全国のドクター8,585人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月13日現在)


求人情報ON
みらくる歯科クリニック

みらくる歯科クリニック

高橋 洋平 院長
頼れるドクター掲載中

20190403 bana

川越駅からバスで数分の落ち着いた住宅街。その街道沿いにあるのが「みらくる歯科クリニック」だ。高級感が漂う院内とスタッフたちの明るい笑顔が印象的な同院は、高橋洋平院長が、愛する地元の人々の口の健康を守るため2013年に開院。以来、「みらくるスマイルをあなたに」をスローガンに、単に虫歯や歯周病を治すだけではなく、口の中全体を見据えて根本的な問題を治療し、その後は予防や検診、メンテナンスに取り組むことで、患者が最高の笑顔を手に入れることをめざしている。さらには、人とのつながりを大切にし、スタッフが楽しく働ける環境や雰囲気づくりにも力を入れる高橋院長に、同院のことや歯科治療にかける思いを聞いた。
(取材日2018年9月11日)

患者が最高の笑顔を手に入れることができるように

―クリニックを紹介していただけますか?

当院は、「みらくるスマイルをあなたに」というコンセプトのもと、一人でも多くの患者さんを笑顔にするために一般歯科から小児歯科、矯正歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科まで幅広く診療にあたっています。患者さんのプライバシーに配慮して、初診時の問診から専用のカウンセリングルームで行い、その後の治療もすべて個室で行っています。また、歯科用CTやガイドシステム、専用の手術室を用意して、インプラントなどの手術も安全に配慮して行っています。そして、健康な歯を1本でも多く残すために、特に歯周病の治療に力を入れています。歯科衛生士が、専用の診療室でまずしっかりと検査を行って状況を把握し、それをわかりやすく説明して、担当の歯科衛生士が責任を持って治療に当たります。悪くなってから治療をするスタイルから、悪くなる前に処置をするスタイルにできるよう、定期的な検診やメンテナンスを大切にしています。

―診療方針を教えてください。

その時に痛い1本の歯を治療しておしまいというのではなく、お口の中全体を診て、総合的な治療のご提案をしています。例えば、歯が痛い根本的な原因が、その歯ではなく周りにあることは少なくありません。それなのに痛い歯だけを治療しておしまいでは、そのときにはよくても、またすぐにほかの歯が痛くなったりして、結局ずっと治療が続いて、一生歯周病や虫歯に悩まされてしまうことにもなりかねません。つまり、根本的な原因にアプローチしないと健康なお口は取り戻せませんから、トータルでしっかり治していきましょうというのが私のポリシーです。悪いところを根本からしっかり治療して、その後は定期的にメンテナンスを受けてもらえれば、自分の歯をずっと、より良い状態で維持していけますし、一生自分の歯で生活ができる可能性も高まります。

―なぜ、歯周病治療に力を入れているのですか?

今、お話ししたような口の中を全体に見据えた治療をしていく中で一番重要なのが、歯周病治療なんです。1本の歯の病気というイメージの虫歯に対して、歯周病は口の中の全体的な病気です。つまり、口の中をトータルで良くしていくためには、まずは歯周病を治療しなければなりません。当院では、初診で来られた患者さんの歯を、いきなり削って治療をするようなことはしません。まずはエックス線撮影や歯周病検査、必要であれば口の中の写真も撮るなどの基本的なチェックを必ず行ってから、その時の口の中全体の状態を患者さんにしっかりと説明させてもらいます。その上でまずはクリーニングをしてから、必要な治療を開始します。患者さんの中には、1〜2年がかりで矯正治療やインプラント、歯周病治療をして健康な口を取り戻すことをめざされる方もたくさんいますが、このように全体的な治療ができるのが当院の強みだと考えています。



Access