全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港南区
  4. 上大岡駅
  5. 医療法人社団白浩会 エス歯科クリニック 港南インプラントセンター
  6. 白井 崇浩 院長

白井 崇浩 院長の独自取材記事

エス歯科クリニック 港南インプラントセンター

(横浜市港南区/上大岡駅)

最終更新日:2019/08/28

172363 %e3%82%a8%e3%82%b9%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af %e6%b8%af%e5%8d%97%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

京急線上大岡駅が目の前の「医療法人社団白浩会 エス歯科クリニック 港南インプラントセンター」。広々とした院内には歯科ユニット10台、歯科用顕微鏡3台、従来のオペ室に加えて第二オペ室も備える。充実した環境で行うインプラント治療や、歯科用顕微鏡による検査・治療がクチコミで広まり、開院3年足らずで院内を拡張したという実績を持つ。白井崇浩院長は新しい技術にも着目して専門的な治療を実践すると同時に、患者に適切な医療を提供するための総合的な診断にも力を注ぐ。「すべては患者さんに最適な医療を提供する手段の一つ。大切なのはなるべくご本人の歯を残せるよう、口の中全体の健康を維持することなんです」と語る。そんな白井院長に、県外からも多くの患者が足を運ぶ同院の魅力について聞いた。
(取材日2018年1月15日)

悪くなった根本原因から治すのが最善という考え方

まずはこちらのクリニックの特色を教えてください。

1

当院のポリシーは「患者さんのことを本当に考えた診療」です。インプラント治療や歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使った検査や治療も得意ですが、それらは選択肢の一つに過ぎません。また痛みや不具合を抱えて受診された患者さんに対し、何も聞かずにその部分だけを治療して、数年たったらまた同じように悪くなって……といった繰り返しになるのは、患者さんのご負担が増えるだけです。本当に患者さんのことを考えるなら、まず悪くなった根本原因を探り、それらも含めた総合的な治療も検討していただくのが本来の道筋だと思うのです。もちろん治療に入るのは、治療の必要性、メリットとデメリットなどを十分にご理解いただいてから。そこまでの治療は必要ないという方には、ご相談をしながらその方の考えに適した治療計画を決めていきます。

根本原因を探る治療とは、具体的にどのような治療ですか?

例えば虫歯にしても、不適切なブラッシングのせいなのか、歯並びが悪くて汚れを取りにくいのかなど、さまざまな原因が考えられます。1本の歯といっても隣の歯や噛み合う歯、歯並びや口の形などと複雑に関連していますから、常に口の中全体を考えた診断と治療が重要なのです。一方で根本原因から治療したことで、抜歯をせずに済む例もあります。歯の根の部分から膿が出ているような症例は一般的に抜歯と診断されますが、歯の内部をきれいに掃除して膿の原因を取り除き、薬を詰める根管治療を徹底すると歯を残すことも可能です。このようなケースに適しているのが顕微鏡を使った治療で、当院ではさまざまな検査や治療に活用しています。

開院してから3年ほどで院内を拡張されたそうですね。

2

当院は2014年に開院して院内もまだきれいなのですが、患者さんの数が増えたことへの対応と新たな設備を導入するため、院内を大幅に拡張しました。顕微鏡が3台に増えて、私以外の歯科医師も常時顕微鏡を使った診療が可能になりました。インプラント治療など、高度な外科処置のため専用オペ室を設けたことも大きなポイントです。一般の歯科治療と切り離し、しっかりした衛生管理のもとで安全性に配慮して外科処置が実現できるようになりました。以前にあったオペ室より各段に広く、医科用の大きな手術ライトも備えているため、数人の歯科医師やスタッフが自在に動き回って治療に専念できるのです。オペ室には2台のモニターを設置し、顕微鏡の動画とCTやレントゲンの写真を並べて表示するなど、精度の高い治療のための環境を整えています。

インプラント治療や顕微鏡治療など専門的な診療を実践

先生はもともとインプラント治療がご専門と聞きました。

3

私が大学を卒業した2001年当時、欧米ではインプラントがすでに科学的根拠に基づいた治療と評価されていました。そうした治療なら日本の患者さんにとっても有益と考え、自らの専門分野に選んだのです。国内ではインプラント治療で知られるクリニックで13年以上診療経験を積み、並行してニューヨーク大学の卒後研修プログラムをはじめ国内外で専門的・実践的な教育プログラムを修了しました。現在も治療のレベルアップのために学ぶ姿勢を忘れず、ガイデッドサージェリーなどの新しい技術も取り入れています。ガイデッドサージェリーはCTで撮影した画像をもとに、インプラントの挿入位置をあらかじめ診断できるシステムです。治療精度が上がるのはもちろん、オペ時間が短縮できるので外科的な侵襲が少なくできるというメリットもあります。

先生のインプラント治療を行う上でのポリシーをお聞かせください。

インプラント治療は非常に優れた治療法ですが、やはり天然歯には劣ります。このため患者さんにとって最も有益なのは、なるべく長くご本人の歯を残すことです。インプラント治療が必要になるまでにあと数年と診断できれば、その間はご自分の歯をなるべく使えるよう治療やメンテナンスを続けましょう、というのが当院のやり方。本当は残せる歯を抜いてインプラントにしたいと相談される患者さんに対しては、症状にもよりますが基本的にはお勧めしません。またインプラントにする本数も最小限が望ましいと考え、特に重要な所だけインプラント治療を行うやり方もご提案します。インプラント治療は埋入した後のメンテナンスも重要ですが、本数が少ないほどそのご負担も減らせると思うからです。

先生が得意とする、歯科用顕微鏡を使用した治療のメリットは何でしょうか。

4

肉眼の最大32倍に拡大できる歯科用顕微鏡を使用することで、歯の細部までを明るく拡大しながら治療ができるので、安全性、精度、確実性の向上が期待できます。当院には現在顕微鏡が3台あり、さまざまな検査、根管治療、虫歯治療、歯周病治療、審美面に配慮した治療などに活用しています。肉眼では見えない複雑な形をした根管も顕微鏡を用いれば細部まで確認できるので、細菌に感染した個所をしっかり取り除くことができます。虫歯治療では削る量をより少なく抑えることができますし、クラウンやブリッジを誤差なく装着させる精密作業も得意です。顕微鏡を使用した場合とそうでない場合では、治療の精度が大きく違ってくると思います。当院は県外から足を運んでくださる患者さんも多く、今まで治せなかった方の症例も対応できる可能性もあります。

休日診療の歯科医院が志すきっかけに

先生が歯科医師をめざされたきっかけを教えてください。

5

両親は「普通に大学に入って会社に就職を」との考えでしたが、私は何か手に職をつけたいと感じていました。そして高校生の時、休日に歯が痛くなって歯科医院に行ったことが、歯科医師をめざすきっかけになりました。治療ですぐに痛みが治まったことがとてもうれしく、困った人を助けられる仕事だと実感したのです。歯科医師になってからは「専門でないから治せない」という分野をなくすために、専門のインプラントに限らず幅広く学びました。歯科治療に関する研究や技術は日々進化していますが、どんな分野も高いレベルで治療できる歯科医師が患者さんにとってはベストだと思いますから。

こちらはどのような方が受診されていますか?

小さなお子さまから90代の方まで、幅広い年齢層の患者さんが来られています。地域の皆さんに信頼され、ご紹介で患者さんが増えていく中で、地域に根差したクリニックとして定着していきたいですね。歯が悪くなる主な原因は噛み合わせの悪さ、歯周病、メンテナンス不足の3つですから、それらを総合的にケアして口の中の健康が一生涯続くような診療が当院の基本方針。その手段としてインプラント治療と顕微鏡治療という専門性を磨き、患者さん一人ひとりの身になって診療していきます。幅広い分野の治療を実践しているので、「口内のことで悩んでいるけれどどこで治療すべきかわからない」という方に駆け込んでいただけるようなクリニックでありたいです。

これからの期待や展望をお聞かせください。

6

技術や設備のことを強調してきましたが、実はクリニックで本当に大切なのは「人の力」だと考えています。私自身も勉強して、経験を積んで成長し続けたいですし、スタッフ一人ひとりも同様に成長してほしいですね。そうすることで患者さんに「Smile(笑顔)」をお届けでき、「Satisfaction(満足)」していただける、「Safety(安全、安心)」な診療がご提供できると信じています。新しい技術や患者さんにとって有益な情報を常に取り入れ、スタッフ全員がレベルアップしながら、目の前の患者さんと真摯に向き合ってしっかりサポートしていきたいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access