全国のドクター8,464人の想いを取材
クリニック・病院 161,442件の情報を掲載(2019年10月24日現在)

かねしげ歯科

かねしげ歯科

小澤 謙盛 院長、小澤 あす香 先生

170366

神領駅から車で8分、黄色のおしゃれな外観が目を引く「かねしげ歯科」。2013年10月の開院以来、幅広い世代の地域住民からの信頼を集めており、クチコミで市外県外からも患者が訪れるほどだ。インプラントが専門の小澤謙盛院長が一般歯科、小澤あす香先生が小児歯科を担当しているほか、矯正専門医、歯科技工士も勤務しており、充実した体制を整えている。人気の理由は、年齢、生活習慣、職業など患者一人ひとりの背景まで考慮し、最適な治療法やセルフケアの方法を丁寧にカウンセリングしてくれること。「一生通ってもらえるクリニックでありたい」と語る謙盛院長とあす香先生に、患者との印象的なエピソードや今後の目標について話を聞いた。
(取材日2016年7月26日)

幅広い世代の支持を集めるクリニック

―開業するにあたって、この場所を選んだのはどうしてですか?

【謙盛院長】大学生の時、この付近を通学路にしていました。昔はとてものどかだったのですが、どんどん住宅が増えて人口も増えて。もともと、お子さんからお年寄りまで幅広い世代に長く通っていただける地域医療を担うクリニックにしたかったので、この町の雰囲気が非常にいいなと思って選びました。上は90歳過ぎ、下は1歳未満のお子さんまで、あらゆる世代が来られます。家族のどなたかがまずご来院され、そのご家族が、そのお友達が、という流れでお越しになる患者さんが多い印象を実感していますね。家族や知人の紹介で来られる方が多いので、いいイメージを持ってくださっている方が多いのだなとうれしく思います。

―外観も内装もとてもおしゃれですね。こだわった点を教えてください。

【謙盛院長】緊張感を感じてしまうようないわゆる病院! っぽい感じにはしたくありませんでした。クリニックのマークは、かねしげ歯科のKをデザインした「きりん」なのですが、地域の方に広く受け入れてもらいたくて決めたものです。きりんは茶色と黄色ですので、内装も茶色と黄色、それと白の3色で統一しています。
【あす香先生】お子さんがキッズルームから診療室のチェアーまで緊張せずに行けるよう、直接入れる入口を造ってもらいました。あとは、天井にテレビを設置したこともポイントですね。天井にテレビがあるクリニックはあまりないと思います。テレビを見ながら治療を受けられるよう、ちょうどヘッドレストの真上に画面が来るようにしています。

―診察の際に心がけていらっしゃることは?

【謙盛院長】根拠にのっとった治療、正しい治療をできるだけ高いレベルで行うことを心がけています。地域の方に一生通ってもらえるクリニックでありたいので、最善を尽くすこと、誠実に向き合うことが大切ですね。信頼していただけるように、また、理解していただくために、説明の時間を長めに取っています。日々勉強したり、技術を研鑽したりするのは歯科医師として当然のことですが、今後も継続し、最良の歯科医療を提供していきたいですね。
【あす香先生】歯磨き指導には、かなり力を入れています。幼稚園生くらいからはしっかり歯磨きできる癖をつけてもらいたいので、お子さん本人にも歯磨き指導をしています。また、お子さんの今後を考え、親御さんにも歯科知識や正しい生活習慣を身に着けていただくための啓発も行っていますね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細