全国のドクター9,257人の想いを取材
クリニック・病院 158,643件の情報を掲載(2024年4月23日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 刈谷市
  4. 刈谷駅
  5. みやび歯科医院
  6. 鈴木 雅詞 院長

鈴木 雅詞 院長の独自取材記事

みやび歯科医院

(刈谷市/刈谷駅)

最終更新日:2023/02/06

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院 main

刈谷駅から徒歩5分の場所で20年以上にわたって診療を行う「みやび歯科医院」。鈴木雅詞院長は愛知学院歯学部を卒業後、歯科口腔外科を専門に研鑽を積んだ人物で、同院を開業後も培ったノウハウを生かし、虫歯や歯周病の治療はもちろん、親知らずの抜歯や歯牙移植、インプラント治療などの治療にも力を注ぐ。「歯科診療のハードルを下げ、患者さんが受けたいと思える治療を提案することに努めてきました」と振り返る鈴木院長に、同院の診療の特色や歯科診療に対する想いなどを聞いた。

(取材日2022年12月13日)

歯科医院が怖い、不安という人も通いやすい診療を追求

開業までのご経歴をお聞かせください。

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院1

卒業後は愛知学院大学歯学部第二口腔外科に入局し、愛知県がんセンターでは麻酔科について学びました。その後、新城市民病院、国立名古屋病院(現・名古屋医療センター)に勤務し、歯科口腔外科の研鑽を積みました。当院を開業したのは1998年で、きっかけの一つが勤務医時代に感じたジレンマでした。口腔外科では、口の中や顎、顔面とその隣接組織に現れる先天性、後天性の疾患を扱うので、交通事故やスポーツでの外傷、親知らずの抜歯、顎関節症などの外科的疾患から口腔粘膜疾患や口臭症など内科的疾患も含まれます。親知らずが腫れて悪化し入院を要する患者さんも珍しくなく、話を聞くと「かかりつけ医から親知らずの抜歯は大きな病院でないとできないと言われ、手術をためらって放置していた」と口にされる方もいらっしゃって。そんな患者さんたちを救うため、歯科口腔外科を含む歯科診療全般のハードルを下げたいとの思いから、開業を決意しました。

広い駐車場もあり駅にも近く、通いやすい立地と感じます。

私の父は産婦人科の開業医で、この場所はもともと父の医院の駐車場だったんです。ちなみに父の医院の跡地には、兄が胃腸内科・肛門科を標榜するクリニックがあります。兄のクリニックとは、点滴処置や血液検査の依頼など日頃から連携しています。例えば、親知らずが腫れてしまって処置も食事もできない患者さんに対して、点滴による栄養補給と炎症を緩和するための処置をお願いしています。地域の開業医同士が連携してあれば、通院で対処できることも多くなります。こういった連携体制があるのも、患者さんの安心感につながっているのではないでしょうか。

どのような患者さんが受診されているのですか?

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院2

駅の近くという場所柄、患者さんは周辺の会社勤めの方が多いですね。また、親知らずの抜歯や審美面での相談、笑気吸入鎮静法を使いたいとの理由から、遠方から来られる患者さんもいます。通いやすさにつなげたいと、クリニックの雰囲気を明るくしたり、審美面の相談体制を強化したりしてきたこともあり、気軽に相談してくださる患者さんも増えてきているように感じます。一方で、相談をきっかけに患者さんが自覚していないお口周りのトラブルを見つけるケースも見られます。患者さんに対して早い段階で専門的な治療を提案しやすくなった分、最近では抜歯やインプラント治療などの外科的処置を伴う治療にも今まで以上に本腰を入れて取り組むようになりました。

患者にとって本当に必要な治療とは何かを徹底して模索

診療のモットーを教えてください。

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院3

まず、診療時に気づいたことは患者さんにしっかりお伝えしています。ただ、何でも洗いざらい話してほしいという患者さんばかりではありませんから、人となりや態度を見て説明時の踏み込み具合を加減しています。相手に合った応対、というのもスタッフ一同で気をつけている点の一つですね。治療を提案する際は、単に希望に応えるだけでなく、より適切な提案をすることも心がけています。例えば睡眠中に歯ぎしりする癖がある人の場合、セラミック製のかぶせ物が割れやすい傾向にあるんです。場合によっては治療を繰り返すことにもなるので、あえてセラミック製のかぶせ物を勧めなかったり、歯科診療用のマウスピースによって歯ぎしりの予防策を併せて提案したりすることもありますね。また、治療後の継続したメンテナンスの重要性なども十分にお伝えし、良い状態の維持とトラブルの予防につなげることにも力を注いでいます。

治療内容によっては「怖くて一歩が踏み出せない」という患者さんもいらっしゃるのではないですか?

そうですね、特にインプラント治療など外科的処置を伴うものに関しては、提案の段階で抵抗感を覚える患者さんは少なくありません。特に審美目的で受診された患者さんにとって、「悪い部分の治療」というのは対極にあるものですから、受け入れがたいのは当然かと思います。ですから、まず診察で重視するのが、患者さんのお気持ちを尊重することです。悩んでいることを一つずつ着実に解決していくほうが、かえって心のバリアーが外れやすくなって前向きに治療に臨めるもの。患者さんの思いに寄り添い、一歩踏み出すきっかけをつくっていくことで、歯の健康に対する意識を変えていけたらと思っています。

インプラント治療など外科的処置を伴う治療の場合、費用面の負担の大きさも気になります。

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院4

確かにインプラント治療の場合、治療費の負担も大きいので、当院では提案できる症例には歯牙移植も選択肢に入れています。歯牙移植は親知らずなど噛み合わせに影響しない歯を失った部分に移植し、人体の修復力・再生力を活用して固定してその上にかぶせ物を装着する方法で、保険適用のための費用負担は軽くなります。移植歯にも寿命があるため将来的には何かしらの方法で歯を補うことも考えられますが、移植によって本格的な治療に備える猶予期間が得られる、ともいえます。「親知らずは抜かないといけないもの」と考える方もいらっしゃいますが、お口の中で悪さをしていなければ無理に抜く必要はありません。むしろ何かあったときのスペアとして残しておくといった考え方もできます。歯牙移植に対応できる歯科医院は限られるものの通院でも受けられる治療ですので、当院としても専門性を生かして悩める患者さんを支えていきたいと考えています。

安全で安心な歯科診療を提供するパートナーでありたい

笑気吸入鎮静法を取り入れているのも特徴的だと感じました。

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院5

設備が充実すれば、患者さんの選択できる範囲もぐっと広がるので、できるだけ充実させたいと思って環境を整えてきました。笑気吸入鎮静法を用いることでウトウトと眠ったような状態になるため、恐怖心や痛みの軽減に役立ちます。麻酔が作用しにくい患部の治療に併用することもありますし、毎日の歯磨きでもオエッとなってしまうような嘔吐反射が強い人にもお勧めしています。本来は小児歯科で使用していた機械ですが、リラックスして抜歯に臨んでいただけるよう、大人の方にもご愛用いただいています。保険診療なのでお手頃な価格で済むのもお勧めのポイントですね。

改めて歯科診療にかける想いをお聞かせください。

開業当初に目標とした「歯科診療に対するハードルを下げること」は、今なお当院の大事な役割の一つだと思っています。仰々しい説明をすることもありませんから患者さんもむやみに緊張することがないでしょうし。あとは、幅広い面で「優しい治療」を実践することも、ハードルを下げるのに一役買うと思っています。保険適用の治療から適切なものを選ぶなどして費用負担などを軽くした「お財布に優しい」、痛みや恐怖を軽くするための工夫を凝らした「心身に優しい」といえるような治療の提供をめざして日々励んでいます。おかげさまで、他の歯科医院からご紹介いただくこともあります。この地域の方々が抱える歯科診療に対する悩みを少しでも軽くして、通院でできる治療を安全に提供できるようこれからも努めていきたいと思っています。

読者へのメッセージをお願いいたします。

鈴木雅詞院長 みやび歯科医院6

「これしかできない」ではなく「これらも選べる」といった提案ができる歯科診療をこれからも追求していこうと思っています。例えば「歯を補う治療」にしても、さまざまな選択肢があり、選択肢が多ければその分患者さんによりフィットする治療の提案がかなうと考えます。「この方法を知っていれば選びたかった」ということがないようにしていきたいですね。これまでに「インプラント治療でないとダメです」「この親知らずは入院しないと抜歯できません」と言われた場合であっても、何かできることがあるかもしれません。何かお困り事があれば、まずは気軽にご相談ください。患者さんにとって一番納得のいく、「こうしたい」といえる選択ができるように支える、パートナーでありたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円または45万円(上部構造の材料によって異なる)、セラミック製のかぶせ物/8万8000円~

Access