全国のドクター9,372人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月17日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 川越市
  4. 川越駅
  5. みらくる歯科クリニック
  6. 高橋 洋平 院長

高橋 洋平 院長の独自取材記事

みらくる歯科クリニック

(川越市/川越駅)

最終更新日:2019/09/19

20190403 bana

川越駅からバスで数分の落ち着いた住宅街。その街道沿いにあるのが「みらくる歯科クリニック」だ。高級感が漂う院内とスタッフたちの明るい笑顔が印象的な同院は、高橋洋平院長が、愛する地元の人々の口の健康を守るため2013年に開院。以来、「みらくるスマイルをあなたに」をスローガンに、単に虫歯や歯周病を治すだけではなく、口の中全体を見据えて根本的な問題を治療し、その後は予防や検診、メンテナンスに取り組むことで、患者が最高の笑顔を手に入れることをめざしている。さらには、人とのつながりを大切にし、スタッフが楽しく働ける環境や雰囲気づくりにも力を入れる高橋院長に、同院のことや歯科治療にかける思いを聞いた。
(取材日2018年9月11日)

患者が最高の笑顔を手に入れることができるように

クリニックを紹介していただけますか?

1

当院は、「みらくるスマイルをあなたに」というコンセプトのもと、一人でも多くの患者さんを笑顔にするために一般歯科から小児歯科、矯正歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科まで幅広く診療にあたっています。患者さんのプライバシーに配慮して、初診時の問診から専用のカウンセリングルームで行い、その後の治療もすべて個室で行っています。また、歯科用CTやガイドシステム、専用の手術室を用意して、インプラントなどの手術も安全に配慮して行っています。そして、健康な歯を1本でも多く残すために、特に歯周病の治療に力を入れています。歯科衛生士が、専用の診療室でまずしっかりと検査を行って状況を把握し、それをわかりやすく説明して、担当の歯科衛生士が責任を持って治療に当たります。悪くなってから治療をするスタイルから、悪くなる前に処置をするスタイルにできるよう、定期的な検診やメンテナンスを大切にしています。

診療方針を教えてください。

その時に痛い1本の歯を治療しておしまいというのではなく、お口の中全体を診て、総合的な治療のご提案をしています。例えば、歯が痛い根本的な原因が、その歯ではなく周りにあることは少なくありません。それなのに痛い歯だけを治療しておしまいでは、そのときにはよくても、またすぐにほかの歯が痛くなったりして、結局ずっと治療が続いて、一生歯周病や虫歯に悩まされてしまうことにもなりかねません。つまり、根本的な原因にアプローチしないと健康なお口は取り戻せませんから、トータルでしっかり治していきましょうというのが私のポリシーです。悪いところを根本からしっかり治療して、その後は定期的にメンテナンスを受けてもらえれば、自分の歯をずっと、より良い状態で維持していけますし、一生自分の歯で生活ができる可能性も高まります。

なぜ、歯周病治療に力を入れているのですか?

20190403 2

今、お話ししたような口の中を全体に見据えた治療をしていく中で一番重要なのが、歯周病治療なんです。1本の歯の病気というイメージの虫歯に対して、歯周病は口の中の全体的な病気です。つまり、口の中をトータルで良くしていくためには、まずは歯周病を治療しなければなりません。当院では、初診で来られた患者さんの歯を、いきなり削って治療をするようなことはしません。まずはエックス線撮影や歯周病検査、必要であれば口の中の写真も撮るなどの基本的なチェックを必ず行ってから、その時の口の中全体の状態を患者さんにしっかりと説明させてもらいます。その上でまずはクリーニングをしてから、必要な治療を開始します。患者さんの中には、1〜2年がかりで矯正治療やインプラント、歯周病治療をして健康な口を取り戻すことをめざされる方もたくさんいますが、このように全体的な治療ができるのが当院の強みだと考えています。

スタッフが、ずっと働きたいと思える職場に

歯周病は、どうやって治療をするのですか?

20190403 3

歯周病は、何か一つのことをすれば治るわけではありません。必要な場合には、歯周病菌の培養検査をしたり、歯や歯茎のクリーニングを、必要であれば麻酔をしてから歯茎を切開して行います。それに汚れではなく、歯がグラグラしていたり、噛み合わせの悪さが原因でも歯周病は悪化します。つまり歯周病の原因は、歯や歯茎にかかる力と歯周病菌ですから、力のほうはわれわれ歯科医師が、矯正治療やインプラントでコントロールして、歯周病菌のほうは、歯科衛生士が中心となり、クリーニングをしたり薬を飲んでもらったり、歯ブラシ指導をする。歯周病を治療するにはその両輪が大切なので、しっかりと連携を取りながら行っています。

最近、増築したと伺いました。

たくさんの方にご利用いただけるようになってユニットが足りなくなったので、増築して2台増やして、全部で8台になりました。そのときに当院らしい増築って何だろうと考えて、やっぱり当院の強みはスタッフ力ですから、スタッフの居心地や空気感を良くするのが大事だと思ったんです。なので、新棟にはユニットを置かず完全にスタッフルームにして、今までスタッフルームとして使っていたところにユニットを置きました。当院は、開業から5年以上がたってスタッフも増えましたが、これまでに一人もやめていないんです。5年たってもオープニングスタッフが全員働いている歯科医院は、日本全国探してもそうはないと思います。これからもずっと働きたいと思えるような職場であるというのは、当院の大きな誇りですし、中に入ったときの空気感が、一般的な歯科医院よりも仲が良さそうだと感じてもらえると思います。

5年間の感想を教えてください。

20190403 4

毎日が本当に楽しいですね。私は、もともと人を楽しませるのが大好きなのですが、時々スタッフに、朝起きて仕事に行きたいと思うかって聞くんです。それでもし、仕事に行きたくないと思うようなことがあるのなら、改めますと言っています。自分が楽しいというのも、もちろんありますが、やっぱりスタッフが毎日楽しく働けるのが一番ですし、私のモチベーションでもあります。それともちろん、患者さんに喜んで帰ってもらえるのもうれしいですね。患者さんが旅行に行って来たからってお土産を持ってきてくれることも多くて、それって本当に満足してくれているからだと思うんです。経営もありますから、小さな悩みはいくらでもありますが、それでも本当に楽しくて、あっという間の5年間でしたね。

患者も歯科医師もスタッフも、みんなでハッピーに

先生は、なぜ歯科医師を志したのですか?

20190403 5

祖父が歯科医師で親戚にも歯科医師が多く、両親からも勧められていたせいか、小学生の頃から歯科医師になるのが夢でした。それで歯学部を卒業してから、病院やクリニックに勤務して、アメリカへ短期留学もして2013年に開業しましたが、開業するなら生まれ育った川越でと決めていました。地元なので中学時代の同級生も来てくれていますし、おかげさまで近所の方を中心に、本当にたくさんの患者さんに来ていただいています。でも、近所のスーパーに行っても知らない人ばかりですから、うちもまだまだだなって思っています(笑)。

どのようにリフレッシュしていますか?

テニスを週に2回、ゴルフは打ちっ放しを含めて週に1回は行っていますし、冬は家族やスタッフとも一緒にスノーボードを楽しんでいます。あとはビリヤードやドライブも好きですね。もともと人の良いところを見て、何事も良いように捉えるプラス思考なのでストレスがたまりにくいのですが、アクティブに過ごすことがストレス解消になっているのだと思います。もちろん、休みの日には家族と旅行などにも行きますよ。よく独身に見られるのですが、実は3人の子どもを持つ父親です。

今後の展望とメッセージをお願いします。

20190403 6

私は生まれも育ちも川越ですから、ここに恩返しをしないといけません。川越で歯や口の中のことで悩んでいる人を一人でも多く救えるように、必要であれば規模をもっと大きくしていきたいというのもありますが、分院をいっぱい出して経営を大きくするよりは、職人肌、技術肌ですから、自分の目の届く範囲でしっかりと取り組みながら、一人でも多くの人を笑顔にしたいと思っています。そして、一度でも雇ったスタッフは一生の仲間ですから、みんなが楽しく働ける環境も整えていきたいと思います。口の中の状態が良いとハッピーになれますから、しっかりと治療に取り組んで、患者さんも歯科医師もスタッフもみんなでハッピーになって、「みらくるスマイル」になれるようにしていきたいですね。ユニットも増えて、予約も多少取りやすくなったと思いますので、口の中に悩みがある人は、ぜひご相談に来てください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access