緒方医院

緒方医院

刑部優美 院長

頼れるドクター

99999

香り、季節の行事…。アットホームな工夫の院内

―院内は非常にいい香りがしますね。

これはローズゼラニウムの香りです。患者の皆さんがほっとできる空間になればいいなと思って香りにはこだわっています。ラベンダーの香りもよく使いますね。待合室のハーブティーも毎朝私が煎れたものを置いています。母が1970年に開院して以来、ずっと地元に密着した医院としてやってきていますので、アットホームな雰囲気にしたかったんです。こうした工夫は各所でしていますね。

―他にはどんな工夫をされていますか?

院内に人形がたくさん置いてあるのは、予防接種にいらしたお子さん用です。泣かれたり怖がられたりするお子さんも多いので、通院したごほうびも用意しています。それと、季節感があったほうがいいと思っていまして、その季節ならではの行事や飾り付けをしています。例えば、ひな祭りの時は皆さんに雛あられをお配りしました。こどもの日にはこいのぼりのおせんべいですね。患者さんと季節感を共有できるよう心掛けています。アットホームなクリニックですので、いらっしゃった患者さんが楽しめるような工夫をしています。「月が替わったから行ってみよう」と、そんな気持ちで来ていい医院なんです。もしも、ここでできないような診察が必要となった場合は近隣の病院と医療連携を取ることもできます。大きい病院での治療が終わったら、また戻ってきていただいてまったく構いません。蒲田の医師会にも所属していますので、近隣の先生のご紹介もできますよ。

―いらっしゃるのはどんな患者さんが多いですか?

ここに通院されている方は、母の代から通院しているご高齢の方も多いですし、新しく近所に引っ越してこられた若い世代の方も多いです。幅広い世代の活気あふれる方がこの地区はたくさんいらっしゃると感じています。最近ですと近隣の方がピロリ菌除菌のご相談でいらっしゃることも多いですね。また、大田区で行っているもの、企業で実施しているものを問わず健康診断を受けに来る方も多いです。当院は私の専門である胃腸だけでなく、一般内科の診察も行っています。糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、喘息といった症状の方もいらっしゃっていますので、なにか体調のことで心配なことがあればすぐにいらっしゃってください。老若男女、さまざまな年代の方のお悩みに答えますよ。



Access