岩井歯科医院

岩井歯科医院

岩井 洋子院長

頼れるドクター

15479

この数年で高層マンションが立ち並ぶおしゃれな街並みに変貌を遂げた武蔵小杉駅から歩いて12分ほど、古くからの家屋と並んで佇む「岩井歯科医院」。もともとは、岩井洋子院長の祖父母の家のあった場所に、1990年に開業した。「人通りのある道沿いではないので、なかなか気付かれないですね」と明るく笑う岩井院長だが、患者は近隣からのほか、多趣味な活動で知り合った方たちがクチコミでも多く訪れるそう。その魅力である、歯科の領域だけに収まらない、楽しく、含蓄もある話を心行くまで聞いた。
(取材日2016年11月14日)

和のインテリアで日本文化の良さを再考してほしい

―院内はモダンな和風旅館のようですね。

3年前に改装したんです。それまでは普通の歯科医院でしたが、スリッパなしで入れるようにしたかったので、板の間と一部畳も取り入れ、床暖房も入れました。もう一つには、健康のために日本の文化に立ち返ることが大事だという考えからですね。待合室もベンチシートの作りですが、手前の診察室ではユニットの前にお一人サイズのベンチもあるので、お子さんが治療中にはお母さんに座っていただき、お母さんの治療中にはお子さんはお座布団でベンチを机代わりにお絵かきしていてもらうこともあります。取り立ててキッズスペースとはしていなくても、板の間や座布団というのはいろいろに使え、日本の文化ならではの心地よさがありますよね。それに昔ながらの正座の生活が、体には一番です。

―正座だと姿勢が正されるからでしょうか?

そうなんです、姿勢は健康のためにとても大事です。当院では、初診時に歯の資料とともに立ち姿の写真もお撮りしています。姿勢で首の位置が変わり、噛み合わせも変わってくるからです。下を向いてカチカチと噛むのと、真上を向いてする時を比べるだけでも、歯の当たり方が変わるのが分かりますよね。日常生活だと例えば、ソファに寝転んでテレビを見ている姿勢から立ち上がると、首は前のめりで、喉が奥に引っ込み奥歯が当たっています。この姿勢が続くと、奥歯が駄目になりやすいので、腰にクッションを当てて体を立てるようアドバイスをしたりしています。耳と鎖骨を結ぶ胸鎖乳骨筋の角度が60度が理想なのですが、反り腰の人は少なく、つまり顎が引き気味で、逆にデスクワークで首が前に行っているストレートネックの方だと90度にもなっていたりします。これを正さないと、噛み合わせだけ治しても良くなりませんよね。

―生活習慣が大切なのですね。

不規則な生活も良くないんですよ。平日は3時間睡眠の人が、休日に10時間も寝ていては駄目です。せいぜい5時間ですね。寝ている姿勢では、顎は真後ろに下がって背中が平らです。起きている時と姿勢が異なるので、それをいきなり10時間などと落差が大きいと、顎が行ったり来たりして、骨も形を変えていってしまうんですね。ですから規則正しく、お行儀良く、という生活が健康には一番です。昔は、口をポカーンと開けていると、お行儀が悪いと注意されたものですよね。それも実は、舌の位置が正しくないせいなんです。舌が下がっていると口が開いて、口呼吸になります。すると乾いた空気がそのまま肺に入って、炎症を起こしやすいのです。鼻呼吸であれば鼻毛がフィルターになり、鼻で吸った空気は脳に行って冷やしてくれるのですが、口呼吸だとそれもできないので、頭もぼうっとしやすいんですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細