全国のドクター9,304人の想いを取材
クリニック・病院 161,131件の情報を掲載(2020年10月27日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 八街市
  4. 八街駅
  5. 塩野谷歯科医院
  6. 塩野谷 暢利 院長

塩野谷 暢利 院長の独自取材記事

塩野谷歯科医院

(八街市/八街駅)

最終更新日:2020/06/05

170735

八街駅から徒歩2分の便利な場所に建つ「塩野谷歯科医院」。パステルカラーを基調とした院内は明るい雰囲気で、気持ち良く過ごすことができる。開業から19年とは思えないほど院内はきれいに保たれている。診察台も黄色、ピンク、緑と明るい色が選ばれ、色で患者を誘導できるような工夫も。柔和で優しい笑顔が印象的な塩野谷暢利院長の生家がこの場所に建っていたことから、まさに地元で開業し、地元に医療貢献しているといえるだろう。「やんちゃだった幼稚園の頃の先生が患者さんとして来院されると、うれしくもあり、気恥ずかしくもあります」と照れ笑いする塩野谷院長に、専門の口腔外科やインプラント治療、痛みに配慮した矯正歯科治療、そして毎年楽しみにしているという八街の大祭についても話を聞いた。
(取材日2017年4月28日)

地元で生まれ育った院長が地域の歯の健康を見守る

開業から19年、地域に根差した歯科医院ですね。

1

私は明海大学病院の口腔外科で16年間勤務してきたのですが、長らくお世話になった教授が退職されたので、それを機会に開業することに決めました。ここは、実は私の生家があった場所です。この地で長らく母が薬局を営んでいました。いつかは地元に帰って開業しようと思っており、今から19年前の1998年にようやく開業したという経緯です。かつての恩師が来院されたり、古い友人が来てくれたりすると、やはりうれしいものですね。クリニックでの診療の他に、地域の学校の校医を務めるなどして、八街の地域に根差した歯科医療を提供することをめざしています。

こちらの歯科医院の特徴を教えてください。

地域の歯の健康を守るかかりつけ医として、あらゆる症状にトータルに対応する歯科医院です。虫歯治療や歯周病治療などの一般歯科、抜歯治療やインプラント治療などの口腔外科、審美歯科、矯正歯科まで幅広い歯科治療を行います。大学病院で数多くの臨床を経験しているので、ほとんどの症例の治療が可能ですが、入院が必要な場合には設備のある適切な病院を紹介しています。ちょうど今日もお1人、日本赤十字社医療センターに紹介したところです。患者さんの年齢層は、最近では中高年層が多いですね。小児の矯正歯科治療も行っているので、お子さんも来院されますよ。

先生は口腔外科の専門家とお聞きしました。

2

私は日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医です。歯科と口腔外科は扱う領域が少し違います。口腔外科では、口の中、顎、顔面などの口腔領域に現れる疾患全般を扱います。具体的には、親知らずの抜歯から、口腔内の腫瘍や口腔がんの治療も行う診療科です。大学病院で10時間以上に及ぶ口腔がん患者さんの手術を経験したり、交通事故の患者さんにインプラントを入れたりする難しい症例を数多く治療してきた経験があります。身近な例でいえば、通常は大学病院などを紹介されるような、顎に水平に埋まってしまっている親知らずも対応しています。当院で抜けない歯はないと思いますよ。ですので、一度ご相談いただきたいですね。

客観的に診て、スタンダードな治療を心がける

インプラント治療について詳しく教えてください。

3

歯の根から抜けてしまった後、従来ではブリッジを入れる方法が取られてきましたが、これではブリッジを架ける隣の歯に重い負担がかかることが問題でした。インプラントは、チタン製の人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上にかぶせ物をつけるので、天然の歯と同じようにその歯の負担を顎の骨で受け止めます。入れ歯のような手入れが必要なく、ブリッジのように隣の歯を削ったり負担がかからないのに加え、使い勝手が良いので、歯を失った方の需要が高い治療法です。

矯正歯科治療も受けられるのですね。

歯が抜けてしまった状態だと、隣の歯が抜けた歯のほうに倒れてきたり、対応する上の歯または下の歯が伸びてきたりするんです。隣の歯や上の歯を元の位置に戻してからインプラントを入れたほうがいいので、やはり矯正歯科の技術が必要だと思い、開業してから勉強しました。当院では、ワイヤーの動きが良くて痛みに配慮した矯正方法を採用しています。子どもの矯正歯科治療だけでなく、成人の矯正歯科治療も行っており、歯列矯正で噛み合わせを改善していくこともあります。噛み合わせから全身の不調を招いていると思われる患者さんには、私のほうから矯正歯科治療をお勧めする場合もあります。

診療上のモットーを教えてください。

4

スタンダードをめざしたいと思っています。大学病院の医局では、症例検討会というのがあるんですね。そこでいろんな先生方の意見が統合されて、治療方針が決まるんです。まさにチーム医療ですよね。でも、開業して一人になると、どうしても得意な治療法に行きがちなんですが、必ずしもそれがその患者さんにとってベストとは限らない。だからこそ、本当にこの治療方針でいいのか、絶えず客観的なセルフチェックを繰り返しながら、患者さんとその症状や現状にもっとも良い治療法を提供するよう心がけています。

スムーズな検査と治療のために新鋭の設備機器を備える

導入している設備機器を紹介してください。

5

的確なインプラント治療計画を立てるために必要と考え、歯科用CTを導入しています。歯科用CTでは、3D画像で撮影し、顎の骨の骨密度まで精密に検査することができます。また、セラミック素材の詰め物やかぶせ物を短時間で製作することができる機器、CAD/CAM冠システムを導入しています。3Dスキャナでお口の中を撮影し、およそ15分間で詰め物やかぶせ物ができあがります。通常は作るのに2日かかりますが、要望があればその日のうちに作ることもできます。さらに2種類のレーザー機器や、歯周病の菌がどれくらいあるか調べることができる位相差顕微鏡など、新鋭の歯科設備を導入しています。院内感染を起こさないよう、滅菌にも配慮し、滅菌器だけでも3台入れています。

歯科医師を志したきっかけと、日々のリフレッシュ方法を教えてください。

父親が獣医師で、母親が薬局を経営していたので、自然と医療系に進みました。両親は早く戻ってきて開業してほしかったようですが、歯科医師になったからには博士号を取っておかなければ、いやもう少し勉強してから……などといいながら、なかなか決心がつかず、開業を先延ばしにしてしまいました。ようやく開業したのが19年前の1998年になります。日々の楽しみとしては、子どもが八街の大祭で踊るようになってから自分も関わりたいと思い、おはやしで笛を吹いたり打楽器を叩いたりして、毎年、山車に乗って演奏しています。そのための練習を毎週しているのですが、これが良いリフレッシュになっています。診療中は帽子にマスク姿なので、私の素顔を知らない患者さんも多く、こちらからあいさつすると驚かれたりしますよ。

今後の展望と、読者へのメッセージをお願いします。

6

現在は治療が中心ですが、いずれは患者さんの歯を定期的に検診して管理するメンテナンス型のクリニックにしていきたいと考えています。予防歯科を中心にしながら、何かトラブルが起きたときには治療をするというのが、患者さんにとっていいんじゃないかな、と思っています。もちろん今すぐには難しいけれど、いずれ、そうできればと考えています。校医として小学校に伺った時に、親御さんから歯並びについてよく質問を受けました。今は痛みに配慮した矯正歯科治療もありますから、お子さんの歯並びを心配している方は矯正歯科治療を考えてみられてはいかがでしょうか? 最近の方は顎が小さくなっているので、親知らずが真っすぐ生えてこないことがよくあります。親知らずを抜くのは口腔外科の専門分野ですので、気軽に相談していただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・セラミック治療/7万円~10万円
・インプラント治療/1本40万円~
・歯列矯正/70万円~

※症例によって異なる場合がございますので、詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access