全国のドクター9,192人の想いを取材
クリニック・病院 160,580件の情報を掲載(2023年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 一宮市
  4. 尾張一宮駅
  5. 脇田歯科
  6. ケアや治療を通してめざす虫歯や歯周病を予防しやすい口腔内環境

ケアや治療を通してめざす
虫歯や歯周病を予防しやすい口腔内環境

脇田歯科

(一宮市/尾張一宮駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

歯科での治療を受ける際の患者の心情として「目の前にある問題だけを解決したい」のか「長い目で見てじっくり取り組みたい」のか、大きく2つに分かれるのではないだろうか。予防への意識が高まる昨今では、歯の健康維持を目的とした取り組みに注目が集まる。「虫歯や歯周病を予防しやすくすることが使命」と考える「脇田歯科」は、プロフェッショナルケアとホームケアによる予防歯科を基本に、咬み合わせのバランスを考慮した総合的な診療に力を注ぐ。治療だけに目を向けるのではなく、予防と治療の両方に重きを置いて取り組んでいくことが重要だと語る脇田成典院長。患者の口の健康を守るために「予防しやすい口腔内の環境づくり」がいかに大切かということを脇田院長に聞いた。

(取材日2020年3月2日)

必要なら、かぶせ物や詰め物の形態変更や、歯並びの矯正も提案。予防しやすい口腔環境づくりを志す

Q貴院が取り組んでいる予防歯科について教えてください。
A
%ef%bc%91

▲丁寧かつわかりやすい説明を心がけている

虫歯や歯周病を予防しやすいように治療し、それを定期ケアで維持することに注力しています。例えば、かぶせ物や詰め物を精密なものに変えたり、歯列矯正をしたりするなど、歯磨きがしやすい環境に導くことを心がけています。今の状態のまま予防していきたい方もいらっしゃいますから、患者さんに現状を説明し「積極的に行うとしたらこういった治療ですよ」とお話しした上で、「多少磨きにくいところがあっても現在の状態をなるべく維持したい」と要望される方には、ケアを中心に行います。一方で「大がかりな治療になってもいいから、今より条件を良くした上で予防していきたい」と希望される方には適したプランを提案し治療を進めていきます。

Q予防しやすい口腔内の環境づくりがとても重要なのですね。
A
%ef%bc%92

▲落ち着いた雰囲気の待合室

可能な限り予防しやすい口腔内環境を整えながら予防するほうが条件が良いです。その大切さをきちんと情報提供し、治療の方向性を提案することが当院の役割であり、選択するのは患者さん自身です。例えば、かぶせ物をする場合、審美的なことも重要ですが、セルフケアしやすいことが非常に重要です。また、歯並び矯正をする場合、審美的なことも念頭に置きますが、歯並び矯正の一番の目的は歯磨きしやすい歯列をつくることです。さらに、マウスピース型装置を用いた矯正を選ぶことで、矯正中でも普段と変わらず歯磨きが可能になります。最大限予防しやすい環境を整えて維持していくことが理想です。治療後に予防しやすいことが重要なのです。

Q治療前のカウンセリングでは、どのような話をされるのですか?
A
%ef%bc%93

▲歯科用CTを完備し、正確な診断のために役立てている

「予防して歯を守っていくこと」と「当面の問題解決」のどちらに関心をお持ちなのか、治療前には念入りに患者さんの意向をお聞きします。目前の問題さえ解決すればいいという方にとって、今後予防しやすくするために時間をかけていく当院のような手法は合わないかもしれませんから。当院は患者さんそれぞれの判断を尊重したいんです。その上で、「歯を守っていく」ために必要なことをご提案いたします。また、今後考えられるリスクについても、重点的にお伝えいたします。最初にお会いするタイミングにより、「一生自分の歯」をめざせる方と、「一生自分の歯」は難しいが「なるべく長く自分の歯」をめざしていただきたい方がありますから。

Q歯肉や全身の抵抗力を上げることが重要だとお伺いしました。
A
%ef%bc%94

▲さまざまな予防を重視し、バランスのとれた咬合をめざす

歯周病を予防するには、歯茎の抵抗力を上げることが重要です。当院では「つまようじ法ブラッシング」という方法を取り入れ、原因除去だけでなく歯肉強化をめざして指導しています。少々ばい菌がついていたとしても歯茎のほうが強ければ負けないという考え方ですね。一方で歯茎の抵抗力が弱いと、ばい菌により悪い影響を受けやすくなると考えられます。また、100点の歯磨きをめざすよりも全身的な抵抗力を上げることも意識していただくといいでしょう。良質な睡眠を取る、体に必要な栄養素を取る、ストレスをためないなどが挙げられますね。全身的な抵抗力が低いと、歯周病だけでなく虫歯にもなりやすいという研究報告もあるのですよ。

Q時に、親知らずの抜歯も予防につながるそうですね。
A
%ef%bc%95

▲清潔感のある治療室で、プライバシーにも配慮している

親知らずについては、症状がなければ積極的に抜歯しないという考え方もあります。ただ、現代人は顎が小さく親知らずが生えるスペースも狭いため、無理して出ようとしたり、埋まったままで隣の歯に食い込んだりしがちです。すると、歯磨きできないが、ばい菌は入り込めるスペースができ、虫歯菌や歯周病菌の繁殖リスクが高まると考えられるのです。当院では、エックス線や歯科用CTで精密に検査をした上で、問題がある場合は、患者さんのご要望に応じて病院をご紹介することもできます。症状の有無に関わらず、抜歯するほうがいいケースが多々あります。必要な場合の親知らず抜歯も予防しやすい口腔内環境づくりの一環といえるでしょう。

ドクターからのメッセージ

脇田 成典院長

虫歯は風邪のようには治りません。治療するといっても代わりのものを足しているだけで元の歯には戻れないんです。さらに、治療を繰り返すことで歯本体が減り、虫歯が再発しやすい状態になっていってしまいます。繰り返し治療をしていない歯のほうが明らかに条件がいいわけです。虫歯も歯周病も「問題が出たらまた治療すればいい」という考えは持たないでほしい。予防しやすい口腔内環境に整えた後は、治療しないで済むように徹底的に自分の歯を守っていただきたいと思います。結果的に、治療を繰り返すよりも予防を続けるほうが費用負担も軽く済むことが多いのです。歯の健康を保つため、一緒に予防しやすい口腔内環境づくりをしていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/税別66万円~、セラミック修復/税別6万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access