全国のドクター12,757人の想いを取材
クリニック・病院 158,424件の情報を掲載(2024年7月14日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市南区
  4. 大橋駅
  5. 医療法人友和会 吉川歯科医院
  6. 「精密治療」を実現する極意は技術の研鑽と小さな工夫の積み重ね

「精密治療」を実現する極意は
技術の研鑽と小さな工夫の積み重ね

吉川歯科医院

(福岡市南区/大橋駅)

最終更新日:2023/05/19

吉川歯科医院 「精密治療」を実現する極意は 技術の研鑽と小さな工夫の積み重ね 吉川歯科医院 「精密治療」を実現する極意は 技術の研鑽と小さな工夫の積み重ね
  • 保険診療
  • 自由診療

口の中にある、小さな歯の治療。「吉川歯科医院」では、歯周病やインプラント治療、矯正などさまざまな分野の歯科治療において、このミリ単位の勝負の「精密さ」を徹底的に追求している。「厳選した良い材料、良い器具、マイクロスコープや歯科用CTなど先進の医療機器を使うのは当たり前。それらを使いこなし、小さな工夫を積み重ねてこそ精度の高い治療が実現できるのだと思います」と語る吉川和輝副院長。精密治療にこだわる理由、それは「持って生まれたご自身の歯を長く使っていただきたい」という思いからだという。再治療の必要がないように、1回の治療が長持ちするように、小さな歯を必要以上に削らなくて済むように、それぞれの分野でどんな工夫がなされているのか。精密治療へのこだわりを詳しく聞いた。

(取材日2023年4月7日)

インプラント、矯正、歯周病、補綴。さまざまな治療分野で、徹底的に「精密治療」を追求する

Q歯周病の治療はどのように進めていくのですか?
A
吉川歯科医院 定期的なメンテナンスを行うことが口腔内の健康の維持には重要

▲定期的なメンテナンスを行うことが口腔内の健康の維持には重要

歯周病治療の目的は、原因である細菌の絶対数を減らすこと。細菌は主に磨き残した歯垢の中にいるので、まず毎日のブラッシングを適切に行うことが重要です。歯周病の状態が軽度なら基本的なケアを。中等度なら表面麻酔を使用して歯周ポケット内の歯石の除去を行い、歯科衛生士もルーペを使って、歯茎を傷つけることがないように細心の注意を払います。重症になると、歯茎を切開して歯石や膿を除去することを図る外科手術や骨の再生療法が必要です。切開の際は1回できれいに切れるようにメスを2~3本替える、縫合は数種類のやり方を使い分け手早く行うなどし、腫れや痛みを防ぐことにつなげます。これはインプラントの外科手術でも同様です。

Qこちらではインプラント治療も数多く対応されているそうですね。
A
吉川歯科医院 モニターを使用し、患者にとってわかりやすい説明を心がける

▲モニターを使用し、患者にとってわかりやすい説明を心がける

2021年1月~2022年12月の実績100件と日常的にインプラント治療を行い、さまざまな規格のインプラントを常備しています。ある程度骨があれば、当院では抜歯したその日にインプラントを即時埋入することが可能。そのため、補綴物が入るまでの治療期間は半年程度で済みます。インプラントの埋入位置や角度をシミュレーションするガイドシステムも導入していますが、100%は信用していません。骨が細い方や下顎の神経が近い場合、上顎は副鼻腔に近い場合などは、術前はもちろん術中も歯科用CTを撮って確認しながら進めます。奥歯などガイドが使えないケースは必ずあるので、それに対応できるフリーハンドの技術は必須ですね。

Q詰め物やかぶせ物を入れる場合ではどんなこだわりがありますか?
A
吉川歯科医院 マイクロスコープを用いて、精密な治療を行う

▲マイクロスコープを用いて、精密な治療を行う

光学式う蝕検査装置を使って虫歯の深さを測り、削るべきか経過観察でいいかを判別。削るにしても必要最小限を心がけています。そして補綴物を入れるわけですが、その材料は保険診療か自由診療かで大きく変わります。正直、保険診療で入れた銀歯の中が虫歯になって再治療というケースは多いので、最近では、セラミックを選択される患者さまも増えています。費用の問題もありますので決して強要などはせず、患者さまの選択にお任せしています。また、接着の操作には細心の注意を払い、補綴物と歯の間にすき間ができないよう配慮。微調整がほぼ必要ない補綴物ができてくるよう、歯科技工士と日々すり合わせを重ねることも大事にしています。

Q矯正についても聞かせてください。
A
吉川歯科医院 患者の負担を抑えた治療方法を提示する

▲患者の負担を抑えた治療方法を提示する

当院ではワイヤーをブラケットに固定しない、セルフライゲーションブラケット装置を使った矯正をメインに行っています。弱い力で効果的に歯を移動させることが見込め、ワイヤーを固定する従来のブラケット装置より痛みが少なく、より短期間で矯正を終えることも望めます。矯正中の通院は2ヵ月に1回と、従来のブラケット装置を使った矯正より少なくて済むのもメリットの1つです。この矯正方法で一番大事なのが、ブラケットを貼るとき。ブラケットの位置や角度によって歯の動きをコントロールするので、専用器具を使って精密に測りながら調整していきます。また、適用症例は限られますが、マウスピース型装置を用いた矯正にも対応しています。

Q精密治療後のケアも大事ですね。
A
吉川歯科医院 歯科衛生士が一人ひとりに合わせたケアを行う

▲歯科衛生士が一人ひとりに合わせたケアを行う

治療はマイナスをゼロにするだけ、ケアはゼロをプラスにするものだと考えています。精密な治療によって再治療の可能性を最大限減らすことを追求したその後は、ぜひ「予防」を目的に定期的に歯科に通っていただければと思います。予防の基本はやはり、日々のブラッシングです。歯科衛生士が一人ひとりに合ったブラッシング方法を指導しますので、毎日ご自分で効果的に行い、磨き残しを減らしていきましょう。当院では位相差顕微鏡を使ってご自分の口の中の細菌を見ていただきます。実際に自分のも見ましたが、「歯磨き頑張ろう」とモチベーションの向上につながりました。健康的な口腔内を長く維持できるよう、一緒に頑張っていきましょう。

ドクターからのメッセージ

吉川 和輝副院長

歯に痛みが出てからご来院されたのでは、治療は大変になりますし、時間も費用も余計にかかってしまいます。何もなくても定期的に歯科に通い、「特に問題ないですね」と歯科医師に言われて、歯科衛生士にきれいにケアしてもらって帰る。そんなお付き合いが続くのが、患者さまにとって一番楽で、私たちにとっても幸せなことじゃないかと思います。私は、治療を終えた患者さまには冗談半分で、「定期健診以外では、あまり会わないでいたいですね」と言いたいです。それは今後また治療が必要な状態にならないでほしいという願いからです。美容院にシャンプーをしに行くくらいの感覚で、気軽に歯のお手入れに通っていただければうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/36万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/80万円~、セルフライゲーションブラケット装置を用いた矯正/80万円~、セラミック治療/4万円~(詰め物)、8万円~(かぶせ物)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access