全国のドクター9,523人の想いを取材
クリニック・病院 160,463件の情報を掲載(2022年10月08日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市早良区
  4. 西新駅
  5. 瀬戸歯科医院
  6. 歯の美しさと健康を両立するための審美歯科

歯の美しさと健康を
両立するための審美歯科

瀬戸歯科医院

(福岡市早良区/西新駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

2008年の開業より、主訴だけにとらわれず、口の中全体の健康の改善と維持をめざして尽力する「瀬戸歯科医院」。院長を務める瀬戸富雄先生はメンテナンスを重要視し、歯ブラシの使い方や噛み方など、基礎的な部分となる情報を丁寧に患者に伝えている。同クリニックでは、年々多様化する歯の美しさに対するニーズにも積極的に対応。事前のカウンセリングで患者の希望を十分に考慮しながら治療プランを共有し、見た目と機能性の両立を図る治療に取り組んでいる。施術後の状態を長持ちさせるため、1ヵ月1回の定期検診受診の啓発にも余念がない。そんな瀬戸先生に、審美歯科の種類やメリットなどについて詳しく聞いた。

(取材日2021年3月2日)

見た目の美しさのみならず健康維持にアプローチすることをめざした審美歯科の診療に力を尽くす

Q審美歯科ではどんな診療を扱っているのですか?
A
1

▲審美歯科に関して説明する瀬戸院長

一般歯科治療に加え、「歯を白くきれいにしたい」という要望は年々増えています。歯の白さを取り戻すためにはいくつかの方法があります。その一つがオフィスホワイトニング。これは1回10分の施術を最大3回まで行います。回数の幅があるのは、着色の落ち具合に個人差があるためです。専用の薬剤を塗ったマウスピースを装着して自宅で行うホームホワイトニングもあります。着色が落ちにくい方は両方の併用をお勧めしています。一般的に銀歯といわれる金属の詰め物やかぶせ物を白いものに変更する治療にも対応。保険診療でできるレジンやCAD/CAM冠のほか、自費診療のセラミックやメタルボンドなどから、材料や方法を選んでいただけます。

Q審美歯科の診療前には、どういったことに注意が必要ですか?
A
2

▲治療前の精密な検査

審美歯科を希望される患者さんであっても、口の中全体の診察や検査は欠かせません。ホワイトニングの場合は、歯が汚れていると薬剤が浸透しにくくなるので、事前にクリーニングを行います。詰め物・かぶせ物の治療においても虫歯や歯周病があれば、その治療を行い、口腔内の健康を取り戻すことが最優先。歯を白くして見た目だけを良くしても、その土台となる歯自体や歯の根っこが悪いと施術後の状態が長持ちしないからです。ハイブリッドレジンやセラミックといった補綴物は、歯石や着色、プラークがつきにくいというメリットがあり、銀歯と違って金属ではないのでアレルギーが心配な方にお勧めしています。

Q先生が大切にしていることを教えてください。
A
3

▲幅広い選択肢を患者に与えてくれる

歯の詰め物・かぶせ物を白くしたいという患者さんに対しては、治療前にカウンセリングを行い、保険診療と自費診療があることを伝えます。無理に自費診療を進めることは決してありませんが、見た目の美しさを追求する場合は保険診療では限界があるという事実はお話しします。その上で、歯を白くするためのさまざまな方法・材料のメリットや特徴を丁寧にご説明。十分な情報と選択肢を提供することで、患者さんの理解と納得を得られるよう努めています。それから予算や全体的な方向性をすり合わせながら、適切なゴールを設定します。

Qこちらではどのように診療が進んでいきますか?
A
4

▲経験豊富な院長が治療を行う

まずは主訴を入念に問診します。さらに、口の中全体の状況を診察やエックス線検査でしっかりと見極め、結果説明の際に口腔内の問題点や改善すべき点を患者さんと共有。こうした総合的な状態の把握と情報提供によって患者さんの理解を得られ、一般歯科治療と審美歯科を含めた適切なプランを立てることができます。カウンセリングの中で審美歯科の方法や材料を選んでいただき、実際に施術を行います。詰め物・かぶせ物を例に挙げると治療を終えるまでの期間は、一般歯科治療と合わせて初診から約1ヵ月が目安です。審美歯科は施術して終わりではなく、メンテナンスで良い状態を維持するのが重要であることを伝え、定期受診もお勧めしています。

Q治療後のメンテンナンスも大切なんですね。
A
5

▲歯科衛生士によるメンテナンスも非常に重要

虫歯や歯周病は、一度治療すれば再発しないというわけではありません。歯磨きの仕方が悪ければ、当然また虫歯になってしまいます。同じように審美歯科も適切にケアしていかないと美しさが長持ちしません。歯周病を予防し、歯全体の土台となる歯槽骨の健康を守っていくためにも、当クリニックでは1ヵ月に1回の定期受診・メンテナンスを推奨しています。普段の噛み方に不適切な癖があると、せっかく入れたセラミックなどの補綴物が欠けたり、割れたりする可能性があるので、受診の際はしっかりとチェックし、必要に応じて噛み方を指導します。歯科衛生士によるクリーニングや歯肉マッサージの指導も行い、口腔内の健康維持に取り組んでいます。

ドクターからのメッセージ

瀬戸 富雄院長

実は世界的に見ると、日本のように歯科治療で金属を用いる国は多くありません。特に金属アレルギーが心配な方には、セラミックなどを用いた審美歯科をお勧めします。適切なメンテナンスや定期的な受診を心がけると、手に入れた歯の美しさを一生ものとすることも望めます。現在では、保険適用内でも歯の詰め物を白くできる方法もあります。化粧品のように、質を追求するなら自費診療という選択肢もあるので、まずはお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックインレー/2万7500円~、メタルボンド/8万8000円~、オフィスホワイトニング/2万7500円~、ホームホワイトニング/3万3000円~

Access