河原歯科クリニック 

河原歯科クリニック 

河原 敬院長

頼れるドクター

158198 %e6%b2%b3%e5%8e%9f%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

JR京都線・高槻駅から徒歩3分、阪急京都本線・高槻市駅から徒歩5分にある「河原歯科クリニック」はJR駅前の通りに面したビルの2階にある。河原敬院長は大阪大学大学院でさまざまな分野を研究した経歴を持ち、大阪大学歯学部附属病院などで培った知識や技術で地域医療に貢献したいと2008年に開業した。院内にはマイクロスコープや歯科用CTなどの新しい機器もそろい、治療についても患者から好評で「知人に紹介された」と遠くから電車で通う患者も多い。また、河原院長はインプラント治療の指導や、歯科治療について母校の大学で講演を行うなど、若手医師の指導にも尽力している。「他の先生方からも歯の治療を頼まれる歯科医師になりたい」と自己研鑽に励んできた河原院長に、歯科医療への思いを聞いた。
(取材日2017年11月8日)

患者のプライバシーに配慮した診療室

―クリニックの特徴を教えてください。

患者さんのプライバシーを守るため、診療室は完全個室2室と半個室4室があります。半個室といっても開いている部分は、スタッフが通る場所だけですので、他の患者さんから診察中の姿を見られることはありません。個室1室にはマイクロスコープを置いていて、手術が必要な場合はその診療室を使います。診療室は白を基調にして清潔感を感じられるようにし、待合室はベージュを基調にして温かく落ち着いた雰囲気になるようにしました。治療方針としては、できるだけやり直しにならない治療を心がけ、新しい治療を取り入れ、患者さんに精度の高い治療を提供したいと思っていますので、マイクロスコープのほか歯科用CTなど新しい機器も積極的に導入しています。

―どういった患者さんが多いですか?

全体の6割くらいが女性患者だと思います。20代、30代くらいから70代くらいまでの主婦が中心でしょうか。近くにお住まいの方が多いですが、患者さんに紹介していただき、遠くから電車で通われる方もいらっしゃいます。遠方から来られる方も意識の高い方が多いですが、この地域にお住まいの方も歯科意識の高い方が多い印象ですね。メンテナンスだけでなく、インプラント治療やセラミックのかぶせ物などの治療も多いです。当院では、治療後も3ヵ月から半年での歯科検診を勧めているのですが、開院当初からずっと定期的に通われている患者さんもいらっしゃいます。

―歯科衛生士さんが担当制だとお聞きしました。

最初の診察の時に問診表で歯科衛生士を担当制にするかどうかご希望をお伺いし、希望する方には担当を決めることにしています。私たちは担当制にしたほうがよいと考えているのですが、患者さんの中には自分の都合に合わせて予約が取れれば、衛生士が決まっていなくても構わないという方もおられますからね。担当の衛生士を決めると、患者さんの治療歴や個性に合わせて歯科指導が行うことができますし、検診などの際に口の中の変化にも気づくことができます。患者さん側からも信頼関係を築き、些細なことでも気軽に相談できるなど、メリットは大きいと思います。当院に歯科衛生士は4人いますが、みんな経験が豊富で勉強熱心。私が指導することもありますが、衛生士だけで集まって勉強もしています。患者さんにも適切に対応してもらえますし、私にとっても頼れる存在です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細