全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 麻布十番駅
  5. KS麻布十番デンタルクリニック
  6. 武井 賢郎 理事長

武井 賢郎 理事長の独自取材記事

KS麻布十番デンタルクリニック

(港区/麻布十番駅)

最終更新日:2019/08/28

167140

麻布十番駅から徒歩2分の場所に位置する「KS麻布十番デンタルクリニック」は、審美やホワイトニングなど、歯の美しさを磨く分野に注力した歯科医院だ。受付や待合室は高級感があり、良い意味で歯科医院っぽさを感じさせない。カウンセリングルームや診療室は個室になっているので、患者のプライバシーも保たれている。日本歯周病学会歯周病専門医でもある武井賢郎先生は、同院でセラミックを使った治療やホワイトニングも行っている。「人に喜んでもらうことが好き」と語る武井先生は、今でも休みの日に新たな治療法を取り入れるために学び続けている。笑顔が印象的で穏やかな武井先生だが、内に秘めた歯科に対する想いは熱い。そんな武井先生に、診療の際に心がけていることや、同院の特徴について聞いた。
(取材日2016年12月1日)

自分の特性を生かすため、歯科医師になることを決意

先生が歯科医師をめざしたのはどうしてですか?

1

進路を決める際、親に勧められたことが、歯科医師への道を進んだきっかけです。私は子どもの頃からこまかい作業が好きで、芸術や美術にも関心がありました。さらに、医療は人が喜んでもらえる分野なので魅力的に感じていたんです。こうした私の特性を考えて、進路指導の先生が勧めてくださったのが歯科医師の道でした。それは私にとっても良い選択肢に思えたので、朝日大学歯学部に進学しました。私の実家はホテル業だったので、全く違う環境に飛び込むことになりましたが、実際に歯科医師になって後悔したことは一度もありません。好きなことを仕事にできるのは本当に幸せなことですね。今はほとんど休むことなく働いていますが、大変だとは思いません。

先生はさまざまな資格をお持ちですね。

私は日本歯周病学会歯周病専門医などの資格を持っていますが、これは自分をレベルアップさせるために必要なものだと考えています。資格を維持するには常に学び続けなければなりません。歯科の専門分野は奥が深いので、学べば学ぶほど新たな発見があります。一生勉強ですね。でも、それは歯科医師として必要なことなので、苦に感じることはありません。学会や勉強会で学んだことは、実際の治療にも生かされています。例を挙げると、最近は口腔内印象という手法がさまざまな歯科治療で用いられるようになっています。以前は歯型を取って、そこに石膏を流し込んでからかぶせ物やインプラントを作っていました。でも、口腔内印象ならデジタルで歯型を直接取るので、簡単でより精密に、しかも患者さんへの負担も少なくなります。こうした技術をどんどんと取り入れていきたいですね。

どうしてこの地で審美歯科を行うことにしたのですか?

2

この地域は健康や美容に関心のある人々が多く住んでいるからです。いつまでも美しくありたいと願い、ネイルサロンやエステで自分磨きをされている人が多いですね。歯に対する意識も高く、虫歯や歯周病がほとんどありません。ご自身で事前に情報収集される方が多いので、仕上がりにも高いレベルを求められます。ただ単にセラミックを使っただけ、白くしただけでは満足されません。その人の特徴に合わせた自然な仕上がりが求められるんです。ですので、その分とてもやりがいを感じていますね。患者さんの希望を叶えるために、個室のカウンセリングルームにて時間をかけて話し合っています。

食いしばりは審美面にも悪影響を及ぼしかねない

診療の際に心がけていることは何ですか?

3

患者さんが痛い思いをしないよう、麻酔のコントロールには細心の注意を払っています。治療時の痛みをやわらげるには麻酔が必要です。表面に塗るタイプの麻酔と電動注射器を使った麻酔、この2種類を上手に使うことで、治療時の痛みをかなり抑えることができます。終わった後に「痛かった」と言われないように気をつけています。歯が痛いという症状で来院される患者さんの場合、どうして痛むのかという診断が重要になります。歯の痛みの二大原因は虫歯と歯周病です。でも、原因はそれだけではありません。歯ぎしりや食いしばりによって痛みが生じる場合もあるんです。当院に来院される患者さんのほとんどは、食いしばりの跡が口腔内に残っています。

食いしばりの原因は何ですか?

ストレスが大きな原因ですね。でも、患者さん本人が自覚できていないこともあるので、食いしばりの症状がくわしく載せられている歯科雑誌を使いながら説明します。イラストや写真を使うと、単に口頭で症状を説明するよりも患者さんが理解しやすいんです。食いしばりをずっと続けていると、歯が摩耗して大きなダメージを与えます。歯の摩耗は元に戻せないので、できるだけ早く食いしばりをやめなければなりません。当院では、患者さんの口腔内写真を撮り、それを見ながら現状をすべて説明していきます。

食いしばりは審美にも悪影響を及ぼすのですか?

4

歯が正しく噛み合っていないと、セラミックのかぶせ物や詰め物が壊れやすいんです。というのも、通常、上の歯と下の歯は24時間のうち約10分しか接していないんです。ですから食いしばるというのは不自然な現象なんですね。歯を美しくするためにセラミックを入れても、壊れてしまっては意味がありません。それで、食いしばりを解消するためにできるストレッチや脱力法も指導しています。もちろん、食いしばりの大きな原因はストレスなので、ストレスをやわらげる努力も必要です。歯の摩耗を進行させないためには、定期的なチェックも重要です。その方に合わせて、1ヵ月~1年に1度のペースでのチェックを勧めています。

歯科医師はとにかく患者と会話することが重要

印象に残っているエピソードはありますか?

5

歯科医院に対して不信感を抱いている患者さんがいました。その患者さんは、どの歯科医院に行ってもちゃんと治療してくれていないと感じていたそうです。おそらく歯科医師との信頼関係が築かれていなかったんだと思います。ですので当院では、時間をかけて現在の症状と問題点をはっきり説明していきました。歯が痛いという症状だけでも、虫歯や歯周病、噛み合わせなど原因はさまざまです。患者さんにはレントゲンや写真を見せながら全部伝えました。また、患者さんが不安に感じていることもくわしく話してもらいました。まずはお話を聞くことが重要で、そこからが治療の始まりです。気持ち・意見をちゃんと聞いてあげることで、その患者さんの不安を解消できたと思います。今でも定期的にメンテナンスで来院されますし、ご家族も紹介してくださいました。とにかく患者さんを思いやることの大切さを学んだエピソードです。

今後の展望を教えてください。

私は今でも学会やスタディグループで勉強していますが、自分が先生方を教える機会も多くなってきました。そうした機会を活用し、自分がこれまでに学んできたことやポリシーを伝えていきたいですね。歯科で重要なのは正確な診査・診断と問題点のピックアップです。そこから明確な治療方針を立てていきます。歯を1本単位で見るのではなく、1口腔単位として全体のバランスを見ながら治療していくことも大切ですね。1人でも多くの人を笑顔にしたいので、同じポリシーを持つ仲間を増やしていきたいと願っています。

最後に読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

6

私は歯科医師として、当院に訪れる患者さんが一生自分の歯で食べていけるお手伝いをしたいと願っています。そして、ただ歯が健康なだけでなく、見た目にも美しくなるお手伝いをさせていただきたいです。歯科治療の中でも審美は、最初の一歩を踏み出せないという人が多いように感じます。でも、歯の見た目に関する悩みを抱えている人は少なくありません。当院では、歯の悩みを話しやすいよう、プライバシーが保たれたカウンセリングルームを備えています。また、治療におけるメリット・デメリットをすべて説明し、患者さんにとって納得のいく治療に努めていますので、気兼ねなく相談していただけると幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療・1次手術/1本につき20万円~ ホワイトニング・PMTC/前歯のみ5000円~ 審美歯科・メタルセラミッククラウン/1歯につき11万円~(すべて税別)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access