を行うことができます。これまで、肉眼で見えない部分の治療に関しては、経験や勘に頼らざるを得ませんでした。つまり推測で治療が行われているんです。そのため治療の成果にばらつきが出てしまい、その結果再発を繰り返すことになる場合が少なくありません。もしも体の手術の時、勘で行われたら怖いと思いませんか? 僕は歯科も同じだと考えているので、視野を確保して精密な診察をし、余計な部分を傷つけることなく治療が行えるように、マイクロスコープを導入しています。

Q根管治療について教えてください。
A
2

▲約20倍に拡大できる歯科用マイクロスコープ

根管治療とは、一言で言うと歯の根っこの治療です。虫歯などを原因に、歯の中の神経にまで細菌が入ってしまうと痛みや腫れを引き起こします。そこで、歯の中心を通る1mm以下の非常に細い管から細菌を取り除き、管の中で炎症が起こらないように処置します。一つ言えるのは、根管治療が不完全だと何度治療しても必ず再発するということです。いくら歯科医院に通っても痛みや腫れを繰り返すのは、この治療がうまくいっていない場合がほとんど。いい加減な根管治療を行うと何度も削ることになり、歯の根っこは炎症を起こしたまま歯肉をも蝕むことになり、いずれは歯を失ってしまうことにつながります。

Q根管治療はどのように治療を行うのでしょうか。
A
3 main

▲マイクロスコープを使用した治療風景

当院ではマイクロスコープとラバーダムを使用した治療を行います。根管は肉眼で確認しながら治療することが難しい部分ですので、細部を確認しながら治療をするためにマイクロスコープの使用は重要です。さらに、ラバーダムの使用をすることで治療中に口の中の細菌が新たに入り込むのを防ぎます。実は口の中には細菌がたくさんいます。僕にとってラバーダムを使用しない根管治療は、衛生状態を確認せず手術を行うようなもので、とても怖いことだと考えているのです。質のよい根管治療を受けたいと考えるのならば、ラバーダムを使用している歯科医院で受けてほしいですね。

Qインプラント治療について教えてください。
A
4

▲インプラント治療の前に口腔環境を整える治療を実施

インプラント治療を行う前に必ずしなくてはいけないことは、歯を失うことになった原因を徹底的に改善することです。それをせずしてインプラントを入れても、最終的にインプラントの歯も失うことになりかねません。そのため、当院ではまず歯周病治療や虫歯治療を徹底的に行い、口腔環境を整えた上でインプラントの手術を行います。来院されてすぐにインプラントをお勧めしたり、手術をするということはありえません。僕は、手術を行うのに最善の時が来るまで、きちんとした準備を行うことを怠ってはいけないと考えています。自分の患者さんとは一生お付き合いするつもりで治療していますので、術後の経過まで考えた上で治療計画を立てています。

Q矯正治療について教えてください。
A
5

▲精密な検査のもと、矯正治療を実施

矯正治療に関しては、見た目の美しさだけにとらわれないことが重要ですね。きちんと歯が並んでいても、機能的におかしなところが生じてしまったら、その矯正治療は失敗だと僕は考えています。そのため、その人の骨格や噛み合わせに至るまで総合的に判断してから治療を行います。そしてもちろん、矯正治療を行う前に口腔環境を改善することから始めます。治療中は器具を使用しますし、虫歯や歯周病になるようではせっかくの治療も台無しだと思います。歯を抜かないとか、工夫された器具での治療ばかりがもてはやされていますが、そうではなく、審美的にも機能的にも良い結果をもたらすための矯正治療を行いたいと考えています。

ドクターからのメッセージ

松川 裕樹理事長

当クリニックは「当たり前のことを精密に行う」ことで、本気で自分の歯を守りたいと考える患者さんを助けるためのクリニックです。そのため、すべての治療は長期的な視点のもとに行い、不確かな治療は行いません。「さまざまなクリニックに足を運んだけれど、満足な治療結果を得ることができなかった」「歯を抜くしか方法がないと言われたが抜きたくない」など、今までの歯科治療に不満や不安をお持ちの方、また、自分の口腔内に興味を持ち、より良い口腔を作ることでより健康的に毎日を過ごしたいと考える皆さまを歓迎いたします。僕たちと一緒に、いくつになっても「今ある自分の歯が全て残っている」状態をめざしていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント/43万2000円~、矯正治療/75万6000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access