全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年7月31日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市西区
  4. 総合運動公園駅
  5. 幸田歯科医院
  6. 小児でも成人でも始められるマウスピース型装置を用いた矯正

小児でも成人でも始められる
マウスピース型装置を用いた矯正

幸田歯科医院

(神戸市西区/総合運動公園駅)

最終更新日:2021/06/09

Main Main
  • 自由診療

きれいな歯並び、美しい笑顔に憧れて歯列矯正を考える20代。子どもの口元を見て、将来の歯並びを心配する子育てママ。虫歯などで口腔内の環境が悪くなり、若いうちに矯正しておけばよかったと後悔する中高年。それぞれの世代で歯列にまつわる悩みや希望を持ち、矯正に興味を抱いている人は少なくないだろう。今まで一般的だったワイヤー矯正の他に増えてきた、透明なマウスピース型の装置を用いた矯正。そのメリットや重要性、矯正を始めるタイミング、進め方などについて、この矯正法に力を入れる「幸田歯科医院」の幸田起英(こうだ・たつひで)院長に詳しく解説してもらった。(取材日2021年5月20日)

歯列の矯正は、始めたいと思った時がベストタイミング

Q矯正治療を始めるベストなタイミングはありますか?
A
1

▲子どもから成人まで幅広く対応

矯正治療は子どもの頃に始めたほうがいいと聞き、大人になってからでは難しいと考えている人が多いと思います。確かに小児矯正にはさまざまなメリットがありますが、矯正を始めるべき時期は必ずしも一律ではありません。成人の場合は年齢にこだわる必要はなく、やりたい時にやるのがベストタイミングでしょう。例えばホワイトニングをきっかけにして、以前から気になっていた矯正を始める20代の女性もおられますし、50代になって、ご自身の歯の不具合と歯並びの関連を知ってから矯正を始める方もおられます。中高年だからもうやめておきましょうというものではなく、条件さえ整えば矯正はいつでも始められるとお考えください。

Q矯正のメリットやデメリットを教えてください。
A
2

▲些細なことでも気になったタイミングで相談をしてほしい

歯並びを整えていくことで笑顔に自信が持てるようになるかもしれませんし、虫歯や歯周病のリスクの低減、発音が明瞭になるなどの他、噛み合わせの改善によってさまざまなメリットも考えられます。顎関節症や消化不良、そして左右バランスが整うことで肩こりや偏頭痛などに関するメリットも言われることが多いです。一方のデメリットはマウスピース型装置を一定期間、装着せねばならないこと、食べ物が制限されること、場合によっては抜歯を伴うことなどが挙げられますが、矯正によって体に悪影響が出ることはあまり考えられませんので、安心して受けていただければと思います。

Q小児のうちに矯正をするメリットは何ですか?
A
3

▲歯列矯正は口腔内環境を整える予防にもつながる

5〜12歳頃の顎の成長期は骨がやわらかいため、効率的に動かしていくメリットがあります。早めに矯正を始めるほど単純で済むことがほとんどですので費用面も有利で、将来の抜歯の可能性も減らしていける利点があります。予防的な矯正としては、小児専用のマウスピース型の装置を就寝時を中心に装着することで、不正咬合の原因となる悪い習癖にアプローチする方法もあります。指をしゃぶったり、常に舌で歯を押したりといった習癖にアプローチすることで、口呼吸を抑え、受け口や歯列の悪化などを予防していきます。矯正は期間がどうしても長期になることが多いため、お子さんがどこまで辛抱できるかがポイントになるとお考えください。

Qマウスピース型の装置を用いた矯正のメリットは?
A
4

▲目立ちにくい、マウスピース型装置を用いた歯列矯正

成人用マウスピース型装置の特徴は、透明で目立ちにくく、ご自身で自由に取り外しができるので清潔に保ちやすいことが筆頭に挙げられます。ワイヤー式より複雑かつ精密な矯正が可能で、マウスピース型装置自体にクッション性があるため顎関節症の方にも向いています。また、ワイヤーでの矯正中はホワイトニングができませんが、こちらは装置の中に薬剤を入れてホワイトニングを並行することも可能です。ただし、マウスピース型の装置は1日20時間以上の装着が絶対条件です。装着時間を正しく守らないと矯正は予定どおりに終わりませんから、患者さん自身が強い意志を持ち、自分で歯を動かしているという気持ちで臨むことが何より欠かせません。

Qこちらのクリニックでの矯正の進め方を教えてください。
A
5

▲事前検査や説明に注力

まずはじっくりとカウンセリングを行い、歯や歯茎、顎の骨の状態などを検査します。プランの説明の後、本格的に検討したい方にはビフォア&アフターの3D画像をご自宅のスマホやパソコンで確認していただき、ご家族とも相談した上で矯正を始めるかどうかを決めていただきます。患者さんが判断できるだけの、十分な説明と情報を提供するのがポイントですね。マウスピース型の装置は2週間ごとに交換し、期間は1年半から2年程度。矯正終了後も、後戻りを防ぐ保定期間が同じくらいかかります。当院では、ほとんどの症例にマウスピース型装置で対応していますが、どうしてもワイヤー矯正が必要な場合は専門の先生を紹介することも可能です。

ドクターからのメッセージ

幸田 起英院長

歯を削ってかぶせ物をして、10年後には結局抜けてしまう。そんな治療は私たちもしたくはありません。そうならないためには予防が必要で、その中の一つに歯列矯正もあるとお考えください。歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目だけではなく、体のさまざまなところに悪影響が出ます。当院では噛み合わせを重視しながらお子さんから成人、中高年以上の方まで、一人ひとりに合わせた矯正を行っています。「子どものうちにやっておけばよかった」と思っている方も決して遅くはありません。健康な生活を笑顔で送るためにも、大切なお子さまの将来のためにも、気軽に相談にお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/成人:85万5000円~、小児/11万円~

Access