まみ眼科クリニック

まみ眼科クリニック

日昔 真美院長

頼れるドクター

167713 %e3%81%be%e3%81%bf%e7%9c%bc%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

緑色のフクロウのイラストが目印の「まみ眼科クリニック」は、患者一人ひとりの生活や状況に応じた優しい眼科医療を提供するクリニック。これまで多くの眼科疾患や手術に携わってきた経験を生かし、日々診療に向き合う日昔真美(ひむかし・まみ)院長は、患者が話しやすい雰囲気をとても大切にしている。「些細な症状も隠さず話してくれて、嫌だと思ったことは嫌だとちゃんと言ってもらえる。患者さんと心が通い合う診療をしていきたい」。3人の子どもを持つ現役ママであり、明るく前向きな性格の日昔先生は、子育て世代の母親たちからの信頼が厚く、「真美先生と話したら元気になった!」と帰って行く人も。眼科診療はもちろん、趣味のマラソンも全力で取り組む日昔先生に話を聞いた。
(取材日2018年2月8日)

経験を生かして地域に優しい眼科医療を

―眼科医師をめざした理由は何ですか?

中学生の頃、母の友人にとてもすてきな眼科の女医さんがいました。話し方や立ち居振る舞いのすべてが格好良く、見た目も凛としていて、バリバリ仕事をしている女性がとても輝いて見えました。高校生になってコンタクトレンズを作りに先生のクリニックを受診して、憧れはさらに強いものになりました。無駄のないテキパキとした動き、まっすぐ相手の目を見て潔く話す姿に心を打たれ、「私もあんな先生になりたい!」と思いました。女性医師を生かせる場として、産婦人科にも魅力を感じたのですが、私の長所は昔から手先が器用なこと。細かい操作が求められる眼科手術は、自分に向いていると思ったのです。

―学生時代や勤務医時代に学ばれたことをお聞かせください。

医学生の頃は、いろんなアルバイトにチャレンジして、社会勉強も楽しみながら学生生活を送っていましたが、卒業して医師となった最初の3年間は、とにかく必死でした。オールアラウンドに診察できる眼科医をめざしてひたすら臨床に専念し、白内障手術も数をこなしながらも常に満足度の高い結果をめざしました。まぶたの手術では、機能の回復だけでなく治療後の見た目も重視し、きれいに治すことを得意としていました。市民病院で勤務していた頃は当直もあり、救急医療の現場では自分の専門外の治療にも携わる貴重な経験ができました。開放骨折や大腿骨の脱臼などの処置を整形外科の先生から教わり、救急時の初期対応ができるようになりました。

―開業された経緯を教えてください。

勤務医だとどうしても時間の自由がきかず、子どもが熱を出した時など、すぐに帰ってあげられないことがありました。夫も単身赴任中で、母親として子どもたちをちゃんと育てながら、仕事と両立させるために開業を決意しました。この場所を選んだのは、自宅から近く、以前から緑地公園駅付近に眼科が必要だと感じていたからです。私がフクロウ好きだったことから、クリニックのモチーフはフクロウに。フクロウは目が利くし、「福来郎」「不苦労」とも言われているので、患者さんにいっぱい福を運んでくれると思います。

―院内はどこか落ち着く雰囲気ですね。

待ち時間をできるだけ短くすることと、居心地の良い空間づくりを心がけています。そのために待合室の壁にはポスターを貼らず、お伝えしたい情報や休診のお知らせはモニター画面で流すようにしています。待ち時間を退屈せずに過ごしてもらえたらと、キッズルームを用意しており、本はできるだけ入れ換えるようにして品ぞろえを充実させています。本が好きなスタッフが多く、今ちょうど書店で平積みされている流行本なんかも置いてあり、気に入られた本は貸し出しもしていて、患者さんに喜ばれていますよ。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細