恵比寿デンタルクリニック東京

恵比寿デンタルクリニック東京

藤井 毅 院長

174814 df 1 main 1440066890

2015年7月、JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩0分、恵比寿らしいおしゃれなオフィスビルの1階に、高級感あふれる雰囲気が漂う「恵比寿デンタルクリニック東京」が開院した。豪華な内装でありながら、受付スタッフのアットホームな応対は、まるで高級ホテルを思わせる。開院にあたって、「夢のクリニックを作りたかった」と語る藤井毅院長がこだわったのは、高い技術と高性能な医療機器、そして居心地の良さ。長年の経験に加えて、診療や病院経営の忙しい合間をぬって、国内外の学会や研修会に積極的に参加するなど、知識や技術の研鑽にも余念がない藤井院長に、開院にかける情熱や意気込みを伺った。
(取材日2015年8月10日)

治療と、居心地の良い空間で訪れた人を癒やす

―高級感あふれる院内ですね。

はい。恵比寿は、おしゃれな街、人気がある場所として有名ですし、住んでいる人や勤めに来ている人たちも裕福な方たちが多いので、その場所にふさわしいクリニックを作らなくてはと思いました。院内の雰囲気は、外資系のホテルをイメージして、デザイナーに頼んでデサインしてもらいました。高級感を出したのは、もちろん、患者さんにリラックスしてもらえるようにです。治療で患者さんを癒やすのは、クリニックとして当然のことですが、治療を待っている患者さんもリラックスできるようにと考えています。このクリニックに来た患者さんが、居心地の良いホテルに帰ってきたような気持ちになれば良いなと思っています。

―なぜ恵比寿を選んだのですか?

僕は、歯科医師になってもう十数年が経ちます。これまでには、海外で勉強をしたり、日本でもトップクラスの先生が開催している研修会に参加するなど、自の知識や技術の向上に、積極的に取り組んできました。僕は、横浜方面に6つの歯科クリニックを持つ医療法人の代表理事をしていて、そのうちの4件でも診療をしていたのですが、若い先生のフォローというか、そういう仕事が多くなってしまっていたのです。それで、もっと自分が積極的に診療できる場所が欲しいと思って、新しくクリニックを開院しようと決めました。恵比寿という場所を選んだのは、患者さんの求めるものが高いのではと考えたからです。患者さんの求めるものが高いと、医師としてはそれに応えるために、さらに研鑽をしなくては満足してもらえません。それを追い求めることで、自分の治療レベルもさらにあげることができると考えています。

―この地域の患者さんの印象はありますか?

当然、いろいろな人がいるのですが、患者さんの歯に対する意識が高いと感じています。例えば主訴も、歯が痛いとか、詰め物がとれてしまったという患者さんも、もちろんいるのですが、そんな中で多いのが、クリーニングやホワイトニングの希望です。つまり、それだけ歯のメンテナンスに熱心な人が多いということで、求められている治療レベルも高いと感じています。現在の歯科は、ただ治療をするだけでなはく、それ以外でも高いサービスが求められるのが当たり前になっていますので、その辺りにも、しっかりと対応しなくてはなりません。しかし、医師自身に求められているのは、やはり技術だと思います。歯科医は、僕は職人だと思っていますので、アメリカに行ったり、いろいろな研修会に参加するなどして、技術を磨いています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細