全国のドクター9,362人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 石川台駅
  5. 久保歯科医院
  6. 久保 卓也 院長

久保 卓也 院長の独自取材記事

久保歯科医院

(大田区/石川台駅)

最終更新日:2020/04/01

16027 1

東急池上線の石川台駅から徒歩2分の「久保歯科医院」は、今年開業35周年を迎える。地域に根差した歯科医院を父から引き継いだ久保卓也院長が、2018年12月に移転リニューアルオープンしたという院内は、明るく清潔で温かみのある雰囲気だ。歯科用CTや口腔内カメラなど先端機器をそろえ、インプラント治療など専門的な歯科治療にも幅広く対応する一方で、温かいホスピタリティーにも心を配る久保院長。「充実した設備と高い技術にこだわることはもちろん、わかりやすい説明と十分なコミュニケーションを心がけ、誰もが通いやすい歯科医院をめざしています」と話す。「患者さんが笑顔になれる歯医者さん」という目標を掲げる久保院長の、できる限り「削らない、痛みの少ない治療」への取り組みを聞いた。
(取材日2019年7月29日)

父から息子へ、変わらぬ地域に根差した歯科医院づくり

こちらは歴史ある歯科医院だと伺いました。

1

当院は父が1984年に開業しました。現在の「久保歯科医院」の2つ隣のビルで、長きにわたり地域に根差した歯科医療を提供していましたが、2017年に父の後を継承する形で、私が院長に就任しました。以前の場所は2階で、ご高齢の方などから「階段を上がってくるだけでも大変だ」というお声を聞いていました。移転を真剣に検討したのは、少しでも皆さんが通いやすい方法はないかと考えたからです。なるべく近くで、1階の移転先を探していたところ、ありがたいことにこのビルのオーナーから「久保先生の息子さんだったら間違いない。ぜひここで歯科医院を続けてください」とお声をかけていただき、2018年12月にこの場所で新たに移転オープンすることができました。

リニューアルで先生がこだわったことなんですか。

一つはガラス面をより広く取ったことです。窓が大きく、外からも院内の雰囲気を感じ取りやすいような造りになっています。キッズスペースも窓側に設けて、お子さま連れでも安心して通っていただける空間づくりを意識しました。バリアフリーの院内は段差がなく、靴のまま入室していただけます。歯科ユニットは座り心地にこだわり、革製のふかふかのシートを選びました。治療時間が長くなると、どうしても腰や首などに負担がかかり、疲れてしまいますので、患者さんができる限り快適に過ごしていただけるように配慮しました。診療室には個室もあり、主にメンテナンス目的の患者さんにご利用いただいております。治療ではなく、定期的なクリーニングのために来院される方は、美容院に来るようなイメージでケアを受けられるように、リラックス空間をご用意しています。

院内の衛生管理についてもご説明ください。

20190821 2

患者さんに安心・安全に歯科治療を受けていただくために、歯科医院としては当然のことですが、滅菌対策には特に力を入れています。診療器具・機器はすべて患者さんごとに滅菌を行い、滅菌パックで保管しています。当然ながら、タービンなど歯を削る切削機械類もすべて患者さんごとに滅菌処理しています。また、紙コップ・エプロンなどはすべて使い捨てのものを使用しています。また、当院では滅菌システムの基準にもこだわっており、ヨーロッパのクラスB規格の滅菌システムを導入して、徹底的な滅菌を心がけています。

患者が笑顔になれる歯科医院をめざして

先生の診療方針をお聞かせください。

3

私がめざしているのは「笑顔になれる歯医者さん」です。当院は患者層が幅広く、家族全員で通う方も多いので、空間づくりにおいては、子どもも大人も通いやすい明るい雰囲気づくりを心がけました。患者さんを笑顔にさせるには、スタッフも笑顔でいられるクリニックでなければいけません。患者さんを最初にお迎えする受付、歯科治療やメンテナンスに携わる助手、歯科衛生士も「笑顔とコミュニケーション」を大切に接してくれるので、患者さんからも多くのお褒めの言葉をいただいています。また、私自身も患者さんとのコミュニケーションを密に取りながら、治療の「見える化」に力を入れています。歯科用CTや口腔内カメラ、模型などを駆使した正確性を追求した診断に加え、実際のお口の中の画像をご本人にビジュアルでお見せしながら、できる限りわかりやすい説明をする。このことが患者さんの信頼につながると考えています。

「笑顔になれる歯医者さん」を実現するために、実践されている具体的な取り組みを教えてください。

歯医者さんは「痛い」「つらい」などとマイナスイメージを抱いて来院する方がとても多いのが残念です。そんな不安や苦手意識を抱えた方々が、笑顔で来て、笑顔で帰っていただけることほど、歯科医師としてうれしいことはありません。だからこそ当院は、多くの患者さんが望むできる限り「痛みの少ない、削らない治療」の実践に力を注いでいます。必要以上に歯を削らないことは、歯を長持ちさせることにもつながります。初期の虫歯であれば、お口の環境を整えると削らずに済む場合もあります。当院では、侵襲の少ない治療、すなわち「MI治療」という、虫歯の部分のみピンポイントで除去を図り、ご自身の健康な歯の部分をできる限り削らずに治療する方法なども取り入れています。また、麻酔についても、歯茎に表面麻酔を行い、極細の注射針でゆっくりと注射をするなど、極力痛みを感じさせない工夫を心がけています。

予防医療にも力を入れていらっしゃるそうですね。

4

歯科医院に来るきっかけづくりとして始めたのが、0歳から12歳までのお子さんが対象の「スマイルキッズクラブ」です。入会者には虫歯予防のためのフッ素塗布を定期的に行うほか、歯ブラシ指導や歯の成長の様子を細かく記録していく「デンタルノート」を作成します。例えば、記録することで、汚れがどこにつきやすいかなどもわかりますから対策も可能です。最近は、お子さんの歯に対する意識の高い親御さんが多いですが、歯磨きを嫌がるお子さんなどは虫歯になる前に、楽しみながら通えるプロの力を上手に利用していただければと思います。定期的に歯科医院に通う習慣がつき、子どもの頃から歯に対する意識が高まることで、虫歯予防はもちろん、将来の生活習慣病予防にもつながります。地域のお子さんの成長や健康に、歯科医師として少しでも貢献できれば幸いです。

困っている人を一人でも多く救いたい

歯科医師を志したきっかけは?

5

やはり父の影響が大きいと思います。実際に一緒に仕事をしたことはないのですが、小さい頃から父の診療風景を見て育ちましたので、歯科医師という仕事はとても身近にある職業でした。ですので、学生時代を振り返ってみても、歯科医師以外の職業は一度も考えたことがありません。自分で意識したことはありませんが、患者さんの悩みを理解し、一人ひとりにとって最善の治療を提供したいという想いは、父と共通しているのではないかと思います。歯科医院特有のにおいが気になる方もいらっしゃるので、受付や診察室にはアロマをたいて、香りでリラックスしていただけるよう工夫しているんですよ。私はあの歯医者さんのにおい、結構好きなんですけど(笑)。

先生のリフレッシュ法は?

ずっとテニスをやっていたので、テニスをしたり、スポーツ鑑賞が趣味です。野球場に足を運んで野球観戦を楽しむこともありますが、休日は基本的に子どもと遊んで過ごします。手がかかる年齢なので相手をするのは大変で体力もいるのですが、私のほうが子どもに癒やしをもらっているのかなと思います。

今後の目標や、読者にメッセージをお願いします。

6

今後はより専門性を高めた診療を展開していきたいと考えています。勤務医時代にインプラント治療を数多く手がけてきた経験を生かして、患者さんの選択肢を広げるという意味で、インプラント治療にも力を入れていく考えです。歯を失った方の選択肢が入れ歯かブリッジの二択しかないのは申し訳ないですから、より多様な選択肢を用意することで患者さんのお役に立てればと思います。インプラントに限らず、ご本人の事情も理解しながら、納得のいく治療法を選んでいただけるように、私自身も治療技術の向上に一層努力を重ねていきます。矯正については、専門の先生に月1回ご担当いただきますし、目立たないマウスピース型装置を用いた矯正は、私も経験を積んでいますので対応可能です。今後も、石川台の皆さまのために「笑顔になれる歯医者さん」をめざして頑張りますので、お口のことでお悩みの方は気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/15万円~、成人矯正/60万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/40万円~、インプラント治療/30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access