松岡歯科

松岡歯科

松岡 昌彦院長

20190730 bana

阪急神戸線夙川駅徒歩3分にある「松岡歯科」は、一般歯科から小児歯科、歯周病治療、審美歯科など幅広く歯科診療を提供している。院長の松岡昌彦先生は、一人ひとりの患者に合った治療を提供することをモットーに、さまざまな技術を学んできた。その技術を頼って遠方から訪れる患者も多いのだそう。思いやりの心を持って真摯に診療に臨む松岡院長に、歯科医師をめざしたきっかけから診療で意識していることなど、さまざまな話を聞いた。(取材日2019年7月3日)

長く通えるクリニックをめざし、開業

―とても明るく開放的で、素敵なクリニックですね。

ありがとうございます。当クリニックでは「それぞれの患者さんにとって最良の治療を提案する」ということを治療方針としています。ですので、より良い治療、質の良い治療を提供させていただくクリニックであることをイメージしてデザインしました。患者さんからみると、クリニックという場所は入りにくく、ネガティブなイメージをお持ちの方も多いでしょう。入り口や待合室は開放感と落ち着く空間を意識し、あまり緊張感をもたずに来院いただけるようにしています。

―幅広い年齢層の患者さんがいらっしゃるそうですね。

お子さんからご高齢の方まで幅広く、治療内容も本当にさまざまです。以前勤務していた歯科医院はスペシャリストを養成するというより、患者さんに必要な治療を幅広く提供することを基本コンセプトにしていました。それに共鳴し、そこでの経験を生かし、当院でも幅広い治療に対応しています。そのためさまざまな症例に対応できるよう、これまで基本の技術はもちろん、それぞれの専門分野の知識や技術を身に着けてきました。ハード面においても先進の医療機器や設備を備えています。「ここに来れば、安心して何でも相談できる。自分に何かあったときに受診したい」と思っていただけることを意識し、学びを継続しています。

―治療で大切にしていることをお聞かせください。

最良なのは、年齢を重ねても自分の歯で噛めることだと思うので、「歯をいかに残すか」ということを根本的に大切にしています。治療においては、まずは患者さんに症状や歯の病気について理解してもらい、虫歯治療は治しているのではなく、“削っている”ということを認識してもらいます。治療すればするほど歯を削ることになりますし、一度虫歯になった歯は再度虫歯になる可能性も高まります。ですから、そもそも虫歯にならないように意識することが大切です。

―歯を残すため、そもそも虫歯や歯周病など症状が出る前にクリニックに行く必要があるのですね。

そうです。中には「何もないのに歯医者に行ってもいいのか」と考える方もいると思いますが、むしろ何かあってからでは遅いのです。患者さんには歯の検診やクリーニングが必要なことを理解していただくことが重要だと考えています。人間ドックを受けるような感覚で、むしろ何もないこと、健康であることを確認し、それを維持するために来ていただきたいです。また、長い目でみると、定期的に通っていただいたほうが、身体的にも経済的にも負担が少なくすみます。検診を受けている人は、受けていない人よりも自分の歯が残っている人が多いというデータも数多くあります。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/20万円~(手術代別途有り)、審美歯科(セラミックの詰め物)/6万円~、歯列矯正/10万円~、顎顔面矯正/45万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細