ウィズ歯科クリニック

ウィズ歯科クリニック

小澤 勇介院長

頼れるドクター

169156 df 1 main 1439187322

より精密で安全な治療をめざし、設備の充実にこだわる

―小児歯科のほかに注力されている治療はありますか?

当院には各治療分野に専門の歯科医師が在籍しており、小児歯科だけでなく一般歯科、口腔外科、予防歯科、審美歯科、インプラント治療など幅広い分野の治療に対応しています。中でも、できるだけ歯の神経を残す歯髄保存治療には注力していますね。虫歯が進行し神経まで達してしまうと、通常は神経を抜く処置を行いますが、当院では歯の内部の症状や痛みを考慮した上で可能な限り神経を残すことを心がけています。というのも、神経を抜くと血液供給がなくなるため歯に栄養が送られず、歯が割れやすくなるんです。また知覚もなくなるので、再び虫歯になったときに発見が遅れてしまうことも。このように神経を残すことの重要性をお伝えすると、「こんなに丁寧に説明を受けたのは初めて」とおっしゃる患者さまがほとんどですね。広く関東一円から来られる方や、セカンドオピニオンを求めて足を運んでくださる方もいます。

―歯髄保存治療などの細かな処置を行うには、充実した設備も必要ですよね。

そうですね。そのため当院では、治療には3~6倍のルーペや肉眼の約20倍で患部を観察できる歯科用マイクロスコープを導入しました。これにより、従来であれば抜歯が必要と診断されるような状態でも、歯を残せる可能性が高まりました。また、最近希望される患者さまが増えているインプラント治療では、歯科用CTで撮影されたデータをもとにコンピューターでインプラントの埋入位置をシミュレーションし、埋入用のテンプレートを作成した上で手術する方法を取り入れています。この方法を用いることで正確な位置にインプラントを埋入できるだけでなく、歯茎を切開する必要がないため患者さまの負担軽減にもつながります。オペ室には2台のモニターを設置しているので、CTと2Dのエックス線検査機で撮影した写真を同時に見ることも可能です。こうした先進の設備を生かして、より精密な治療へとつなげています。

―専用のカウンセリングルームがあると伺いました。

歯髄保存治療に限らず、当院では初診時に主訴となぜ当院を選ばれたのか、どんな治療を求めていて、どんな治療は避けてほしいのかといったことを詳しく聞き、その上で専任コーディネーターがカウンセリングルームでお話を伺います。さらに初診時だけでなく、治療の途中経過などをこの部屋でご説明する場合もあります。いくら丁寧な説明をされても、診察台の上で顔にタオルをかけられた状態では耳に入らないですからね。最近では専任コーディネーターを指名して、相談にだけ来る患者さまもいるほどです。また、毎回の治療の前後には口内写真を撮影して、エックス線写真なども使いながら治療の進行具合の説明を行っています。

記事更新日:2017/06/15


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細