全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月04日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市博多区
  4. 博多駅
  5. 博多ひのきクリニック
  6. 渡航前の予防接種・健康診断トラベルクリニックの上手なかかり方

渡航前の予防接種・健康診断
トラベルクリニックの上手なかかり方

博多ひのきクリニック

(福岡市博多区/博多駅)

最終更新日:2023/05/10

博多ひのきクリニック 渡航前の予防接種・健康診断 トラベルクリニックの上手なかかり方 博多ひのきクリニック 渡航前の予防接種・健康診断 トラベルクリニックの上手なかかり方
  • 保険診療
  • 自由診療

海外への赴任や留学が決まったら、出発までにやることがたくさんあるが、忘れてはいけないのが予防接種。日本とは衛生環境や感染症の流行状況が異なり、注意すべき疾患も多い。例えば狂犬病は日本国内では発生していないが、世界では毎年数万人が亡くなっているという。さらに、海外で病気になると、言語や医療レベル、費用の問題もあり、望む治療が受けられないリスクもある。アジアの玄関口である福岡市にある「博多ひのきクリニック」は、トラベルクリニックとして、海外に渡航する人への診療に力を入れている。「ワクチンで予防が望める病気は、接種して防いでほしい」と話す檜友也院長に、渡航前のワクチン接種において気をつけたいことや、同院で行っている渡航者への診療について話を聞いた。

(取材日2023年4月18日)

ワクチン接種や健康診断をワンストップで対応。渡航前から渡航後まで患者の安心と健康をサポート

Qこちらでは渡航者を専門とする診療に力を入れているそうですね。
A
博多ひのきクリニック 院長は日本語のみならず、中国語や英語での診療も可能だ

▲院長は日本語のみならず、中国語や英語での診療も可能だ

当院で力を入れている診療の一つが、渡航に関する診療を行うトラベルクリニックです。海外勤務や留学予定の方へのワクチン接種に加え、渡航前後の健康診断、英文での診断書作成、母子手帳の英訳、渡航先で薬が必要な方への処方などを行っています。海外で病気になると、言語や医療レベル、費用などの問題で、十分な治療を受けられない可能性があります。また、重篤になったり後遺症が出たりする感染症も数多くあります。破傷風など、定期接種が行われているものでも安心はできません。ワクチンによる免疫は年数がたつにつれ下がっていくため、定期接種後も10年に1度接種を行いたいですね。ワクチンで予防が望める病気は防いでいきましょう。

Q貴院のトラベルクリニックの特徴を教えてください。
A
博多ひのきクリニック ワクチンを打つことで自身と周りの人の健康を守ることにつながる

▲ワクチンを打つことで自身と周りの人の健康を守ることにつながる

当院には健診部門もあり、渡航に必要なワクチン接種と健康診断を同日に行えます。渡航前の貴重な時間を、効率良く使うことができるのではないでしょうか。より詳細に健康状態を把握するための人間ドックも行っており、2回目のワクチン接種時に、健康診断や人間ドックの結果説明も受けるというスケジュールも可能です。また、土日も開院しており、仕事や学校を休むことなく受診できます。ご家族皆さまで海外へ渡航されるケースも多いと思います。博多駅から徒歩5分とアクセスも良好ですので、ぜひご家族で来院ください。食事や動物との接触、蚊への対策など、知識があれば防ぐことが望める病気もありますので、渡航先の情報提供も行っています。

Q渡航前の予防接種はどのようなものがありますか?
A
博多ひのきクリニック 渡航医学という分野に精通している院長

▲渡航医学という分野に精通している院長

A型肝炎やB型肝炎、新型コロナウイルス感染症、インフルエンザなどのほか、希少なワクチンも多種そろえており、大学病院などから紹介されて来院する方も多くいらっしゃいます。摂取することで抗体が長く維持されることが期待できたり、あるいは接種回数が少なくて済むことがあるワクチンもあります。必要なワクチンは、渡航先や滞在期間、現地での活動内容によって変わります。診察時に患者さんとお話しした上で、現地で感染が考えられる病気の重症度と発生率を勘案し、どのワクチンを何本接種するのか決定していきます。

Q渡航前に予防接種を受ける際の注意点を教えてください。
A
博多ひのきクリニック 各種検査・検診に対応できるよう、設備は充実

▲各種検査・検診に対応できるよう、設備は充実

遅くとも、渡航の1ヵ月前までにはご来院ください。複数本のワクチン接種が必要な場合がほとんどで、接種を完了するのに1ヵ月はかかるためです。体調不良でワクチン接種ができない期間や、副作用が出る場合があることも考えると、渡航が決まりましたら早めの受診をお勧めします。それから、大事なのは母子手帳など、ワクチンの接種履歴がわかるものを持参していただくことです。母子手帳があれば、子どもの頃からの接種状況を詳細に把握できます。不要なワクチン接種を減らせるので、接種にかかる費用や副作用の出現を軽減できるでしょう。接種履歴がわからないと、予防接種をしていないと判断せざるを得ませんので、ご注意ください。

Q渡航前以外の診療にも力を入れているそうですね。
A
博多ひのきクリニック 男性特有の症状や悩みに対応する外来にも対応

▲男性特有の症状や悩みに対応する外来にも対応

当院では、渡航中のお問い合わせや、帰国後の健康管理にも対応しております。不安なことがあればお気軽にご相談ください。もし、帰国先が福岡でない場合は、お近くのトラベルクリニックをご紹介しております。また、渡航以外の方に対しても、小児の定期接種や人間ドック、企業で義務づけられている健康診断も行っております。場所柄、当院はビジネスマンのご利用が多いクリニックです。風邪や胃腸炎など体調不良時の診療や、男性型脱毛症やEDなどの男性の悩みに対するオンライン診療など、地域の皆さまの日常を支える診療も行っております。

ドクターからのメッセージ

檜 友也院長

当院は、渡航に向けた予防接種も健康診断も同日にできる、小回りの利くトラベルクリニックです。一人ひとりにしっかりと時間を取るためにも、渡航者専用の外来は完全予約制で行っております。渡航が決まりましたら、ぜひお早めにご相談ください。渡航先の安全に関する情報提供や、渡航中または渡航後の健康管理にも対応しております。ご自身の健康を守り、滞在期間を有意義に過ごすために、そして、日本国内に感染症を持ち込まないためにも予防接種は重要です。渡航先によっては義務づけられているワクチンもありますので、漏れがないよう接種しましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

人間ドック/2万6000円~、AGA治療/4000円~、ED治療/800円~

Access